北村タカトシ(旧ブログ)

ホームページおよびブログは http://takatosi.net へ移行しました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

メディア亡国論

2009年03月08日 | 本や音楽、講演などなど

午後から長崎市内へ、F先輩のところにお邪魔
ソニータイマーが組み込まれているというテレビを頂く
まだまだ時間切れではありませんでしたのでありがたく使わせて頂きます
m(_ _)m

夜はN新聞主催の講演会に出席

講師は 上杉隆 氏
演題は「崩壊する政治とメディア」

とっても面白かったし勉強になった
お誘い頂き感謝です

日本の記者クラブの非常識さと談合取材が国を滅ぼすという話や、アメリカの政治意識の話
特にニューヨークタイムズ時代の体験を引き合いにいかに日本の記者クラブが特異なものかという話は興味深かった

政局における記者クラブ変革の可能性もあるという
しかし記者クラブ自体が主体的に変わっていないので、根本的な解決にならないだろう

これは想像に過ぎないが、皆さん最初は報道と言論の自由に誓いを立てていたはずだし、理想というものがあったと思う
そんな若く誇り高いジャーナリストが、就社することによって談合と癒着に染まっていって麻痺してしまう

それを変えるには二つの方法論があると思う

メモあわせや匿名記事などをやらないところにインセンティブを保障すればよいのだ
それはつまるところ国民のメディアリテラシーの向上にかかっている


そして、もう一つ

信念を貫ける強さ
逆境に負けない強さ
孤独に耐えうる強さ

そんな強さを身に着ける事だと思う
そして、それは教育にかかっているのだろう


氏は長崎にはゆかりのある方、機会があればまた講演を拝聴したいもの

最後に質疑で長々と自己アピールとしか取れようのない某議員の中身の無い質問は勘弁して欲しかった
レベルの低さをアピールしているようなものだし、それを県政に送っている有権者のレベルも露呈しているようなもので恥ずかしい


しかし、氏はそれをさらりと皮肉るあたりもスマートでカッコよいです

新聞批判を堂々とやるフリーのジャーナリストを講師に呼ぶなんてN新聞労組もなかなかやります


ファンになったので著書も購入
名刺交換をと思いきや名刺切れ(- -;)


あたしゃツメが甘いんですかねえ・・・
この記事についてブログを書く
« 反響多数 | トップ | エア抜き完了 »

本や音楽、講演などなど」カテゴリの最新記事