大雪の空

46歳から始めて嵌ってしまった山歩きの記録と野球などの雑記帳。時々帰郷中の島暮らしの日常。

聖岳から悪沢岳 初日(落石危機一髪)

2014年07月28日 | 南アルプス
山行日:2014.7.22


前日、静鉄ジャスト・ラインのバスで静岡から畑薙ダムまで3時間、
東海フォレストのマイクロで1時間もかけてやっと椹島ロッヂに到着。

18年前と違って随分綺麗になっていた。
コイン・ロッカーまであるのに呆れた。
テント場は綺麗に整地されており、離れて張るように工夫されていた。
1番の横は10番次に2番という具合。
なかなか上手いやり方だ。

ロッカーは例えば椹島ロッヂでの前泊後泊をテントにし、
山は小屋泊まりにするのに余分な荷物を置ける。
山で知り合ったオジンによると、椹島ロッヂの料理は不味いらしい。
重くて美味いものを置いておけば十分。

東海フォレストのバスを利用するやり方を書いておく。
入山で乗る時に3000円払う。引き換えに「東海フォレスト施設利用券」を
くれるから、山小屋やロッジの利用時に渡す。
支払額から3000円値引きしてくれる。
帰りのバスは小屋かロッジで素泊まり以上の支払いした領収書で乗車券を貰い乗る。

   

テント場(右から二つ目がマイホーム) ロッカー室  登山小屋の外観と内部(昔の材木を使っている)




さて初日の聖平小屋までの道だが、
コース・タイム7時間ちょっとのところを11時間もかかる体たらく。

この登る途中落石で危うく死ぬ目に遭ってしまった。

聖沢吊り橋手前にあるアルミの桟道近くで発生した。
歩いていたらガラガラとドデカい落石の音がしたので、
注意しながら歩いたらアルミの桟道が出た。

数メートル手前で止まり、上を見た途端一抱えもあるのが
落ちてきてパイプの手すりにぶつかり、桟道下部に引っかかったまま残った。
その後に会った下山者にはアナウンスし、素早く通り過ぎるよう促した。
その後小屋関係者が降りて来たのでその旨伝え、注意書きをするように言った。

山をやり始めて初めての経験だったがヤバかった。
五秒速く歩いていたらどうなってたか分からない際どさだった。

2000年にこの聖の下山途中行方不明になった
会社のOBもこの落石にやられたのかも。

滑落や道迷いするコースでは無かったし、
当時の俺より山力のある人だったんだから。

四段の滝の鑑賞場所の滝見場と言うのが山と高原地図にはあるが、
現地には何の標識も無かった。

後何キロで小屋とかの案内板が殆ど無いので現在地を特定し辛い。

おまけに二十年前の地図で道が付け替えられており、
なかなか脚も上がらず、17時過ぎのテント場着になってしまった。

こうして何だか嫌な感じで初日が終わったが、
途中で綺麗な色のトリカブトが出てきた。



出てきた花と景色

    

オサバグサ  ミヤマカラマツ  ユキザサ  ゴゼンタチバナ トリカブト


 
イブキジャコウソウ   二枚目は全く分らない


ハクサンシャクナゲ



  
四段の滝・二枚 遭難碑から見下ろす沢 
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 周とリン・クロ 第6週 | トップ | 聖岳から悪沢岳 二日目(聖越... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
危機一髪! (moon)
2014-07-29 22:09:41
考えたらぞっとしますね~~。
何はともあれ、ご無事で良かったです。

でも見せて頂く写真にはどれも癒やされます。
景色が素晴らしい。。
高い山でひっそりと咲く花たちも、周りの景色を見ながら
幸せだろうなぁ~。。
花は綺麗ですが (大雪男)
2014-07-29 23:52:53
それを見るまでの苦労が大変です。
その点大雪は楽なので年寄り向きです。
危険は何処にでもありますから、油断しないで歩くしか無いです。

コメントを投稿

南アルプス」カテゴリの最新記事