農家と消費者をつなぐ農業関係者のブログ

食への不信が高まる昨今、農家の一番近くにいるJA職員が、消費者と生産者の距離を少しずつ縮めていく・・・予定です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

じゃがいもの花

2006年07月06日 | 地元の様子
 ここ2~3日、天気が良いです。全国的には、雨模様ですが・・・。

 というわけで、初めての写真のアップロード!

今、こちらでは、じゃがいもの花が満開です。

 これが結構綺麗なんです。



 じゃがいもの花は、品種によって色が違います。

 なので、綺麗と見とれていても、白い花の中に、赤い花が咲いていたりすると
 異品種の混入や、突然変異の可能性があるので、びっくりしてしまいます。

 でもそういうのは、農家さんはちゃんと抜いてしまいます。

 じゃがいもの花の前で立ち止まる農家さんが居たら、それは違う色の花をさがしてるのかもしれません。
 


 
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 7月は冷夏? | トップ | 中国の発展。 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初めまして (ノリッチ)
2006-07-07 12:35:43
こんにちは、北信濃でリンドウ栽培を昨年から始めました、農業2年生の主婦です。

毎日四苦八苦しています(苦笑)

じゃがいもの花はとても綺麗ですよね。

80歳近い義母が言うには「じゃがいもの花を摘んだほうが、じゃがいもが大きくなる」らしいですが、ほんとのところはどうなんでしょう?

ですから私も暇を見つけては、愛らしい花を摘んで歩いています(笑)

ちょっともったいない感じもしないではないですが(^_^;)

またお邪魔させてくださいね。
コメントありがとうございます。 (kitamomiji)
2006-07-07 21:34:45
 はじめまして、ありがとうございます。

花を摘んだら大きくなるというのは初めて聞きました。

 じゃがいもは、花が咲いた後に、枯れてきて収穫する事ができるようになります。

今まで、茎を伸ばす事、花を咲かせることに養分を使ってきたのを、花を摘むことによって、養分を芋の方へ送らせるという意味では、意外と当たってるかもしれませんね。

コメントを投稿

地元の様子」カテゴリの最新記事