「札幌南区/きたのさわ夜間歯科・矯正歯科」女性院長のブログ

歯科勉強会の道中記,こだわり審美義歯の話,趣味(ジャズピアノ/シャンソン/花/絵),北の沢夜間歯科のこと等のブログ。

春よ来い。

2018-02-27 02:29:42 | 日記

快適な噛み心地の審美入れ歯,専門的な矯正治療と審美歯科の
きたのさわ夜間歯科・矯正歯科<札幌南区>のページへ⇒


札幌でも,皆既月食が見れましたネ。歯科診療が終わって家に帰るときにクリニックの第二駐車場から、ふと空を見上げると、あれ?赤い三日月?形が変だな?と思い見ていると、そう言えば今夜「皆既月食」があるとニュースで言っていたのを思い出しました。結構遅い時間だったのに見事な天体ショーを見れてラッキーでした。


今月初旬の街は「さっぽろ雪祭り」ムードに包まれ、始まる前から、旅行社の添乗員さんが走りまわり、寒いのに大変だなあ!と、余計な心配(笑)雪像が出来上がらないうちから、観光のお客さんが大通公園にいっぱいで嬉しい!!今年もテレビで雪祭りを見ることになりました。一体どうやってあの雪像が出来るのか?不思議でしたが専門の会社があるそうで、年間契約でやっているそうですね。
夏の間に翌年の構想と設計だそうです。自衛隊さんだけでは無理とは思っていましたが、その雪像製作会社の女性の方が患者さんでお見えになったのでお聞きすると、9時から5時の仕事と違って、結果を出すまで、寒い夜中でも仕事を続けなくてはならず、期間中は歯が痛いくても治療に通えないので、夏の間にしっかり治してほしいという事で、しっかりと治療させていただきましたところ、見事に美人の出来上がり!!大変喜んでいただきましたので、いつも雪祭りシーズンになると、その方のことを思い出します。


今年は雪が少ないのかな?そんなわけないよね?と思っていたら、やっぱり、中旬からは大雪がきました。札幌なんですからね(笑)
テレビなんかで、ワカサギ釣りを宣伝していますよね。私も1度行きました。凍った湖の氷に、穴が空けてあってそこから、釣るんですが、氷の上ですからネ、寒いのなんの。「入れ食いですよ」と言われても、氷を伝わってくる風の冷たさといったら、一度でこりました(笑)


釣りには結構凝ったんです。海釣りは船頭さんに案内をしてもらって、そこで釣るわけなんですね。釣れなきゃつまらないですが、釣れると最高!釣れたとしても漁師さんの魚群探知機のお陰ですがね(笑)その後、家に帰て釣った魚をさばく仕事もなんのその、やはり釣ったばかりのお魚は新鮮ですよね。あと埠頭での、海釣り。投げ竿なのですが、真っ直ぐ前に釣り糸を振りだせない私は、近くの釣り糸にひっかけてしまい、ハサミをもってお詫びしてまわることに(笑)


結局,鮒釣りに落ち着き、随分あちこちの池にいきました。釣ったあとは池に戻しました。池釣りにハマっていた頃は、特に早く春にならないか?と雪融けを待ちわびるんですが、池の氷が融けるのを待ちきれず、氷を割って釣ったりしていましたね笑)山の中にいると自然も楽しめるし、季節によってウグイスの子供が成長して「ほーほけきょ」と鳴けるようになるまで、大変だなあ!と微笑ましく、応援したりするのも、一興です。ウグイスの子供は最初は「ケキョ?ケ、ケ?」としか鳴けないのです。夏近くになると「ホ―ホキョ」と出来るようになります。


医科と歯科の対抗釣り大会が毎年行われますが、いい年をした大人が、勝敗が釣った魚の体長の合計で決まる故に手で一生懸命に魚を伸ばして測る光景は、或る意味ほほえましかったですね(笑)

最近、草津温泉の噴火が大変みたいですが、何か予兆があるはずですよね?洞爺湖の「昭和新山」が昔に噴火した時、ふもとの池で釣りをしていたんですが、噴火の予兆なのか地面がゆれるんですね、まさかそのあと噴火するとは思いませんから、昭和新山で花火大会でもしているのかしらん?と思いながら、徹夜で池釣りをしていたところ、朝方、ロープウェイの従業員の方が血相をかえて、昭和新山からの裏道を走り降りてきたので「一体何事?」と聞と「爆発!爆発!」と叫んで「逃げろ!」と私達にも教えてくれました!山を仰ぎ見ると、モクモクと煙と火柱が!慌てて、車で札幌にむかいました。道路は大渋滞。今度の草津の噴火でおもいだしました。


今週の英字新聞に素晴らしいおばあさんが載っていたので、アップしますね!テレビでも紹介されていたので、名前をしらなくても、お顔は記憶にある方もいられるかな?と。「にしもと喜美子」さんとおっつしゃり、89才とのことです。写真家だそうですが、発想が素晴らしく、これが、世にいうお婆さんだろうか?と思うのです。それもそのはず、結婚前は競輪の選手だったそうで、50年前に競輪女子がいたんですね!そのスピード感覚が、写真にでている!!

世にいう89才のイメージを根底から覆す自撮りの写真です。東京で写真展も終えたそうで、こうして英字新聞にも取り上げられるくらい方ですが、週に1度はバーに出かけバーボンを飲み、たばこをくゆらしながら写真のお仲間と談笑なさるそうです。前に私のブログでも書いたことがあるのですが、サンフランシスコの片隅のバーにおばあさんがひとりで現れ、ちびちびウイスキーをのみながら、音楽に合わせて踊っていたのを見て、日本だったらこれが絵になるのは10年くらいかかるかしらん?と思いました。が、来ましたね!日本にも、おばあさんて家で澁茶を飲んでいるイメージがありますが、是非がんばって!とエールを送りたく、ここに載せました。

英字新聞に掲載された圧巻は、羽生結弦くんでしょうね。リンク上にクマのプーさんが溢れでた、と書いてありましたもの、日本人ってすごいな、と思われる人って、どんな毎日の努力をしているんでしょうね?だって他の選手も努力しているんですから!せめてテレビの前からでも、賞賛の拍手をおくりました。


デパートのショウウインドウには雛人形が賑やかに飾られていますね、3月には、勉強会でまた東京に出かけますが、上京する札幌人には、忘れてはならないことがあります。それは、ブーツを夏靴に取り換えて出かけることです。でないと「おや、先生、札幌は大雪ですか?」冷やかされることになりますから(笑)


快適な噛み心地の審美入れ歯,専門的な矯正治療と審美歯科の
きたのさわ夜間歯科・矯正歯科<札幌南区>のページへ⇒