「札幌南区/きたのさわ夜間歯科・矯正歯科」女性院長のブログ

ヘルスケア審美入れ歯/自費,歯科学会の旅行記,趣味(ジャズピアノ/シャンソン/花/絵),北の沢夜間歯科のこと等のブログ

ピンヒールでジャズ。

2016-09-27 22:34:24 | 日記

良く噛めると評判のミラクル審美入れ歯,専門的な矯正治療と審美歯科
/きたのさわ北の沢夜間歯科・矯正歯科/札幌南区のページへ⇒


歯科用レーザーの勉強に大阪まで行ってまいりました。随分前にニューヨークの学会で、歯のホワイトニング漂白の講義を受けたとき「レーザーで、薬剤効果を促進して下さい」といわれて、日本に帰ってから私の歯科クリニックでも歯科レーザーを導入したので、初代の器機は、随分と早かった時期と記憶しています(写真は2台目のレーザー機器)↓

歯科のレーザー治療は最近でこそ少しは普及してきましたが、講演会や勉強会となると、なかなか札幌では難しいので、遠くまで出かけないとなかなか聞くことが出来ず、とうとう大阪が会場の講演会まで行ってきました↓


大阪は、暑く、ミスト噴霧機が駅などにあり、定期的に霧が噴霧されます。おもわず、パチリ、撮りました↓

ちなみに、大阪のエスカレーターは、右側が動かない立ち位置で、左側が急ぎの側で、札幌や東京と反対なんですね。

夜は、ジャズクラブでお食事、出演者は、ヨーロッパのピアニスト、出演者ポスターに使われていた顔写真は、お決まりの10年位前のものでした(笑)。べ―ス奏者が、女性で、そろそろ、ジャズ界にも女性の演奏者が、増えてくる予感がしました↓

前日の東京のジャズクラブの出演者は、管楽器ばかり3人とベースとドラムとピアノの6人編成でした↓

ラッパ系のジャズはあまり聴かないのですが、学会の前の日にあいているクラブなら、贅沢はいえません。一人でジャズを聴きに来ている女性も増えてきましたが、それにも増して、男の子の2人連れが増えてきたように思います(笑)。

とある歯科の勉強会の最中、プラークの染色液をつけてから自分の歯を磨き、その後、プラークの取れ具合を検証する機会があったんですが「スマホの、内カメラで見て下さい」と言われ、鏡無しでも自分を見れる、それが、常識の時代になったのですね。

スマホといえば、当院で親知らずの抜歯施術をされた患者様が、何やら無言で、スマホをやっていて「血が止まったら、ご飯を食べてもいいですか?」と書いたスマホをスタッフに見せていました。ガーゼを噛んでいて、お話が出来なかったんですね。便利な世の中になりました。

さて、以前の記事にアップした「ピンヒール」ようやく今回のジャズの発表会で履くことができました↓

痛くって締め付けられるし、何度も、今年は無理?かも、と思い、諦める寸前までいきましたが、今年がダメなら来年はもっと大変になり、永久にピンヒールは履けないことになると思い、頑張りました。1曲は、歌のみ、もう1曲は、ジャズピアノ弾き語りをしましたが、ピンヒールを履くことが1番大変だったかな(笑)↓


発表会が終り、ほっと、一息ついて自宅の庭を見ると、いつの間にか「姫リンゴ」が色づいていて、ああ、いつの間にか、秋が我が家にも↓

殆んど、鳥さん達の冬の餌ですが、すずめ以外の鳥もおいでになったりして、
かわいい!!!

良く噛めると評判のミラクル審美入れ歯,専門的な矯正治療と審美歯科
/きたのさわ北の沢夜間歯科・矯正歯科/札幌南区のページへ⇒