とうにクリスマスを過ぎて

クリスマスがもう終わった〜っと思った瞬間に思いついたタイトルです。
他意はありません。年末にはタイトル変更か?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

蜜柑の香せり冬がまた来る

2017-06-20 12:02:41 | 日記
街をゆき子供の傍を通る時蜜柑の香せり冬がまた来る

木下利玄『紅玉』

歌集『紅玉』の冒頭には、長女夏子の死を詠った一連の歌が置かれている。
長男を生後5日で亡くし、次男を生まれた翌年に亡くし、傷心の妻を気遣って別府への旅に向かったその途上で、夏子は生まれた。
ところが夏子も一歳に満たずに別府で亡くなる。
傍らを通る子供が蜜柑を食べたのだろうか、その香りとともに亡き子らの顔が頭をかすめる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 君かへす朝の舗石 | トップ | もろこし畑の黄なる月の出 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事