とうにクリスマスを過ぎて

クリスマスがもう終わった〜っと思った瞬間に思いついたタイトルです。
他意はありません。年末にはタイトル変更か?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

濁流だ

2017-07-06 22:13:59 | 日記
濁流だ濁流だと叫び流れゆく末は泥土か夜明けか知らぬ

齋藤史『魚歌』

昨夜から「これまで経験したことのないような」という表現を何度も聞いた。
思い出したのが、この歌。
大雨による洪水ではなく、二・二六事件を題材に詠んだものだが、
「これまで経験したことのないような」という言葉と結びついてしまう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 探査機かぐや渇きおらずや | トップ | 天の川 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事