Carpe diem

Chi vuol esser lieto, sia: Di doman non vè certezza.

浅草 Carissima 5月28日

2009年05月31日 | ワイン
浅草 Carissima 5月28日

28日は浅草で1ヶ月振りのワイン会でした。丁度1年前の同じ日に同じ店で飲んでいました。成長しないというか習性は変わらないというか・・。peccheninoのbiancoをお店から取った後、写真の左から順に飲みました。Clericoはブラインドでした。私は,相変わらず全く分かりませんでした。


1997 Barolo Ciabot Mentin Ginestra Domenico Clerico
テイスティングの前にキャンティの話しをしていたこともあり、頭の中はサンジョベーゼに振れていました。もっとも普段から漫然と飲んでいるので作り手は思い浮かびません。出品者から「多分、全員一度は飲んでいる。」との発言のみを参考にポデーレ・レ・ボンチェのレ・トラーメと回答。大ハズレで正解はバローロでした。改めてブラインドテイスティングの難しさを感じました。

1981 Brunello di Montalcino Riserva Casanova di Neri
古酒の風味が丁度出始めたくらいのワインでした。漬物でいうと古漬けと浅漬けの中間の一番食べ頃というか脂がのったタイミングであったように感じました。こういう熟成加減のブルネッロにはナカナカ当たりません。リゼルバですが樽の風味は強くはありませんでした。

1998 Barolo Vecchie Vigne Corino
モダンなタイプのバローロでした。樽が前面に出ていて飲み頃はもうちょっと先だと感じました。ブラインドで飲んだClericoとの共通点を感じなくもありませんでした。って私は識別能力ゼロですから単なる思い込みでしょう。

1988 Bottiglia Particolare Castello di Verrazzano Serragghia
グレートヴィンテージのサンジョベーゼ。Y氏は15年程前にフジテレビのテレビショッピングで購入したとのことです。流石です。とても状態が良かったです。私は88年のトスカーナは相性が良くて、好きなタイプのワインによく当たります。

1993 Barolo Cascina Francia Giacomo Conterno
それに対して相性が良くないのがジャコモで、周囲の評価程には、これはというボトルに出会うことは稀でした。これは良かったと思います。口に残る余韻が心地良かったです。私の好みとしては、バローロはモダンなものよりもクラシックなものなのだなと、本日の比較で自覚しました。


料理のレベルは非常に高かったです。メインは軍鶏のもも肉にしました。ただ、この店は前菜とか付け合せとか一仕事かけた料理に光るものがあると思います。


この日は、他にお客さんが居なかったこともありスローなペースで飲みました。メインが済んでもワインが残っていました。フォルマッジョをオーダしました。美味しかったです。
コメント

5月27日29日 カマタリアンナイト

2009年05月30日 | 外食
5月27日29日 カマタリアンナイト

蒲田での会社関係の飲み会を中一日で2回アレンジしました。27日は同じ仕事をした4人でベトナム料理に行きました。ここは安くて旨い。


生春巻と揚春巻。揚春巻は野菜に包んで食べます。


鶏サラダとイカのカレー炒め。鶏サラダはエビせんべいにのせて食べます。カレーにはバゲットが添えられてました。


水餃子と牛肉フォー。水餃子にはベトナムハムがのってました。辛くなく甘めの味付けがタイ料理と異なる点だと思います。


お好み焼とバナナおしるこ。お好み焼も野菜と一緒に食べます。暖かいデザートはタイ料理と共通。
殺風景な店内は、まさに東南アジアの食堂の雰囲気でした。私達以外の八割方の客は女性でした。ビールをガシガシいっているのは私達のテーブルだけでした。


29日はオリエンタルダイニングと自称する居酒屋でした。人数が多かったので近所にある店の中から適当にネットで選びました。環太平洋料理+飲み放題で4000円でした。


怪しげな天幕の下で30人がひしめき合って飲みました。環太平洋料理とは、どんな物かと思っていました。出てきた料理は、「和食ではない」というだけで、大したことありませんでした。内容は、トマトサラダ、揚春巻、エビのフリット、マグロサラダ、魚介蒸し物、牛肉煮込み、鶏サラダパン、ロールケーキで量が少ないのでパスタを追加しました。トマトのみ美味しかったです。飲み放題に設定されていたワインが予想よりも飲めました。赤はエミリアロマーニャのサンジョベーゼでした。4000円なので仕方ありませんせんが、スペースレンタル料と思うしかありませんね。
コメント

5月23日 レッドクリフⅡ

2009年05月24日 | その他
5月23日 レッドクリフⅡ

歌舞伎町でレッドクリフⅡを観ました。他の新しい映画館に行こうとしたのですが、どこも満席で古ぼけた新宿オデヲン座しか空いていませんでした。映画は、予想していたよりも面白くて飽きませんでした。おじさんが「三国志は人を欺くことばかりが書かれていてよろしくない。」と言っていたので、中学では読みませんでした。高校ぐらいでは読んだはずですが、ストーリーは忘れていました。10万本の矢を集める話しとかは断片的に覚えていました。


もっとも是非観たいというのではなく、ジャワティのキャンペーンでタダ券が当たったので観に行きました。何となくジャワティを買ったらキャンペーン中で、応募したら2本目くらいで当たりました。簡単に当たるものかと、続けて3週間毎日購入しましたが、1回も当たりませんでした。この手のキャンペーンは開始直後の当選率を上げて、その後下げるような操作をしているのではと疑ってしまいます。


食事は代々木にあるビストロに初めて行きました。ここの姉妹店の原宿のレストランには何度か行きました。コースの値段が上がってから足が遠のいてしまいました。


店内は天井が高くて気持ちが良かったです。


前菜は「桜マスで包んだ新玉葱のムース」と「スルメイカのラビオリ」にしました。玉葱のムースは、酸味のきいたソースで美味しい。ラビオリは大きくて、イカのすり身の入った水餃子のようでした。肝のソースもソコソコでした。


主菜はズワイガニのクロケットにしました。これは、かなり巨大でした。すり身が主体のコロッケでラビオリとカブってしまいました。オーダのときにサービスの人からコメントがあれば、避けられたのに・・。料理は全てボリュームがあり、シェア前提で取り皿が出てきました。


ワインは珍しくカラフェでオーダしました。白500ccはラリューのアリゴテで赤500ccはジャンマルクミヨのブルゴーニュルージュでした。どちらもフレッシュな味わいで料理に合いました。


デザートは、フォンダンショコラとヌガーグラッセにしました。フォンダンショコラいけました。私はフォンダンショコラが好きで、あればオーダするのですが、最近訪問した店では作っている所がなかったので久々でした。ヌガーグラッセは大量でした。


カルヴァドスとマールを合わせました。飲み過ぎで翌日は軽い二日酔いになりました。
料理のレベルはイマイチでしたが、値段がリーズナブルで遅くまでやっているので再訪すると思います。不景気でフレンチレストランが苦戦していると聞きますが、ここは混んでました。今までレストランを使っていた人も出費を抑えるためにビストロに流れているのかなと思いました。
コメント

5月17日 Thai Festival 2009

2009年05月23日 | その他
5月17日 Thai Festival 2009

偶然、ネットでタイフェスティバルが開催されていることを知り訪問しました。有名な催し物なのでしょうか、すごく賑わっていて人がゴッタガエシていました。タイのバザールのようでした。同じ場所で行なわれるナマステ・インディアより混んでいました。


民族衣装を着たモデルの人がいたり、タイの歌手のコンサートが行なわれたりしていました。


マンゴの着ぐるみが子供達に虐待されていました。食べ物のブースが沢山ありましたが、どこも人が並んでいました。


ソムタム(パパイヤサラダ)、ガパオライス(ひき肉ごはん)、バーミナム(ラーメン)とビールを立ちながら摂りました。さらに私はプーケットビールを追加補給し、家内はタピオカアイスを食べました。


トゥクトゥクやドリアンも売ってました。トゥクトゥクは120万円でした。久々にフレッシュなドリアンを食べました。


近くのNHKホールでショコタンのコンサートが行なわれていました。怪しげな人達がタムロしていました。ホールの敷地内はコスプレヲタが山盛りで、一歩出るとフェスティバルで外国人が沢山というカオス空間が生まれていました。こんな所に新型インフルエンザ感染者が紛れ込んだら、とんでもないことになりそうです。


Tシャツ、ショッピングバック、カレー、インスタントラーメン等を土産に買いました。全部で2050円でした。安い。
コメント

Deodorant

2009年05月17日 | その他
Deodorant

ここ数年、WeledaのSage Deodorantを愛用しています。香りは強くありませんが、朝出勤前に付けると気分がリフレッシュします。日中は汗ばむとフワッと香りが上がり、就寝前に入浴する時にも香りを感じます。


最近はあまり付けませんが、PerfumeはSanta Maria NovellaのAcque di Coloniaを使っています。植物の香りが好きなのだと思います。以前はボトルにラベルが貼られていましたが、今は印刷に変っていますね。


あと好きなのが、Geoffrey BeeneのGrey Flannelです。個性的な香りで文系の知性を感じます。自分に欠けるものに憧れるのかもしれません。


話し変わって、作曲家の三木たかしが亡くなりました。ご冥福をお祈り致します。津軽海峡・冬景色の石川さゆりがインタビューを受けていました。
大学の研究室で尾瀬に旅行に行った時でした。私のカセットテープボックスに岩井小百合(銀蝿一家の妹分)のテープがありました。助手席の教授が、「これいいねー。」とか言ってデッキに掛けました。どうも石川さゆりと混同していたようでした。「3年7組岩井小百合です。・・」というキャピキャピのトークから始まり、ポップなナンバーが車内に流れました。私は何も悪いことはしていないのですが、申し訳ない気持ちになりました。
コメント

5月13日 B級ナイト

2009年05月16日 | その他
5月13日 B級ナイト

仕事帰りに三軒茶屋中央劇場に寄りました。観たのは「鎧 サムライゾンビ」でした。これが、ドB級の和製ホラーでした。そもそも、チープな映画を観たい気分でしたので期待にシッカリと応えてくれました。食事と同じで、たまにはペヤングソース焼きそばを食べたくなるようなものです。そんな時には、高額フレンチを食っても無駄になると思います。


食事は、渋谷の天風酒蔵やまがたに行きました。帰りしなに酔って写真を撮ったのでボケてました。でも実際に私の目に映っていた風景も同じ感じでした。


料理は芋煮やチーズ揚げ、ポテトサラダ、肉ナス炒めなど典型的な居酒屋メニューで美味しかったです。ただ遅い時間に入ったので、周りのテーブルが出来上がっていてハイテンションで喧しかったので寛げませんでした。


帰りに井の頭線と山手線の連絡通路で岡本太郎の巨大な壁画に遭遇しました。一日の最後にA級の作品に出会いました。やはり良いものは良いです。圧倒されました。


コメント

馬車道 5月5日 la Tenda Rossa

2009年05月10日 | 外食
馬車道 5月5日 la Tenda Rossa

家内の実家に行った帰りに以前から気になっていた店を訪問しました。Web上に公開されているWine listに魅力を感じていました。実際に店のlistを開いてビックリ、90年代のワインなど殆どありませんでした。ソムリエにWebで見たものと違う旨を告げたところ、何年も更新していないとのことでした。やられました。


残っている中から'95 Chinati Classico Riserva Rancia Felsinaをチョイスしました。飲み頃のワインで、食事中に香りが開き、楽しい時間を過ごしました。


料理は、野菜の前菜がファミレスっぽくて不安を感じましたが、アーティチョークの詰め物で持ち直しました。季節物のアスパラソバージュのリゾットも美味しかったです。ウサギのローストはイタリア産のものを使ったとのことでした。新鮮だったのか、頭も入っていました。脳は白子のようでした。


デザートはパスして、みなとみらいでお茶でも飲もうと店から歩いて行きました。


適当な店が見当たらなかったので、ランドマークタワーに上って夜景を見て帰りました。GWで混んでいました。
コメント

庭掃除

2009年05月09日 | 
庭掃除

毎年GWには庭の手入れをして、野菜の苗を植えます。今年は、例年のトマトやバジルを植え、新たに枝豆とピーマンにトライすることにしました。


草刈り前は雑草が茂っていました。電動草刈り機で片付けました。


今年は葡萄が元気で沢山の花が咲きました。多すぎるのでカナリの房を落としました。あと、落ちた実から新たな木が出ていました。オリーブも蕾を沢山付けていて今年は初めて収穫できるかもしれないと期待しています。


白い花では、レモン、ジャスミン、タイム、カスミソウが咲いています。レモンも元気で庭は妖しい香りに包まれています。


色の付いた花では、バラ、ショウブ、ムラサキツユクサなどが咲いています。

話し変わって、豚インフルエンザ。テレビで何か見たことのある風景が出るなと思っていたら、近所の研究所でした。ウィルスの分析を行なっているようです。ここは中学校の頃の通学路で見通しの良い道です。中学校の時に、かなり前方に友人の小学校時代のオジイサンの音楽の先生がトボトボ歩いているのが見えました。友人が「バーカ」とか「死ね」とか大声でカラかっていたら、突然振り返って、物凄いスピードでこちらに向かってきました。驚いて研究所に逃げ込んだのですが、捕まってコッピドク叱られました。足速かったです。今だったら「キャラが違う」と言いたいところです。
コメント

4月30日 多摩丘陵 5月1日 三頭山

2009年05月03日 | その他
4月30日 多摩丘陵 5月1日 三頭山

GW中の平日は、家内は出勤なので一人でハイキングに行きます。
写真は三頭山から見た富士山です。霞んでいましたが、巨大に見えました。


30日は寝過ごしたし夕方麻雀の約束があったので多摩丘陵をウロつくことにしました。高幡不動より入ります。土方歳三の銅像がありました。


何度も住宅地の中を通る場所があってハイキングという感じではありませんでした。景色もイマイチ。


東京薬科大と農工大の間の道を通りました。薬大は、かつて大久保にあって小学生のころはグラウンドで遊んだり、学園祭のフォーク喫茶で「翼をください」を唄ったりしました。こんな辺鄙な場所に移転したとは知りませんでした。


野猿峠の中華料理屋で遅い昼食を摂りました。半チャンラーメンとビールでした。昭和の味がして美味しい。帰りがけにオバさんがヤクルトをくれました。


目当ての温泉は休館になっていました。様子からは閉館しているようでした。それもかなり時間が経っているようでした。事前の情報確認は重要ですね。


仕方がないので戻って、雀荘近くの銭湯で汗を流しました。黒湯でした。麻雀負けました。


1日は三頭山に行きました。都民の森から入りました。道は整備されていて公園の中を歩くようでした。


蛇がいました。しばらく歩くと山頂に着きました。天気良かったです。


新緑のブナ林の尾根道は、とても気持ちが良かったです。景色もキレイでした。


数馬に下って温泉に入りました。ノンビリ出来ました。ただ、露天風呂は薬湯になっていて臭かったです。今シーズンの温泉はハズレでした。

話し変わって、忌野清志郎亡くなりましたね。ご冥福をお祈り致します。私はカラオケでは必ずといっていいくらいに「雨あがりの夜空に」を吠えます。盛り上がるか周囲が引くか両極端で面白いです。
コメント

4月の1本

2009年05月02日 | ワイン
4月の1本

1999 Chateau Yvonne Saumur Blanc "Le Gory"にヤラレました。普段飲みは、せいぜい2000円台までの白ワインなので、樽の強く掛かったものは少ないです。また、米国、南米、オセアニア、南アフリカなどのニューワールドの白ワインは自分から進んで飲むことはなくなりました。
このSaumur Blancは、樽香に負けない果実の力強さを感じました。10年の熟成を経て、それらが馴染んでお互いを高めあっている印象を受けました。白桃の香りが心地よく余韻も長かったです。


購入元に尋ねたら在庫ありとのことで3本購入。このワインは1ケース3本とのことでした。
4月は他にはアリゴテ、シャブリを各3本、ショレイレボーヌを2本購入。フランスのワインばかりでした。このシャブリは酸味がシッカリしていて飲んでいて飽きませんでした。


あと印象に残ったのが、2005 Calcaiaです。パスタに使った残りのブルーチーズに合わせたらドンピシャでした。川島なお美が言う「マリアージュ」を感じました。


甘い酒と言えば薔薇のリキュールを3年半掛けてヤット1本空けました。また、2年前に漬けた梅酒を思い出して味見してみました。私としてはブレンドの妙で複雑な良いリキュールだと思いましたが、家内からは「普通の梅酒がいい。」と言われました。今年も梅の実が生ったので、フィリピン産黒糖を使ってオンリーワン梅酒にトライするつもりです。
コメント