大雪の空

46歳から始めて嵌ってしまった山歩きの記録と野球などの雑記帳。時々帰郷中の島暮らしの日常。

広島・菊池の走塁が凄い

2014年04月28日 | NPB
破天荒な守備で注目を浴びる菊池だが、走塁も半端ない凄さだ。

横浜スタジアムで生で見た時の盗塁も速かったが、昨日のサヨナラ勝ちの場面の走塁が凄かった。

菊池がセンター前に転がして出た後、丸のレフト・センター間前方の打球を松本が処理したみたいだったが、サードへ送球もできない速さだった。

投手が左の山口だし、打球の浅さから考えたら三塁まで行ける筈がない。

恐るべきスタートの速さと脚力・ベースランニングの上手さだ。

丸が打った瞬間にヒットと判断して猛ダッシュしたのだろうが、これこそ破天荒な走塁その物。

エルドレッドのサヨナラ3ランも、この菊池の好走塁があったからこそなんだ。

俺だったらエルドレッドを敬遠して、満塁にして次の打者にプレッシャーをかけたが、原は気が抜けていたのかな。

菊池は打つ方も確実さが増え、スタンドに放り込むパンチ力もあるんだから、早晩NPBのNo.1二塁手だろうが、MLBに引き抜かれたら面白い。

守備と走塁だけでMLBで飯を食える野手なんて、考えただけでも嬉しくなってくる。
コメント   この記事についてブログを書く
« モチダ谷から中瀬松谷 | トップ | 長崎帆船祭り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

NPB」カテゴリの最新記事