「札幌南区/きたのさわ夜間歯科・矯正歯科」女性院長のブログ

ヘルスケア審美入れ歯/自費,歯科学会の旅行記,趣味(ジャズピアノ/シャンソン/花/絵),北の沢夜間歯科のこと等のブログ

学会 東京。

2018-06-27 01:14:32 | 日記

札幌南区のセラミック審美歯科/保険適用外の自費入れ歯/咬合治療&矯正治療の「きたのさわ夜間歯科・矯正歯科」のページへ⇒

「かみ合わせ認定医」にもなっております「日本顎咬合学会」の年次総会に出席するため、東京へ行ってまいりました。東京へはたいがい勉強のために出かける「出張」なので、東京を楽しむ、という気持ちにあまりなったことがないのです(笑)しかしながら、羽田へ向かう機内では学会プログラムを眺めながら聴講の予習をして、今年もなにか患者さんのためになる、新しい治療法とか、素敵な器械やインスツルメントに出会わないかなー?とワクワクします(笑)↓


札幌にも8月の「デンタルショー」があるじゃない、という先生もいますが、規模が違うんです。さらに、講演されている先生達の診療に対する熱情には、同じものを感じました。やはり、パッションありきの治療結果だと思います。

毎年何故か、「日枝神社祭り」と「山王祭り」と東京の学会の日程が重なり、銀座辺りで行列に出会うことになります。長い行列におのぼりさん状態で、カメラを向けました↓


おのぼりさんついでに、新しくできた日比谷ミッドタウンに足を向けました。日比谷の映画街を新しくビルに取り込んだみたいで、映画好きの人達には最高の映画館だと思いましたね。話のタネに!という御客でいっぱいでした↓


つい最近、94歳の方の入れ歯を修理しました。10年くらい前に私が装着させていただきました義歯の修理です。長生きの時代になったのに、歯の方が折れてしまってもちません。体の骨も加齢により、もろくなりますが、歯もその運命から逃れることが出来ないみたいです。90歳を過ぎてもごく普通に治療にみえる時代になりました。人生100年時代は、すぐそこまできているんですね?

デイケアに行っても、80代は下っ端だそうですもの。その94歳の方、息子さんと世界1周に行かれたそうで、そのお元気さにびっくりしましたが。さらに100歳でまた世界旅行に行かれる予定だそうです。ご本人も100歳、100歳と楽しみにしていらっしゃるそうで、息をしているだけの100歳じゃない時代がきているんですね!素敵!

今回は、というか例年のことながら梅雨の時期なので、雨の東京でしたが、学会での勉強のあとは、「ビールとジャズ」とばかりに、食事をしてから銀座のジャズライブにでかけました。素敵なロングドレスに、タキシードのバンドの面々、ひととき、台風の蒸し暑さを忘れました↓


女性の歯科医も増えていますが、ライブハウスでの女性ボーカリストも大変増えているみたいです。自分の得意分野を特定して精進する、そして、マンネリにならないように常に少し挑戦をして努力する、女性ボーカリストと女性歯科医は結構似ていて不思議!

札幌に戻ると、「ホックスグローブ」が咲いていました(毎年、少しづつ買い足しているのですが)↓

こぼれ種から増えたみたいで、可愛い!!モネのひまわりも、芽を出していて、なにか、わたしに「頑張れ!」と応援してくれているような気がします。そして「札幌祭り」トラクターで引いている神輿は札幌ならではですよね↓

その帰りに寄った札幌グランドホテルのジャズナイト、高野さんという女性歌手でしたが、歌も上手いけどドレスも素敵!


やっぱり、札幌が一番ですね。

札幌南区のセラミック審美歯科/保険適用外の自費入れ歯/咬合治療&矯正治療の「きたのさわ夜間歯科・矯正歯科」のページへ⇒