北村タカトシ(旧ブログ)

ホームページおよびブログは http://takatosi.net へ移行しました。

反対

2004年12月30日 | DAYS
久々に予定がない夜だったので、久々にジョギングをした
ウインドブレーカーを着込み、頭にはタオル、軍手をはめていざ出陣

さ、さ、さ、寒~い・・・でも今日は走るぞ

マック(雑種の飼い犬)が俺もつれてけ~といったので同行
小一時間コースを決めずに走り回っていい汗かいた
帰るなり沸かしておいた風呂に飛び込み極楽極楽
上がってビール
これがなければ腹も引っ込むのは分かってます
いいんです、あくまでも運動不足の解消ですから
筋肉動かして汗出して代謝をあげる為ですから
でもそれ言い訳ですから・・・残念

やっぱ身体を動かすのは気持ちいい
チョット足が張ってるが心地いい疲労感だ

さて、明けて親父から話があった。

うちの会社は2箇所事業所みたいなもんがあって、正月から1箇所を閉鎖、統合する
一番の理由は売り上げ減、そしてコストダウン
あとサービスのクオリティアップ、諸々狙っての統合だ

JCも仕事も全開でやる、って言い放っているので、
「自分の親に受けさせたいサービス」をスローガンにスタッフを鼓舞するつもりだった



統合はするが、事務所は残して、お前はそこに引っ込んでろ、という

なんやかんやと理由をいってくるが余り納得できるものではない

JCの理事長は半端じゃできん(OBでもないくせに・・・)
お前がトコトンやってJCも良くなった、といわれれば外で俺も嬉しい
仕事場を空けることが多くなるだろうから、
いっそのこと、自分の仕事は完全に自分のスケジュールでやっていい
他の職員の手前もあるから、そこにはまり込め

実はそんな話は二回目だった

俺は統合先の事務所に戻る
出入りが多いから予定を公開する
事業所の雰囲気を刷新する
スタッフの士気をあげる
そのためには、このままじゃダメだ、といって最初は取り合わなかった
だって俺だけのために事務所コストをかけるなんてバカバカしい
第一、そんな余裕が会社にない

何か裏がある、と思ってみたりする。

推測に過ぎないが、うるさいの(俺)が増えて親父がやりにくくなる、
というのがあるんじゃないか?

だいたい俺の専用の事務所なんて、ねがったりかなったりだ
スタッフに気兼ねなくJCやれるし仕事は自分のスケジュールでできる。

やっぱり甘すぎる提案だ、良くない。
だいたいウチ(会社)がそんな贅沢できる状況じゃない

でも決定権は親父にあるので命令、とされれば仕方ないのだが・・・

しかし、今日も反対してみよう

それとも、独立した事務所で何らかの新しいこと(事業)を始めるか、だ

そっちも、チョットばかしいいな、と思う俺って、やっぱ甘いなあ

とにかく反対だ~反対!

ベンツにどうしたらのれるのか

2004年12月28日 | DAYS
昨晩は久々に予定がない夜だった。
最近走ってないし、腹も出てきたし、ジョギングでもやるかと思ったけど、吹きすさぶ寒風にあえなくめげる。
前々からバイクガレージ(といっても簡易なものだが)を作ってもらいたくって、友人と連絡をとり、打ち合わせをした。
そいつは会社をやめ、フリーで建設関係の仕事をやっている。

だが現状はなかなか厳しいらしい。
仕事はあるが金にはならない、という状況が続いているという。

どうしたらベンツに乗れるのか

非常に陳腐なたとえだが、どうやったら儲かるのか、成功するのか、といろいろと話し合った
うちも借金が大きいし、リッチな生活、というには少々遠い。

何をやれば儲かるんだろう?

という話から

何をやりたいか、という話になって、

やっぱり自分ができることと、やりたいことの整合性をできるだけ図って
信じてこつこつ、そして大胆に勝負する、ということなんだろう、という結論に落ち着いた。

そして一歩踏み出す勇気を持つこと

頭では分かっている

それを実行できる人間が少数だからベンツは高級車なんだろう。
(あくまでも象徴、としてね)

しかし、それが成功というものだろうか?
それが目指すところなのだろうか?

ちょっと違うような気がする。

仕事しないで、高級車を乗り回して、美味しいもの食べて、旅行しまくって・・・

・・・われながら本当に陳腐な成功イメージだ(笑)

成功イメージ、を実際にやったことはないし、
やっても見たいけど、やっぱ、違うかなあ・・・

だって際限がなさそうだぜ、その成功イメージ、必要なのは金だけだもの。

俺は何を目指しているのだろう?

強いていえば、

仲間がいて、家族がいて、仕事があって、泣いたり笑ったり、

楽しい人生が遅れるといい、と思う

そんな俺、枯れすぎ?
苦労してないボンボン思想?

決して楽な生活ではないんですがw

でも物欲は沢山あるので、仕事も頑張らなきゃな
JCも仕事も全開でやらんとね

バイクも欲しいし
船も欲しいし
車も欲しいし
スタジオ欲しいし

  ・・・子どもだな

まあ楽しくいければ、それでよい

さてさてベンツに乗れるかねえ・・・

照れ

2004年12月27日 | DAYS
とある先輩から”照れるな”という言葉を頂いた。

このブログも当初は私と私の知らない人たちの物だった。
といっても実質的に私だけの物で、自分の感情を自分の知らない不特定多数の人たちに、文章によって吐露することによって、カタルシスを得ていたのかもしれない。

少したってからそこに彼女が加わった。
私の思いを知っておいて欲しいからという願いからだった。

そして、とある夜から知っている人間が呼んでいることも知ったし、教えもした。

問題のある、と思われる表現はすぐに削除し、
文章のスタイルも変わってきたように思う。
プライベートな日記、という訳には行かなくなったのだ。

どっかにブロックかけて日記でもつけようかと思いもした。
それでも続けていくことがいいと思うので、書き綴ってみよう。

照れずに。

ただ、光があれば影もあり、陽があれば陰もある。

ここで全てを晒すことはしないだろう。

メリークリマス

2004年12月25日 | バイク&自転車&長崎ピースラリー
今日メンバーを一人失った

行き場を失ったドラゴンが悲しそうに見えるのは気のせいか

クラブカラーを見るたびに悩んでしまうと彼は言う

気にすることじゃないと俺は言う

だけど悩んだ背中にドラゴンは似合わない、と思った

そして受けとった

不思議と悲しみは沸いてこない

彼の心が解き放たれるのならば、それも良い

アクセルを開け閉めするように

眺めのいい所でバイクを止めたりするように

走ったり流したり転んだり止まったり

それでも道は横たわっている

色々と抱えて進むしかないようだ

メリークリスマス & ハッピーニューイヤー

マイファーストバイク

2004年12月22日 | バイク&自転車&長崎ピースラリー
弟がバイクの免許を取った。それも大型。

ウチには俺のチョッパー以外に親父のハーレーが
もう一台あるのだがもう親父も乗らない(年で乗れない)
親父のハーレーといっても、スポーツタイプの軽快なやつだ。



眠らせておくのはバイクに良くないので、クラブメンバーに預けてある。

即座にそのハーレー貸せといってきた。

あまい

バイクは転ぶ乗り物、ひとコケウン万のバイクを
中免すっ飛ばした大型免許取立てのペーペーに貸せるかってんだ。

ということで、手ごろな練習用バイクを探していたのだが、
俺がはじめて乗ったバイクが宮崎で見つかった。

真っ赤なカワサキZZR250

とても乗りやすいバイク
転倒、修理を数回繰り返して、処分した。
あちらこちらと走り回ったもんだ、懐かしい

中古パーツも安く出回ってるので購入、格安だった(^^)v
宮崎から運んできた
ついでに友人オススメの温泉にも入ってきた。
短い間だったけどリフレッシュ。

走りはまあまあ、
エンジンもカワサキな感じで良く回る
パーツを手配、交換の段取りをしなくちゃいけない

だが、はたして、そんな暇あるんだろうか(ーー;)

まあ死なない程度に、転んでいただきましょう

恒例行事

2004年12月20日 | DAYS
になっている餅つきをした

石臼と杵で20㎏のもち米をつきとおす結構ハードな恒例行事

腕と手がパンパンなって痛い、いい汗かいた。

今年は地元のかたがたの応援を頼まなかったという
係わりが大切だってのに・・・
チェックを入れとけばよかった。
「任せる」と「まかせっきり」のラインを見誤ったみたいだ。
反省

まあ、来年からは地元の小学校とかにも案内を出してみよう

利用者の方々にもついていただいて、丸めていただいて

あんころもちや鏡餅、沢山できた。
笑顔が多い、いい一日だった。

さあいよいよ今年もあと10日、やることは沢山ある
あしたからは新人も来るし、頑張らなきゃ

あ、今日は銅座だった・・・なるべく早めにおいとましよう

BADGE

2004年12月17日 | 所属団体・地域活動など
総会が無事終了した
「重いぞ」と言われながらバッジを胸に付けてもらった。

元来、ステイタス、と言葉には違和感がある性質だし、
反骨、ロックバンド、オートバイ・・・
そんなものが好きだし、今も変わらない。

だからバッジなんてものには興味がなかったはずなのだが、
胸に留められた瞬間、両肩に何かが降りてきたような気がした。

卒業祝賀会が終わって、2次会、3次会、
楽しいのだが・・・全く酔えない。
ニコニコ笑ってるしかなかった。

左胸に圧迫感を感じる。
何故だ?なんでだ?

物理的にはありえない現象なので(これもつまらない言葉だね)
俺の内面が引き起こしていることだ

これがプレッシャー、というものか。

45年の間、継承され続けたバッジ
俺より長い間、存在している金属片

バブルの時も
オイルショックの時も
戦後の復興の時も

このバッジは受け継がれてきた。

そこに思いが込められていることは否定できない。

先日、先輩から

今は我慢の時代かもしれない。
だが、そういうときほどお前の糧になる
御旗を汚さぬように、
身体に気をつけて
頑張れよ

という言葉をいただいた。
かみ締めてみる。

やるしか、ないんだ。
後戻りなんてできない。

俺がJCにできることはなんなのか
俺がこのまちにできることはなんなのか

探して、率いて、やるしかない

気合入れてけよ、気合。

熱伝導

2004年12月16日 | DAYS
昨晩、尊敬する大先輩と一席お付き合いいただいた。

本当に熱い

益々、敬意を払う

5時間、あっという間だった

きょうバッジをもらう

熱さが伝わるように、

皆に火をつけれるように、

頑張ります。

見ててください。

くさび

2004年12月14日 | DAYS
こころという字は角がない丸い字である
だから、心は転がり、うつろい、迷う
そこに、一本のくさびを打ち込むことによって、
不動の心、必という字になる

いい言葉だ


くさびにも色々あるだろう
他人に打ち込まれたくさびは抜けやすいのかもしれない
自分で打ち込んだくさびも抜けることがあるだろう

諸行無常、万物は流転し、世界は変り、人も変わってゆく

はたして約束など意味があるのだろうか?
約束という観念が通用しない国もあるという

何を信じるのか?


ただ分かっていることは
自分の心をコントロールするのは自分でしかない、ということ
抜けないように、と願いながらくさびを打ち込むのは自分でしかない、ということ
変らないように、という意志を持ち続けるのは自分でしかない、ということ

これは自分との闘いだ

自分との戦いにも勝ち負けがある
その勝ち負けを決めるのも自分でしかないということ

人生は闘いの旅で、
先は長いようで短いようで、
暗いようで明るいようで、
楽しいようで辛いようで、

それでも生きる事をやめない俺たちは
朝を待つしかないんだと
心にくさびを打つしかないんだろう

がんばろうね

やっと

2004年12月11日 | DAYS
委員長も終わって万々歳

と行きたいところだけど

とてもそんな気分になれない


期待をさせといて

あっさりメール一本で

自分が言ったことを

くつがえす人間に

俺は絶対にならない


説明、侘び、礼節、人として必要なことがある


どんな地位にいようと、そんなもんは関係ない


一寸の虫にも五分の魂、だ


俺も気をつけよう

そんな人間にならないように

桃饅頭は、送り返す

ウォーキング

2004年12月09日 | DAYS
またまた断念(TT)
なんか時間がないぞううううう

昨晩の忘年会では収穫があった、と思う

大村JCが15年前に提唱、設立した団体の忘年会
来年も頼むよ~という会長に、
今までとは違う形で協力させてください、と話した。

もう何年も続いている問題だ
大多数のメンバーの関心はそこにはなく、
一部のごく少数のメンバーが成り行きで責任を果たしている
会としての体面もあったもんじゃない

それを、毎年毎年、先送りばかりやってきている

そりゃ経済でも何でも上向いてくれば、
イケイケどんどんで良いのかもしれない
だがそんな時代ではない

時代のせいにする前に・・という議論もあるだろう
ただ現実を見極めて、やるべきことをやらないと、


新しい夢も見れない


あくまでも酒の席なので、
今後はフォーマルな手続きを経なければならない
カタをつけてやるのだ
調子いいことばかり言ってられないよ

でも、ストレスだなあ・・・

俺の選ばれた意味って、そういうこともあるのかもしれない

要するに、ぶった切り役なんだね。

2次会の終わり際、携帯がなる

いつもの店にいくと、同世代の退会したヤツが3人もいた。

ワインをご馳走になって
テメーら俺を独りにしやがって~
なんてクダを撒いてみる

楽しい夜だった
でも、ちょっと飲みすぎだな

今日はOB総会だ
一つお願い事をしてこよう

ワークアウト

2004年12月08日 | DAYS
断念・・・

なんやらかんやらいろいろやってたら、
委員会の時間になってしまった

ワークアウトは断念、
委員会でちょいちょい作業をして11時
飲みに行こうか、という誘いを断り、帰宅した。
ちょっとした筋トレをやって体重計に乗る・・・・

81キロ(TT)


80キロを超えると調子が悪くなる。
バリバリに運動してた時のベスト体重は73キロ
今日からまた毎日毎日夜の予定が入ってる

気をつけねば・・・

3年前ほどになるが、90キロを越した時があった。
そして痛風発作。

尿酸値を下げる薬を飲みつつ、ミネラルウォーターを1日2L
即席ベジタリアン、それと軽い運動、
2ヶ月で10キロ落とし、尿酸値は収まった。

今日も忘年会です
歩いていこうかなあ
でも寒そうだな

来年一年、気をつけねば・・・

悲喜こもごも

2004年12月07日 | DAYS
色々なことがある

悲しみも喜びも

悲しいこと

彼女の上司からイヤナ感じの通達?が・・・
誰でも我慢してるんだからね、分かってるよね、
って感じの内容だった

たまらんね

祈るばかりだが・・・結果は近々に分かる。

みんな我慢してるんだから、という理由は全くナンセンスだ。
焦点をぼかしているに過ぎない。
俺を含めて、権限を持っている者が使いがちな、良くある古い理由。
群集心理を逆手に取った、とも言えるかも。

なんにしろ、説明責任を果たして欲しいところだ。
それがアクションを受けたものの責任だろう。

喜んだこと

昨晩、予定通り、なんだが
所信から方針、スローガンまでの承認を受けた。
予定通り、なんだが、やっぱり嬉しい。
肩の荷が一つ下りた感じだ。

あらためて読み返すと、やっぱ長いね、これ。

そろそろスイッチが本番だ、気合入れていきましょう。
今日は時間作ってワークアウト、と行きましょう。
冬に汗を流すのは気持ちがいい

無駄な抵抗かな?w

35歳の市長

2004年12月02日 | DAYS
またまた市長ネタですが・・・(って誰に言ってんだオイ)

宮崎県は都城市で35歳の全国最年少市長が誕生との記事

都城市は親しい友人が住んでることもあって興味を引いた。
検索してみると、でました。

肩書きに、現職県議3期目・国会議員の長男

んで

元日本青年会議所宮崎ブロック事務局長(九州が抜けてるw)

6期目の現職と一騎打ち、
年の差42歳、草の根選挙で当選、とのこと。
ある記事には、閉塞感を感じた市民の期待の表れだろう
なんてありました。

まま、
なんにしろ新しい風が吹きこむのは気持ちいいもんです

がんばれ~みやこんじょ

ちなみに27歳市長、ってのも居たそうだw

話変わって、昨日は小さな出会い?が二つあった

一つ目は、
ロムを離れかけてたメンバーが事務局で黙々と作業をしている
こいつとはふた悶着ぐらいあって
それなりに波紋を呼び、構えたもんだけど、そこにいた。

声をかける。

はにかんだ様子で彼は応える。
いい方向に進むといいな


二つ目
委員会が終わり、続いてるから帰ろうか、ということになったが
解散したら誘われたので、結局飲みに行った。
JCを離れた彼が、別の団体で入ってきた。

彼とは年も変わらず、センスが合う。
能力もあり、お互いのことを認め合っている(と思う)
お前が理事長やるなら、その一年だけもどる、と言ってくれる。

ありがてえ

でも一年だけなら、意味がないと思うから、
卒業できる覚悟をして戻ってきてくれ
と言っている。

JCを離れて、色々と聞き及ぶらしい。

JCがどう見られているか
卒業したものが現役をどう見ているか
JCを離れた人間に現役がJCをどう語るか

そして、俺がどう見られているか

陰口が好きな人間が多いらしい
そして、口だけで行動しない人間が多い、と
もう聞いててアホらしくなってくる、と
気をつけろよ、と

もう
「そんだけいうなら君、今何やってるか教えてくれん?」
とノドまで出かかってるそうだけど、無駄なエネルギーは
使わない主義なので言わないそうだ。

同じだ、良くわかっている

俺も色々と言われているのは知っているが
真っこう向かって、押さえつけようとした人など一人もいない

大変だぞ、厳しいぞ、もうちょっとまっとけば?

そんな感じだった。
だからケンカにもならないし、
する必要もない。

怖いね、傍観者は

ケンカができるなら、正常だろう

「がんばろうね」じゅなくて「がんばってクダサイ」
ということだから。

それも修練、か

あと、

誰か全てをさらけ出せる人間を見つけておけよ、と

女も大事だぜ、って

まちがいないw