「札幌南区/きたのさわ夜間歯科・矯正歯科」女性院長のブログ

歯科勉強会の道中記,こだわり審美義歯の話,趣味(ジャズピアノ/シャンソン/花/絵),北の沢夜間歯科のこと等のブログ。

初冬の徒然。

2017-11-30 23:22:39 | 日記

快適な噛み心地の審美入れ歯,専門的な矯正治療と審美歯科の
きたのさわ夜間歯科・矯正歯科<札幌南区>のページへ⇒
 

いよいよ日中でも雪が舞うシーズンになりましたね。今年も冬を楽しめるんでしょうか?濡れ落ち葉はですね、良い肥料になると思うことにして「ほんとにもう」と思わないことにしてからは、初冬を楽しめるようになった今日この頃ですが、街はすでにクリスマス1色です。私の歯科クリニックの飾りつけもクリスマス仕様になりましたので少しアップしました↓
  

花瓶の花の後列にあるのは、自宅の前庭から持ってきた「野ばら」です。赤がきれいで、棘に悩まされながら患者さんが喜んでくれるかな?と思いつつ飾りました。野ばらの棘は普通の薔薇のそれより尖っていて、角度が鷹の爪の様に深く折れ込んでいるので、一度刺さると中々に取れにくいような構造になっていて、自分の身をまもっているようです。野性の強さですかね?植えた覚えもないのに年々大きくなり、格好の夏の日陰になってきたので、茂るにまかせて切り取らなかったのですが、花屋さんに野ばらの実が売られているのを発見して、早速、庭から切り出して受付に飾りました(笑)野生の実の赤色が、ちょっと珍しいと喜んでもらえるかな?


遠くの山は、白く雪化粧をしていますが、毎年のことながら、ゴルフにしようか?スキーにしようか?悩ましい季節ではあるようです。ゴルフを選ぶという患者さまに「ゴルフ中に雪が降ったら?」とお聞きすると「赤いゴルフボールがあるのでこの時期はそれを使います」とのこと↓

今はパークゴルフが全盛みたいで、なんですかネ、郊外のガーデニングのお店がパークゴルフ場になっちゃって「あれ?たしかにここのはず?」なんてことも良くあります(笑)ガーデニングを楽しむ人の数のほうが減っているってことなんでしょうか?ゴルフもいいですけど、誰かと一緒でなくては出来ないところとが少々難で、最初はボールを飛ばすので精いっぱい、次に前へ前とコースをはずれずに進み、最後はパターをコースからはずれずに打つのが私の場合の正解、とわかるまで1年くらいかかりましたね(笑)

趣味といえば、洋服を作るのも好きなんです。海外の学会のイブニングダンスパーティー用にスパンコールの服を作って着てみたりしていました↓

東京の日暮里に生地問屋街があり、本当に生地ばかりのお店がずらりとならんでいて、海外製の生地が比較的に安価で売っているので、そこで買っていました。イタリア製の生地なんかが凄く安く手にはいるので、気にいって、コートなどを作ってニューヨークなどに着て出かけると冗談にも「キュート!」と褒められので、よく着ていました(笑)この頃は時間に余裕がないので既製品です(笑)

TOEIC(英語の試験)に挑戦していた時は、暇があると英語の文法問題を解いていましたネ。東京の歯科業界の勉強仲間から電話で勉強会のお誘いがあっても「その日は、、TOEICの試験日と重なっているので・・・」とお返事すると当時はまだ、「TOEICてなに?」の世界でした。当時おばさんでTOEICの試験を受ける人は会場に皆無でしたね。おじさんは、2、3人いましたけど。ヒアリングのテストで「PAGING,Mr,○○?」というのが、よくでてくるのですが、これって、日本だけにいるとわかりませんが、外国のホテルのロビーでは「MR,○○」と書かれたカードをボーイさんが「PAGING?」といってお客さんを探しているのがよくある光景なんです。今は文学部の学生さんなども、就職のスタートのためにこの試験を受けるみたいですね。

「スタート」で思い出しましたが、マラソンもスキーマラソンも、スタート地点のスタンバイの前後的位置は自主決定なんです。試しにスキーマラソンの時、招待選手のすぐ後ろからスタートしてみました。ところが、後ろから来る人はスケ―ティングでどんどんやってくるのに、私はパスカング走法でノロノロ(スケ―ティング走法を知らなかったので(笑))。皆、私のスキー板の上に乗り上げドンドン進むので、私のスキーはボロボロになるは、おまけに、どうしてこんなに遅い人がここに?と、非難の声で屈辱は味わうはめに(笑)その甲斐があって、その後スケ―ティングをマスターした私は「85キロスキーマラソン」を走破してしまいました(笑)

銀行へ行く途中の地下歩行空間でジャズの音色が聴こえ、近づいてみるとベースとバイオリンのお二人が演奏していらっして、その音楽を気にいった人はパンフレットを取る、という仕組みになっていました。がんばれ!と手を振ってエールを送りました↓


そうこうするうちに、日中でも雪が降る季節になりまして、やっときたかと安心したような、これから三カ月のお付き合いナノね。なにか古いお友達がやっと来た、という感じ!クリニックの駐車場はロードヒ―ティングですが、これでも大雪だと万全ではなく、なにかと雪に追われる日々になりましたね。雪には香りがあるみたいなのですが、残念ながら私はしりません。もっと歳をとったら、雪を愛でて、香りがわかるようになるんでしょうか?

水道橋の東京歯科大で行われた恒例の義歯の勉強会に出席しました↓

若手の先生も沢山出席していて会場内は大盛況でした。私もいろいろと最新の義歯の勉強ができて大満足でした。

勉強会のあとサックス奏者のMALTAさんの演奏を観ました↓

訪れた銀座のジャズクラブに出演していて、過去にも一度、そのクラブで出演しているのを10年くらい前でしょうか観たことがあるのですが、当時は男性のお客さんの方が多かったのですが、10年後のステージの彼の前には、女性客がいっぱいでビックリ!68才とのことですが、いい年のとり方をしたと思います。お客さんに対するリスペクトが行き届いていて、MCも上手いし、ピアスもしていて、アーティストに徹している感じ、女性ファンが増えたのもわかりましたネ。あのバークレー音楽学校も卒業して、そこの講師もしていたみたいですが、鼻にかけることもなく、いい感じでした。

東京も「ブラックフライデー」で、あちこちでバーゲンでした↓
 
半額ということで、ピンクの靴を購入、空港での待ち時間にボイスレコーダーを聴きながら楽譜を眺めているところの写真の横に写っているいるのが、その靴です↓

曲名は「セロ二アス・モンクRound Midnight」その不思議なコードと、間の取り方に悩ませられながら、しかも弾き語り、なにかモンクに呼ばれたような気がして、夢中になって取り組んでいた11月でした。

快適な噛み心地の審美入れ歯,専門的な矯正治療と審美歯科の
きたのさわ夜間歯科・矯正歯科<札幌南区>のページへ⇒ -->