★北河内路上通信-the Voice of VoICelESs on roadsides in EastOsaka

 北河内路上通信は大阪北河内において、同地域の野宿者と助け合い、共にあろうとする有志によって始められました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

旧シリア国家実効支配地域北西部☆Efrin-トルコ侵略軍軍政下のエフリン

2018-04-16 22:06:40 | Weblog

 

 

旧シリア国家実効支配地域北西部

 ☆Efrin-

   トルコ侵略軍軍政下のエフリン



Occupation regime in Afrin


 

 越境トルコ侵略軍とその不愉快な僚軍である自由シリア軍と名乗るジハーディスト部隊(以下、占領軍と表記)は、エフリン住民の家々を強制収用し、それらの家々に占領軍ジハーディスト部隊やダマスカス東郊の東グータ地区を逃れたジハーディストらを定住させた。 

 

 

 

 

 

 トルコ侵略軍とその不愉快な極悪ジハーディスト仲間たち(占領軍)は、エフリン住民の財産である家々を勝手に収用し、ジハーディスト共やその家族らを定住させた。

 

 

”Raco(Rajo)に50匹以上のジハーディストどもが定住”

 

 

現地からの情報によると、シリア国家実効支配地域首都ダマスカス東郊の東グータから逃れた50匹以上のジハーディスト共が自分たちの家族と共にRajo地区に定住した。

 

 

”誘拐された住民たちからの音沙汰無し”

 

 

ANHAなどの情報によると、”民主的”自治政府を支持するENKS(クルド民族会議)メンバーによって告訴された多くの住民が、ジハーディスト共かトルコ侵略軍によって誘拐され、今日にいたるまでも行方不明を強いられている。

 

 

エフリン市中心部に占領軍軍政による複数検問所群設置さる

 

 

現地からの情報によると、トルコ侵略軍の複数戦車がAzadî広場やEmir Xebari学校前に陣取っており、検問所群が市の中心部にある。トルコ侵略軍が設えさせた”立法議会”とやらの前に、占領軍が高さ3メーターの壁を構築して占領軍軍政を懸命に防衛している。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 旧シリア国家実効支配地域北... | トップ | トルコ国家実効支配地域☆Izmi... »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事