★北河内路上通信-the Voice of VoICelESs on roadsides in EastOsaka

 北河内路上通信は大阪北河内において、同地域の野宿者と助け合い、共にあろうとする有志によって始められました。

クルディスタン南部☆越境トルコ侵略軍がクルディスタン南部の更に多くの地域を砲爆撃

2018-06-28 14:18:13 | Weblog

 

クルディスタン南部(Bashur)

 ☆越境トルコ侵略軍が

  クルディスタン南部の

   更に多くの地域を砲爆撃

 

 

 トルコ国家マフィア総本部AKP-MHP連合一家の思惑で確信をもって行われているクルディスタン西部(ロヤヴァ地域)・クルディスタン南部(バシュール地域)・クルディスタン北部(バクル地域=トルコ国家実効支配地域内クルディスタン)への侵攻が続く中、イラク国家実効支配地域内にあるクルディスタン南部における常態化した越境トルコ侵略軍の勝手に設けた拠点群からの砲撃や侵入による攻撃によって同地を占領して奪い取る企図を持った侵略軍の動きが続いている。この事については、イラク国家マフィア総本部も”イラク国家内においてイラク軍およびそれに準ずる部隊の他の如何なる武装組織の存在もPKK同様に認めない”という見解を発表しているが、侵略軍に対しては侵攻を認めていないという曖昧な態度のままである。サドル派の政権への関与にもみられるようなシーア派の優勢は、一応の態度を示す傾向を持っているものの、油送のためのパイプラインがクルディスタン南部からトルコ国家実効支配地域経由であること、クルディスタン自治政府(KRG)域内はKRGの自治という建前、治安への影響に対する大きな懸念――などがあって動けないという政治的事情があるようだ。

 

Wednesday, 27 Jun 2018

 

 

 

 複数の現地情報によると、越境トルコ侵略軍は、クルディスタン南部にあるZakho市のHeftanin地区にある複数の村の周辺を砲爆撃した。

榴弾砲による砲撃と集中砲火が、上述の地区にある森林部における火事を引き起こし、Keşan、Orê、Kumrêの3村の周囲を標的としている。

また、クルディスタン北部ハッキャリ県Çukurca地区にあるトルコ侵略軍”国境”防備部隊拠点群からの複数回の砲撃が行われているが、それらは現在も続いているという。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« トルコ国家実効支配地域☆ドイ... | トップ | 意味不明な”闘い” /トルコ国... »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事