高知 きたむら動物病院blog

四国高知にて2009年1月に開院いたしました動物病院のブログです。

病院の近況と、診察に関するご協力のお願い。

2019-10-12 01:12:11 | 病院について
気が付いたら何か月も経ってました。

今現在は入院の回診をしつつ、調べものをしつつ、という夜更けです。

さて、ここ数か月のことなのですが、5月にひとり動物看護師が退職し、
通常よりスタッフが少ない状況が続いています。

やはり人が少ない状況では、少しお待たせする時間が発生したり
するので大変恐縮ですが、ご来院の飼い主さんのご理解ご協力のおかげで
なんとか仕事させて頂いております。

来年4月からスタッフが一人増える予定ですので、当面の間、現状で
精一杯頑張りますのでよろしくお願いいたします。


それはそれとして、大変ありがたいことで、年々ご来院される飼い主さんは
増えておりまして、獣医ひとりと看護師で対応できる仕事量としては結構
ギリギリのライン、あるいは超えている日もあります。

極力精一杯対応させて頂きますが、飼い主さんのご協力あって成り立って
おりますので、ホームページにも重複する内容ですが、再度ここで告知
させて頂きます。


・病気のワンちゃん猫さんにおいては、その発生からできるだけ早くご来院ください。

「様子を見る」というのは立派な医療的判断です。獣医師が診察したうえで
「様子を見る」判断をすることと、飼い主さんが「様子を見る」ことはまるで内容が異なります。
様子を見て良いかどうかは診察の上での判断になりますので、どのような些細な
症状でも、まずご来院頂くことを強くお薦めします。

当院は、許可しない限り、原則として私は電話に出ません。
お電話で、様子を見て良いかどうかの判断は不可能です。
何よりも、診察中の動物を最優先しておりますので、お電話での医療内容の
お問い合わせはあまり対応できることは無いと思います。


・診察時間ギリギリはできれば避けてください。

病気の発生が時間的に診察時間ギリギリになった場合は除きますが、
数日前から、だとか、当日朝具合が悪いのに19時ギリギリだとか、
あるいは経過が長い込み入った内容の病気を抱えておられるのに
ギリギリに来られるだとかは、病院からすると余裕を持って仕事できません。

応急処置優先の病気と、治療計画をしっかり立てたうえで経過を見ていく
必要がある病気は、性質が違い、後者は時間的な余裕が必要です。

特に、慢性の皮膚病や内分泌、心臓病、神経病、腎臓病肝臓病など、
慢性疾患に関しての初診などは、ある程度長期の方針を考える必要が
ありますので、お時間の余裕を持たれてご来院されるに越したことはありません。


・問診の時点で、できるだけご希望の内容をお伝えください。

獣医師は、問診の時点で、だいたいの治療内容を想定します。
必要な検査はこれ、処置はこれ、説明はこれ、などと考えながら
仕事しておりますので、診察の後半や最後になって
「そういえばこれも診てもらいたいんですが」
となってしまうと、時間的には「延長」になってしまいます。

診察をご希望の内容はメモしておいて、最初にできるだけ全部
お伝え頂けると、「二度手間」にならずに済みますし、それが
結局は動物のためでもありますので、重々ご協力をお願いします。



高知 きたむら動物病院
高知県高知市北川添24-27
088-880-5123
受付時間 
月・火・木  9:00-11:45 15:00-18:45
金     9:00-11:45 17:00-18:45
土      9:00-11:45 14:00-17:45

休診日 水曜日 日曜日 祝日
一般診療・犬と猫のアレルギー・皮膚病外来・内分泌外来


コメント   この記事についてブログを書く
« 今年から、8月に休業します。 | トップ | 年末年始について »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。