大雪の空

46歳から始めて嵌ってしまった山歩きの記録と野球などの雑記帳。時々帰郷中の島暮らしの日常。

聖岳から悪沢岳 四日目(冷めた飯と汁かよ!)

2014年07月31日 | 南アルプス
朝飯が嬉しいプレーンオムレツで、小松菜のお浸し・
ニンジンの千切りサラダとボリュームたっぷり(残念写真忘れた)。

山の中で玉子料理と野菜を食べて体には最高だったが、
脚の重さは相変わらずで、朝6:45に出て16:30の荒川小屋着だった。

朝一番の百間平への登り途中で携帯が通じ、バスの予約変更をやりホッとする。

AUは伊那側が見える所では通じるみたいだ。

百間平からの赤石への登り始めは岩ガレの道ですこぶる楽だったが、
道標からはザレに変わり重い脚になった。


百間平から見た赤石への登り


同じく昨日痛めつけられた中盛方面


聖がデカイ!


頂上の小屋には11時に着き、カップうどんを食べて昼にした。

水が余りそうだったから1L渡し、お礼に缶詰めのミックス・フルーツをご馳走になった。
オマケに一緒に休んでリンゴを食べてたお爺さんから2切れ貰いルンルン。

赤石岳頂上は18年前はガスだったが、
打って変わったピーカンで小赤石方面が格好良い。

雪が多かったのだろう小赤石への稜線直下に残雪の帯があった。


やっと見えた小屋


荒川大崩壊が凄い


ピーカンに雲と夏満開


気持ち良い眺めだ(小赤石方面・奥に悪沢岳)

小牧氏はビールをこの雪で冷やし、昨夕同席した女性から貰ったトンカツで飲んだ由。

この稜線は花のオンパレードなんだが、残雪というよりはガスの水分で咲くのかも知れない。

小赤石まで歩いたら後は下るだけだから楽だろうと思ったが、
着いたのは夕食の5時の僅か30分前だった。

先着の小牧氏に挨拶すると設営を手伝ってくれた。

近くの水場で頭からかぶり身体を拭いてサッパリして戻ると夕食は5時らしい。

ちょっと慌ただしいし5時半に小牧氏と食べたが、昨日百間洞で聞いた通り不味い!

人生最悪のカレーと断言するが、
味は人それぞれだからまあ良しとしてもだ、何故冷めたのを食わせるんだ!

管理人の他に女性スタッフが三人もいるというのに、このデリカシーの無さに呆れた。

今時客が来る前にカレーと味噌汁を並べてしまう神経が理解不能。

おまけにおかわり自由と言われても冷めた飯・カレー・味噌汁ではなあ。

湯澗するくらい思い付かないのか?

翌日の千枚小屋はちゃんと温かい飯・味噌汁のお代わりを手渡しで出したぞ。

客も少ないのにスタッフが楽をしてどうするんだ!

俺が経営者だったら一発でレッド・カード!

最大の売りの食事がこれじゃあ、この小屋を外すルート取りが流行るだろうよ。

昨日の大感激とは真逆の晩飯にガックリの冴えない〆だった。


さあ明日はお目当ての大花畑と面会だ!
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 聖岳から悪沢岳 三日目(トン... | トップ | 聖岳から悪沢岳 五日目(大花... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (花水木)
2014-07-31 13:44:31
カレーと味噌汁が、冷めたのではがっかりですね。
山などでは水や生鮮食品が貴重品でしょうが作る側もせっかく作ったのに、残念ですね。

しかし空の色が素晴らしいですね。
こちらでは、暑い日が続き、もやった感じで空の色が薄いですよ。
おもてなしの (大雪男)
2014-07-31 14:14:58
心が無いのでしょう。
疲れた客に温かいのをだそうとするのが普通です。
その大元の所が駄目なのですから、推して知るべしの小屋です。
空の青さは格別ですね。
見事な“空色”でしたよ。

コメントを投稿

南アルプス」カテゴリの最新記事