信州・松川町の小さな農園。果樹栽培中。

長野県の南に位置する、松川町。
その中でリンゴをはじめとする果物を作ってます。
日々の農作業風景などアップ。

ちょっとした驚き

2016年07月31日 21時41分34秒 | 農作業日誌

face bookでも農園の紹介をしてます。

更新度はこのブログよりやや低め。それでも時々反応があります。

今日はなぜか”北村農園”新規ビューがいつもの数倍ありました。

なぜか、もうモモはほとんど収穫終わりであとは見逃したやつがいくらかついてる程度なのに。


ごめんなさいモモのシーズンが終わりましたー<m(__)m>

買ってくださった方、ありがとうございます。


また1年頑張ります。


次はリンゴの手入れをしないと。桃の時期あまり行けなかったリンゴ畑に見に行くと

腐乱病か褐斑病かなんらかのせいで葉っぱが黄変している箇所がありました。

1週っ間程度で変わってしまう自然は難しいですね、やっぱり。


日々の手入れが大事なようです。

8月また少し空きがあって9月から本格的に出始めます。

なんか・・1年が短いです。もう8月が始まるなんて。


こんなちいさな日常の変化に喜んだり驚いたりしてます。

その日1日を生きれることに感謝すべきなのかもしれません。|д゚)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

後片付け

2016年07月30日 21時34分11秒 | 農作業日誌

桃も明日で終わりになります。

樹にはところどころ、まばらについている状態になりました。

「全部まくってしまうか」←長野の方言なんですねコレ。

「全部採ってしまうか」の意味。


ほかの地方ならまた違う意味もあるようです。

残っているとこは明日にして、1つも実がない枝の支柱を片付け始めました。


剪定時、枝が多くて支える部分も多かったので支柱も多かった。

片付け前




そして片付け後



白のタイベックスの上に落ちてるのは葉っぱです。

収穫時も時たま枝が折れてしまう部分もありました。


そんな重い枝を支えてくれた柱もお役御免。

次はリンゴを支えることになります。


休みがない。まるで日本人のようです。




時には休息も必要。

あとは残りの支柱や、反射シートも片付けてシーズンが終わりです。


今年は結構、甘くて農協からの出荷報告でも

糖度が高い日が多かったです。


来年はもっといいものを作れるように反省しつつ来年を目指します♪


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日はモモ祭り

2016年07月29日 21時11分10秒 | 農作業日誌

です。

町の直売所もなりんで行われるモモ祭り、時間限定の大特価や

300円均一の販売などするそうです。

気がかりは・・モモが足りるかどうか。

うちもですが全体が早く進んでいるので収穫終わりも早そうです。

たぶん8月に入ったら終わっていそう。


他の人はどんな形で売っているか見に行ったら、モモあったら出してくださいね~とのこと。

やっぱり店の方もそこが心配なようです。


去年リンゴの時期のイベントを見たけど、すごい混みようでした。

県内外からのお客さんでいっぱい。大変そうです。


この土日でイベントが行われ、そうすれば7月も終わり

あかつきの収獲も終わりです。

大変な気がしても早かった。あとは取り残しの無いようにと

贈答を作らないと。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

後半戦。

2016年07月28日 22時12分09秒 | 農作業日誌

モモの時期は短い。

もう終わりが見えてきています。それでも3日~4日はかかりそううですが、

収獲半分も終わり、町の農業日報では計画の60パーセントが出荷されているようです。


暖冬の影響もあって早い早いと言っていますが、収穫はじめも終わりも早い。

今週末、町の直売所ではモモ祭りがあるけど大丈夫かなあ。

と、心配になります。


隣の畑ではすでに採り終えていました。

畑の大きさにもよるし、その農家さんの都合もあるし進み具合は人それぞれでも

大部分の農家さんが、もうすぐで終われそう。と言ってます。


これから実が少なくなると、1個か2個のために脚立を動かして上って採る。

こういうことが増えます。まだ出荷できるいいやつならいいけど

上って虫食いや病気で出荷が出来ないものはハア~(´・ω・`)となります。



桃が終わると今度は、晩成種の桃や早生種のリンゴが出始めます。

有名どこは’つがる’や’さんさ’ですかね。

極早生種もあります。シナノレッドや’祝’など。


晩成種モモ、’黄金桃’も市場に出回るようになります。

個人的にこれ好きだけどまだ生産量は少ない。

来年あたり苗を植えたいです。



桃が終わっても、美味しい果物の時期は続く。

農作業もまだまだすることは終わりそうにありません。

収獲目指して頑張ります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人と交わる

2016年07月27日 21時52分41秒 | 農作業日誌


今は収穫時期なのでいろんな人が訪れます。

祖父の代からのお客さん、その家族、看板を見て立ち寄った人、

昔のお客さんからの紹介、などなど。


時々、中国・フィリピン出身の方も来てくれます。

・・・正直、昔は地元に興味があまりなかったのでこんなに人いたんだと驚きです。

アジア系の人はわりとくるけど、欧米系の人はあまりいないね。

中学校の英語教師ぐらい。・・もっとこう・・アメリカやオーストラリアのように

いろんな国の人がいるといいのにと思います。


まあ田舎なのでしょうがないと言えばしょうがないけど。

そういうことでは東京・大阪・京都など人の集まるとこにあこがれる。

ずっと住みたいとは思わなかいけど。

田舎と都会は一長一短です。



先日のグアテマラの方との交流会など、全くないわけではない国際交流。

高校とか国際科に入りたいと思ってた時期もある。英語がド苦手だったので違うとこ行ったけど。

めぐりめぐって交流の機会もあるようになりました。


町でも英会話を楽しもうなどのイベントがあるらしい。

地元を知らな過ぎたなあと少し反省。


そしてもっと積極的に動くことが大事ですねやっぱり。

まだ視野が狭い気がします。


やりたいことはこれだ!ってそれ1本じゃなくて、いろんなものに手を出してみる時期も必要だったかな。


それでもまだ20代後半にはなったけど、遅すぎるってことはない・・はず。

やりたいことはあっても、全部はやれない・・なんてこと。


守りにはいっているというか、攻めていないね。

守るより攻めるだね。というわけで、8月頃から前述の英語の先生がまちで

英会話教室をするそう。行ってみますか。


人とのつながりは、自分の世界を広gてくれそうなのです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

撮るしん。

<script language="JavaScript" type="text/javascript" src="http://www.nhk.or.jp/nagano/torushin/blogparts/base.js"></script>