大雪の空

46歳から始めて嵌ってしまった山歩きの記録と野球などの雑記帳。時々帰郷中の島暮らしの日常。

モチダ谷から中瀬松谷

2014年04月28日 | 九州・屋久島
モチダ谷にテント設営後昼寝して、前夜の不眠を少し取り返した後、沢の散策に出かけてみた。

35Lのザックに必要最低限の、水・雨具・ヘッドランプ・行動食と紅茶入りのテルモスだけなんだから、
軽くて笑い出したくなるほど。

本当に前日の登りでのザックはメチャクチャ重かった。

まずネットでよく見た小滝を確かめに、右岸に渡り三里河原に降りた。

そのまま遡上しようとしたが、水の中を歩かねばならずに断念。

あの写真は沢靴でも履いてバシャバシャ歩かないと駄目みたいだ。

引き返して道標の所から右手に登り、金山谷に降りて遡上開始。

穏やかな渓相の沢を二回ほど渡り返して遡る途中釣り人に遭遇。

釣り禁止なのにけしからん奴で、「ここは釣り禁止だろうが、知らないのか?」と
突っ込んでも言い訳もせず、こっちへ向かってきた。

こんな山奥で剣呑な目には遭いたくないから、
「知ってて釣るのなら仕方がないわなあ」と言ったら大人しく引き返した。

そいつの所へは水の中を歩かないと駄目だったから、左岸に上がりそいつの上流に降りる事にした。

上から俺が先行する事になるから先に行けばと、声をかけたが構わないから先に行ってくれだと。

どうやら引き返すか、俺が中瀬松谷に入ると言ったから、金山谷を遡上したかしたのだろう。

よくこんな所で釣る奴がいるもんだが、見かけてもあまりちょっかい出さない方が良いかも。

さてその中瀬松谷と金山谷の分岐だが、上流右手が金山谷、左手が中瀬松谷なんだが、
左手が水量が多く本流に見えてしまう。

左手を少し歩いたら小滝が連続するまあまあ雰囲気の良い所を通り抜け、
もう直ぐ権七小屋谷の出合い地点だろうというところで引き返した。

何だかあまり変化のない沢で歩くのに飽きてきた。

どうせまた来る事になるだろうし、是非とも見に行く事もないと思ったんだ。

沢靴じゃないと面倒くさいし、本当に沢を楽しむ事ができないからなあ。

そのまま同じルートを引き返すのも芸が無いので、最初は右岸に上がって少し歩き、
中ほどからは左岸に上がって歩いた。

左岸には幕営に持って来いの場所があったが、焚き火跡があったから結構使ってるらしい。

アケボノツツジが断崖の上に咲いていて素晴らしい所だらけだったが、
あちこちで土石流の後があり、大雨で山が相当痛めつけられてるのがよく分かった。

まあ、渓相は厄介な滝も無く、登山靴でも問題無いが、渡り返すのが面倒だし沢靴で歩くのが楽しかろう。

と言っても沢歩きと言うよりも沢遊びと言った方がピッタリで、普通の沢屋は遊ばないだろう。

俺が引き返した地点より上流が良さそうなので涼みがてら、沢靴で夏に遊ぶのが正解だろう。
コメント   この記事についてブログを書く
« 大崩・モチダ谷の下降 | トップ | 広島・菊池の走塁が凄い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

九州・屋久島」カテゴリの最新記事