農家と消費者をつなぐ農業関係者のブログ

食への不信が高まる昨今、農家の一番近くにいるJA職員が、消費者と生産者の距離を少しずつ縮めていく・・・予定です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

産地廃棄の辛い経験。

2006年12月03日 | 消費者の方へ
 さて、前回の続きですが、自分もかつて産地廃棄に立ち会ったことがあります。

 廃棄をする場合、各産地ごとに、廃棄数量が割り当てられます。
そして、個人毎に数量が割り当てられ、それを確実に遂行するため、農業関係者が実際の廃棄の現場に立ち会うのです。

 自分が、立ち会ったときはまだ収穫途中でした。
廃棄と言っても、キャベツ・白菜のように、畑にそのまま鋤きこむ事ができなかった為、一度、畑から収穫しなくてはなりませんでした。
つまり、出荷するもの、そして廃棄するもの両方を収穫するという事でした。
 
 廃棄の際には、その収穫物を他の畑に撒き、鋤きこむのですが、実際、テレビに映っているような、カメラが取り囲み、インタビューを受けながらトラクターで鋤きこむような状況ではありません。
 生産者と自分の一対一で、無言の中、作業が進められる場合がほとんどでした。
その空気というと、生産者の怒り、悲しみ、無念さが凝縮され、時間が流れていきました。

 農業関係者として、本当に廃棄は経験したくありません。
今回の廃棄についても、どれだけ生産者の心は傷ついているのでしょう。
心中察するにあまりありません。

 天気が相手の商売ですので、どうしても年月によって、豊凶の差はあります。
しかしながら、もう2度と廃棄が起こらないよう、消費の拡大を推進するとともに、対策を考えなければならないと思います。
コメント (1)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 産地廃棄をやりたくはありま... | トップ | 野菜産地廃棄について思うこ... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (耕作人)
2006-12-05 00:18:54
こう言うのって何ともいえない嫌な気持ちになってしまいますね。
TVのM・Mんた氏が勿体無いからドンドン出せ見たいな事を、ズバッと言っていました。
あれは現状把握していない無責任な言葉です。

これも現状把握しているとは言いがたいかも知れませんが、廃棄するくらいなら、加工するかそのままでもいいですが、アフリカとかに遅れないものですかね?

餓えそうな子が沢山いるのに。

コメントを投稿

消費者の方へ」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

豊作野菜の「産地廃棄」見直しへ…農水省が検討委 (総合情報ニュース徒然草)
 農林水産省が「産地廃棄」の見直しの検討を始めたという今日の記事より。 (引用記事は、下部に掲載)  「産地廃棄」とは、市場に供給される農作物が一定量を超えた場合に、需要の供給のバランスを取るため、産地で農作物を廃棄することを指すが、現在までは国の指導...
たまにはまじめな話 (北海道発 真っ赤なトマト)
先日新聞で読んで以来気にかかっていること。野菜の産地廃棄に代わるアイデア公募(農水省) ニュース映像などで、トラクターで野菜を踏み潰しているシーンを見たことがあると思います。もったいないアレをなくすにはどうしたらいいか、農水省は有識者による検討委員会を...