北村タカトシ(旧ブログ)

ホームページおよびブログは http://takatosi.net へ移行しました。

どっちもどっちだ

2004年07月30日 | DAYS
話をした。

もうアホらしくなってくる。

不始末は自分でしましょう。
私はそんなヒマじゃありません。

教訓・・・人との友人関係を築く時は、
もっとしっかりその人を見つめてからにしよう。

・・・・・・・・・

夜中まで事務局にいた。

なぜか話の流れで全国大会のビデオを見ることになった。

そこには739のJCが所属する、日本の代表者がいた。
いわゆる、会頭、ってやつだ。

JCは40歳までしか所属できない。

やったもの、やらなかったもの、
どっちにしたって40歳で強制退去だ
だからこの組織は若さを失わない
そして夢を失わない。

彼は30分、空で演説をしていた。
大阪城ホールのど真ん中で2万人の全国の会員をじっくりと見回しながら、淡々と話し続けていた。

男の、晴れ晴れとした顔。
自信に満ち溢れた顔。
地域から日本を作っていく、という目的をもった顔
希望に満ち溢れた顔
やり遂げた顔

すごく羨ましかった。
その場所に行きたいと思った。
俺も叫んでみたい、と思った。

彼のポジションにたどりつくには、いくつかのハードルがある。

・毎日世界中を飛びまわれる、時間とカネ
・それを理解してくれるバックボーン(会社・家庭)
・リーダーシップと頭脳と勇気

書くと3つだが、本当に大変なことだ。
大体は大企業の2代目、高収入、高学歴というパターンだ。
東大出なんかザラ。

だがしかし、来年のトップは違う。
まだまだ情報は少ないが、

高卒、一代目(企業創始者)、大企業(?????)

サマーコンファレンスで司会をしているところを遠めに見た。

とにかく、彼の顔をじっくり見てみたい。
話を聞いてみたい。

今年の全国大会で彼は現在の会頭からプレジデントリーフを受け取る。
そして、俺が理事長をやる年に、次のものに引き継ぐ。
その時のスピーチを聞いてみたい。顔を見てみたい。

俺は何を訴えれるだろうか。

彼は全国に発信する。
俺は大村に。


格が、違う、   のだろうか?


楽しみだ。

・・・・・・・・・・・・

あるトモダチが、仕事を辞めた。
建設関係で将来が無い、ということだ。

何をやるのか?とたずねると
いくつかやるみたいだが、そのなかにあるビジネスが
入っていた。

俺はそのビジネスが大嫌いだし、その嫌いなことも彼は知ってる。

なぜそれをやるのか?

と聞いたところ、とどのつまりはカネがほしいから、だった。

それも立派な理由の一つだ。

あせっているのが分かる
暗闇でもがいてる目つきだ。

やめとけ、とは言わない。
彼はその成功体験をめざして、リッチになる為に頑張る、
それでいい。

ただ、それは彼でなくてもできることだ。

生業を選ぶ、ことは、
自分の生き方を選ぶ、ということだと信じている


理想ぶちまけすぎかねえ
すこし残念でもある。
あたらしい第一歩を踏み出す勇気には敬意を表するが、
次のステージの選び方がすこし甘いような感じがする。

他人の成功体験に魅せられて、それに乗っかるわけだから。


頑張って欲しいが・・・
多分ダメだろう。
彼を見てるとそんな気がする。

向いてない、そんな気がするんだ。

この直感は当たるかな?(笑)

まったく

2004年07月28日 | DAYS
カス野郎がいたもんだ。
ネットの匿名性なんて信じている馬鹿。

いい加減こういうのを相手にすると疲れる。
現実で対処する。

嫌がらせに書き込みするぐらいの野郎だから
チョロイもんだろう。。

まあ、冷静に行くのが慣用、
備えあれば憂いなし

キッチリ侘びを入れてもらおう。

・・・・・・・・・・・・・

彼女からの手紙

ちょっと涙がでそうになった。
職場だったんで、こらえ気味。

よく見てくれているものだ。

でも、無理してるかな?そうかな?そうかも・・・

でも、男にゃあ
意地ってもんがあるんでござんす
わかっておくれよマイハニー

ま、そういうことで、馬鹿対策会議に行ってきます。

あと、原因作ったやつはクビ。

初めてじゃないし、こいつダメかな?
と思ったやつは殆どの場合やっぱダメだね

明日は8時から夏越倉庫にはまりまくりです。
午後からNHKに出てきます。

あ~忙しいいいい、おんせん~つれってって~

何だ今日の日記は。

だめだこりゃ

ハレ

2004年07月26日 | 所属団体・地域活動など
横浜に行ってきた。

普段、見ないもの、
触れないもの、話さないもの、
聞かないもの、味あわないもの、

色々と新しい刺激を受けた。
都会のパワーをもらった。
散財した。

同じことを考えている人間がいる
同じ悩みを持った人間がいる

連帯と勇気を得た。

それだけだが、意味のある、”ハレ”の2日間だった。

そして自分の町に戻り、日常がはじまる。

改めて、役員を頼みに行って来たが、断られた。
不思議と、悩まなかったし、悲しくなかった。
暗くもならなかった。

相当に追い込まれた状況になるのだが・・・

「出来ることならやって見たい」

と言って頂いた。
また口説きに行きたくなった。
でも、同じポジションはもう厳しいかなあ・・・

横浜に行く前は、その人が行くから、ということで
行ったわけだが、それが役員を受けてくれることに繋がれば、
という皮算用が確かにあった。
夜に酒の席で頼んでみようか、とか、そんな小さい考えも持ったりしていた。

だけど、それもあったが、
もう楽しくて、楽しくて、しょうがなかった。
何もかもが、何とかなりそう、
という根拠の無い自信が生まれてきた。
悪い癖だが。

まあ、ただ、それに酔ったものが、
踏み出すのを、(そんなに)ためらわないし、
新しい世界を勝ちとっていくのだろう、と思う。

ヘビーな日程を一つクリアした、
という爽快感もあるのかもしれない。

さて、夏越さん、である。

今日はポロシャツを売って回った。
お蔭様でいい売り上げだった。
人間がいない~という電話に助け舟も入った。
ありがとうSピー。
政治関係では敵?になるのかもしれないけれど(笑)

そういや、ウチのお客を掻っ攫っていったところに電話ジャブを入れた。
随所で、あそこのやり方はひどい、という評判だったが、ついにウチもやられたわけだ。
8年間もお付き合いさせていただいた方なのに。
本当に卑怯なやり方をする。

さて、沖縄の準備もしなくちゃならない。
資料を書き換えて、
しおりを作って郵送して、
HPアップして、
参加者募集して・・・

おい、いつ仕事するんだよ。

また女の子がウチの車をぶつけてくれた。
責任感の無い子だな、と思っていたら、
この日に止めます、引き継ぎもシリマセン。
おまけに、車ぶつけて出て行くのね

減給したろか、ホントにも~

まあ、これが、二十歳そこそこの女の子、だよねえ。
でも、一くくりにするのは、失礼だな。

さて、仕事をしよう。マジで。
明日は朝一で人事会議だ。

目まぐるしく、凄いスピードで毎日が流れていくが、
流されないように踏ん張らねば、だ。

That's JC

2004年07月23日 | 所属団体・地域活動など
沖縄に行ってきた。

本当に素晴らしい出会いがあった。

そして、これぞ!というような議論と折衝が出来た。
3時間あっという間だった。

熱い、熱い、熱い沖縄の男たち。
子どもたちに夢を、友情の素晴らしさを教えたい。

なにより、何かを成し遂げたい。
それを、社会のために、誰かのために、というような考えではなく、驕りも無い。

自分ためにやる、
そして、それが同時に社会のために繋がっているだけだ。

そんな、とても、ニュートラルな考え方。
自分が大好きな自然の中で、子どもたちの笑顔を見て、感動したい。

それを足し遂げることによって、スタッフであるメンバーの結束が強まり、友情が生まれ、奉仕という名の果実が実る。

それがJCの真髄、それが俺のJC、そしてそんなJCを創る。

JCがステイタス?そんなもんまったくわからない。

驕るな、誇れ、動け青年よ!

とにかく!いい出会いがあったし、食べ物は美味いし!
沖縄が益々益々大大大好き!になりました!

とーくーに!ビバ!糸満!!(笑)

怒涛の連休

2004年07月20日 | DAYS
だった。

ケーブルテレビの取材、
彼女を迎え、おばあちゃんのお見舞い。
4人会に参加、海辺でキャンプ。

メンバーとの海辺のキャンプも本当に楽しかった。
日差しがちょっときつかったが・・・
焼けすぎて体が痛い。

小倉へ移動、彼女を見送ったあと、スタジオ深夜練習。
本日早朝トンボがえりで仕事。

目が回るようなスケジュールだったが、彼女と一緒だと本当によく眠れる。安心するんだろうな。安らぐし、愛しい。
今度は約1ヶ月会えない。隙を見て会いに行きたいが・・・

彼女が仕事止めようかな、とか言っている。
お母さんとの仲も心配だ。
忙しくしてくれれば、一ヶ月なんてあっという間だから
頑張って欲しいし、おたがい頑張ろうね、って言いあっている。
信じあうことが出来る、って素晴らしい。
書いてて恥ずかしいが。

来週からいよいよ夏越まつりの準備も佳境にはいる。
沖縄・横浜行きも待っている。
人事は先が見えない。

意地でやるしか、ないのだ。

今日は全体会議だ。仕事で話すことが無い。
スタッフを鼓舞するのが、私の存在意義なのに。

気合が足らない。何もかもが、足りないのだ。

それを埋めていく毎日。

Mちゃんが、プロポーズしたらしい。男を上げたね
俺もガンバロ

面接・総会

2004年07月16日 | DAYS
9:30新規採用面接

線の細い男子、ちと無理っぽいね・・・
人間は履歴書では分からないし、
資格では語れないし、
容姿では判断できない。

人を判断するのは、ある程度の時間が必要である、これは真実。

ただ、仕事で採用面接となるとそうも行かない。
インスピレーション、につきる。

いいな!と思わせてくれる人ってなかなかいない。
まあ、十人十色、ウチのカラーに合うか合わないか、もあるし
合わないからといって、それが悪いとも限らない。

良いな!って思った人からは断られちゃうし・・・
本当に難しいね。

彼の健闘を祈ります。

午後は総会があった。
ちょいもめ。
分で汗もかかずに、リスクも背負わないで、あーだこーだ言うやつはどこでもいる。そんな無粋な人間には絶対にならない。

そんな場面は先輩がピシッとまとめてくれた。
粋だ・・・カコイイ・・・

で、帰りに資金援助のお願いと販売・・・
反応にぶい~

まあ、乗せられてる、という意識が蔓延してるし、
いいことはがんばっておやりなさい、あとは知らないけど、といった雰囲気なのでしょうがないのかもしれない。

ここから、かえなきゃ。

本当に市民の為の祭りになんかなれやしない。
誇りも生まれないし、歴史もつくれない。
明日は、おれたち現役が、創るんだ。

めざせおくんち、
めざせやまかさ、

まつりまで、半月。
今年は立ち上げが遅かった、組織に問題もあった。
みんな苦労してるし、市民に迷惑も掛けてるし、
超タイトなスケジュールで、もう何がなにやら・・・

だけど、根源は自分や俺たちにあるのだ。
自分たちの組織のことだから。

俺たちも他人事、だったのかもしれない。

頑張ろう。

特注クッション納品

2004年07月15日 | DAYS
クッションが納品された

納品者はハンディキャッパーで俺のトモダチ(こちらもハンディキャッパー)の紹介

特注のクッションだからやっぱ高い
品質はいいから?やっぱ高い(判断材料がないが・・・)
ハンディを相手に作ってるとこだから、高い

ただ、すこし持ってきてもらったイメージとは違ったので、
修正が加えられるか、交渉してみよう。

夕方に面接、運転が出来ないから、
といって面接まで至らなかった。最初に説明してたのにね。
50歳ぐらいで仕事探すのって大変なんだろうなあ・・・

会議出席、こじんまりした、生ビール付きの懇親会メイン会議
色々と話をする。会長は俺が手を引くのを知っているのだろうか
。先輩も含めて、けん制コメント多し。

でもさあ、伝統も歴史も分かるけど、おんぶに抱っこじゃ進歩しないのよね・・・
考え方は変わらないし、そのあとの飲み会でも現役支持があることを教えていただける。

そのあと先輩の家に移動、そのまま泊まる。

とにかくここのとこ、酒の席ばっかり。
彼女にも心配かけてる。
おなかの肉も・・・まじで休肝日にしよう

Tシャツ売りまくり

2004年07月14日 | 所属団体・地域活動など
昨日はTシャツ漬けの一日だった。

ロータリークラブと三医師会

ロータリークラブは緊張した。
事務局に飾ってある写真で見た大御所の顔ばかりが昼飯を食べている。先輩は、司会をされていて、何やらペーペーみたいだった。上には上があるもんだ

ま、さすがに真昼間、財布の紐は固かった。

三医師会、開業医大集合。
リッチな香りがタダヨッテマス
お酒の席とくればもう、大チャンスです。

Aが領収書持ってきていた。ナイス判断
まずは一発ステージでPR
そのあと、酒宴をポスター配布
仕上げに会場出口で関所を作って売りつけまくり。

140枚強売れました。

打ち上げにうぐいす家へ。
ここでも4枚売れた、というより売りつけた。
生ビールがすごっくウマイ!

で、人が集まりだして、まつり談義、JC談義になるわけで・・・焼酎にスイッチ、スナックに移動。

先輩にあう。

45年の歴史、それを知らなければいけない。
そして、それにとらわれないJCを現役が創ればいい。
Tポンに次年度の役員、相当ヘビーな部署を頼む。

酒の席ではどうかと思ったが、彼との関係だから、できること。
すこし時間をくれ、ということになった。

今の俺は俺らしくないらしい。

今の俺は、とにかく目の前のことを一所懸命片付けるしかない。
来年のことはそのあとだ。
まずは、祭りをやるしかない。

彼女が最近、がんばろう、頑張ろう、って言ってるから心配、
と言った。

そうなんだよね。凹んでます。
でも、とにかく、やるしかないんだ。

退職願い

2004年07月13日 | DAYS
主任が辞めたいといってきた。
ミスも続いてたし、顔色も良くなかった。

もうこのままじゃ仕事できない、
利用者に迷惑を掛ける

凹んでいた。
たっぷり1時間説得した。
君が止めることによって、リスクは減るどころか、増す。
人生紆余曲折ある、挫折こそ、人生の糧だ。
その苦しみや悲しみを知らなければ、人に愛を届けることなどできない。

こんな人こそ残ってもらわなければならない。

次の日、別の職員が辞めたいといって来た。

よく続くものだ。こういう雰囲気は連鎖する

困ったな、とはいったが引き止めはしなかった。
彼女には、かわりがいる。

どちらのケースにもいえることだが、
彼女らはやめる事が出来る。

俺も何もかも・・・家や、借金や、プライドや・・・
全てを放り投げてしまえば出来ないことも、ない。

背負っている物が違う
それは俺の自信にもなっている。

自分を捨てることなど、できやしない。

予定者挨拶

2004年07月12日 | 所属団体・地域活動など
今日は例会だ。

昨日までのブロック大会はほとほと疲れた。
体力的にも、精神的にもヘビーだった。
おかげで、大村に戻ってから、雑用をこなしたあと、
朝まで眠りこけてしまった。

さて、新しい週がはじまった。

今日は例会、臨時総会を経て、初めての例会だ。
予定者挨拶、というのがある。

ある先輩が、”メッセージ"を発し続けるのがお前の役割だ、と言った。

参院選も終わり、日本が政治的分野の変化が見えてきている。
ただし、色々な手法や活動形態も変わっていくと思う。
それは自然の流れに任せればよい。

ただし、JCの理念は普遍である。

率先して行動することを宣言し、
英知と勇気と情熱をもって
明るい豊かな社会を築いていく。

それを俺のスタイルで、メッセージ、にしなきゃね
最近かしこまって貴寿らしくない、という、意見?ちゃかし?
もあるし、一発ガツンといきましょう~


でもちょいと緊張、原稿ザーッと書こうかな
Sさんと、5ちゃんが誕生日だ。
プレゼントを買いにいこう。

7月8日

2004年07月09日 | DAYS
デイサービスの問題会議

若手の意見、熱い!視野が少々狭いが、若い時にはそれが突進力につながるものですこし、論議バトルとなって、私も少々大人気なかった。
自分も反省、これじゃあいいリーダー(自分の理想像)とはいえない。考え直そう。心を広くもとう。

スタッフにもう少し良い給料やりたい。

どうすればもっと売り上げが上がるのだろう・・・
地道な努力が大切と先輩が言った。
真実だろう

行動こそ真実、29歳の理事長の名刺を思い出す。

夜はJC、夏越関連、一人ぼそぼそと作業をする。
途中彼女から電話、すこし酔っ払いだが、気分はよさそうだ。
元気な声で安心する。

でもこれも彼女の努力かも。心配。
俺は彼女を必要としている。

ある程度片付いて、おなかを満たす為、あいて捜し
Tポンに電話で、たっちゃんにいってまっとけ、とのこと
彼はやっぱりあたたかい

ボチボチと人が集まり、最後は5人に
好きな人たちばかり。
次年度の役員をお願いすることになる

受けてくれるだろうか、心配



なので日記などかいてみた。