三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者の追悼碑を建立する会と紀州鉱山の真実を明らかにする会

三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者の追悼碑を建立する会と紀州鉱山の真実を明らかにする会

「日本の福島放射性汚染物質がまたもや流出…廃棄物入った袋が川に流される」」

2019年10月19日 | 国民国家日本の侵略犯罪
http://japan.hani.co.kr/arti/international/34694.html
「The Hankyoreh」 2019-10-19 01:46
■日本の福島放射性汚染物質がまたもや流出…廃棄物入った袋が川に流される
 回収しても中身ない場合が多く 
 汚染土の仮置き場に接近できない地域も

【写真】昨年、日本の福島県の道路周辺で撮影した放射能除染廃棄物の仮置き場=ハンギョレ資料写真//ハンギョレ新聞社

 台風15号の影響で、日本で放射性汚染廃棄物が再び流出しており、汚染土仮置き場の状態も確認できない所が多いことが明らかになった。
 日本の環境省は17日、福島県二本松市と川内村2カ所でも放射性廃棄物入りの袋(フレコンバッグ)の流出が確認されたと発表した。二本松市は除染作業で回収した木の枝など廃棄物を入れた大袋15個が川に流されたと明らかにした。川内村では除染廃棄物18袋が下流で発見されたが、このうち2袋は中身がなくなっていた。
 福島県田村市と飯舘村でも放射性物質に汚染された草や木入り袋の流出が確認された。田村市は17日、流出した19袋のうち17袋を回収したが、10袋は空の状態だったという。袋が開いて廃棄物が川に流れ出たものと見られる。これまで田村市は、中身が袋から流出していないはずだと言っていたが、実際は違った。市担当者は東京新聞に「川から引き揚げるまでは(中身が流れ出たことを)知らなかった」と話した。田村市の仮置き場には除染廃棄物2667袋が保管されているが、何袋が流出したかまだ確認されていない。
 除染作業の過程で発生した汚染土がきちんと保管されているかを確認できないところも続出していると、東京新聞が報じた。除染過程で発生した汚染土及び廃棄物は、かなりの地方自治体が仮置き場で保管している。仮置き場が設置された広域自治団体である7県と43の基礎自治体のうち、群馬県下仁田町や宮城県丸森町、福島県相馬市と南相馬市の4カ所は土砂崩れや川の氾濫などの影響で、仮置き場の現場に職員が接近できない状態だと、同紙が報道した。放射性物質の汚染廃棄物の流出は今回が初めてではない。2015年には豪雨で飯舘村の仮置き場で除染廃棄物袋240個が流出し、一部は袋が破れて中身が流れ出た。

東京/チョ・ギウォン特派員(お問い合わせ japan@hani.co.kr
http://www.hani.co.kr/arti/international/japan/913758.html
韓国語原文入力:2019-10-18 17:57


https://japanese.joins.com/JArticle/258671
「中央日報日本語版」2019.10.17 16:50
■流された福島放射性廃棄物を回収したところ…その半分以上が「中身が空っぽ」
 台風19号「ハギビス(Hagibis)」がもたらした豪雨によって、福島原発事故後に回収した放射性汚染物質が河川に流されたものとみられる。
 17日、共同通信は福島田村市が福島原発事故後、除染作業で回収した放射性廃棄物を入れた袋(フレコンバッグ)のうち、豪雨によって流失したものなどを一部発見して回収したところ、その半分以上が中身のないまま見つかったと報じた。
 16日までに流失したフレコンバッグ19袋を見つけて17袋を回収したが、そのうち10袋は中身がなかったという。これらの袋が川に流失する間に中身が川に放出されたものと推定される。
 実際、朝日新聞の三浦英之・記者がツイッターに投稿した現場動画には、中身が空とみられるフレコンバッグが木に絡まっている。
 フレコンバッグには2011年3月福島原発事故後に除染作業過程で回収した放射性物質が含まれた土などが含まれていたが、台風19号の影響で大雨が降り、保管場所の近くを流れる古道川などに流失した。古川道は中間で他の川と合流して太平洋に注いでいる。
 環境省と田村市はフレコンバッグの臨時保管所や袋が流出した河川下流の空間放射線量を測定した結果、変化がなく「放射性物質の濃度が比較的低く、環境への影響は少ない」と主張した。
 小泉進次郎・環境相はフレコンバッグの流失に関し、今月15日、「(回収分は)容器の破損はなく、環境への影響はない」とし「田村市の仮置き場だが、国や県、市や町というものを取っ払い、しっかり務めていかないといけない」と話した。


http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/10/14/2019101480005.html
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/10/14/2019101480005_2.html
「朝鮮日報日本語版」 2019/10/14 08:40
■福島原発の廃棄物、一部が河川に流失
 大型の台風19号(アジア名・ハギビス)が12日から13日にかけ、東京をはじめとする関東地域を襲い、40人以上の死者・行方不明者が出た。最大瞬間風速55メートル、中心気圧960ヘクトパスカルの台風19号は12日午後7時ごろ、大雨と暴風を伴い、静岡県の伊豆半島に上陸した。
 1958年に伊豆半島を襲い、1269人の犠牲者を出した狩野川台風(国際名・アイダ)に匹敵する規模になるとの予報通り、台風19号の威力は猛烈だった。東京都の多摩川をはじめ、24カ所で堤防が決壊、河川の142カ所で浸水被害があり、民家数十万世帯が浸水するなど被害が相次いだ。東京都をはじめ、12の自治体には5段階の警報レベルで最も高い「大雨特別警報」が発表された。日本の気象庁は12日、特別警報が発表された地域の住民に「救助を待たず、自ら命を守る行動を取ってほしい」と呼び掛けた。避難指示と避難勧告の対象となった住民は1300万人に達した。
 普段の週末には大混雑となる新宿、渋谷一帯は12日午後、人影が疎らだった。東京一帯の住民は終日自宅にとどまり、知人とソーシャルメディアで情報を共有した。東京ディズニーランドは12日、営業を取りやめ、コンビニエンスストアのセブン-イレブンは1000店舗以上で営業を中断した。長野市では千曲川の堤防が崩壊し、JR東日本の新幹線車両基地では、新幹線車両約120両が浸水した。車両は廃車の可能性が指摘されるほど大きな被害を受けた。全国では一時42万世帯余りが停電し、住民は不安な夜を過ごした。
 NHKによると、福島県田村市では福島原発事故で生じた放射性廃棄物を保管していた袋が仮置き場の近くの河川に一部流失した。田村市は河川一帯を捜索し、流失した袋のうち10個を回収したとしているが、全体で何個が流失したかは判明していない。仮置場には放射性廃棄物の袋2667個があった。袋には除染作業で除去した草木などが入っており、重さは1個当たり数百キログラムから1.3トンあるという。田村市は回収された袋からは中身が外に出ていなかったと説明した。
 今回の台風では関東地方で年間降水量の3分の1に相当する雨が降った。静岡県富士宮市では12日から13日にかけ、1300ミリの雨が降った。
 NHKは今回の台風で死者30人、行方不明者15人、負傷者177人が発生したと伝えた。台風19号は関東地方から北上し、東北地方を経て、太平洋上に抜け、13日に温帯低気圧となった。
 今回の台風では多くの人命被害が出たが、日本社会は予想よりも被害は小さかったととらえている雰囲気だ。日本の気象庁は11日から台風19号が狩野川台風に匹敵する規模だと警告。昨年7月に100人を超える犠牲者を出した西日本水害の当時、対応を批判された安倍内閣は今回の台風被害を最小限にとどめるため、心血を注いだ。12日からは被害が予想される地域で航空機の欠航、電車、バスの「計画運休」を実施した。
 今回の台風による影響で日本の海上自衛隊は14日、神奈川県相模湾で行う予定だった観艦式を中止した。日本は韓日関係悪化の影響で今回の観艦式に韓国を招かなかった。
          東京=李河遠(イ・ハウォン)特派員


https://japanese.joins.com/JArticle/258516
「中央日報日本語版」 2019.10.14 08:32
■台風19号の水爆弾で…福島で放射性廃棄物流流出

【写真】福島原発とその前の海。[中央フォト]

 日本を強打した台風19号により福島原発汚染除去過程で回収した放射性廃棄物の入った「フレコンバッグ」が流失した。フレコンバッグには汚染除去作業で回収された草木などが入っていた。
 NHKは13日、福島県田村市に保管中だった福島原発の放射能汚染廃棄物を入れたフレコンバッグが仮置き場近くの川に流出したと報道した。フレコンバッグの重さは1個当たり平均数百~1300キログラムだ。
 田村市は河川一帯を捜索し流出したフレコンバッグのうち10個を回収したと明らかにした。仮置き場には合計2667個のフレコンバッグがあり、いくつ流出したのかは確認されていない。田村市は回収した袋から中身は外に出ていないと説明した。
 読売新聞はこの廃棄物の空間放射線量は毎時1マイクロシーベルト以下だと報道した。2015年9月に東日本地域に豪雨が降った時も福島原発事故の除染廃棄物が河川に流出している。
 福島第1原発の廃棄物処理施設では台風の影響により8回の漏洩警報が鳴ることもした。NHKによると前日午後4時55分に廃棄物処理施設をはじめこの日明け方までに淡水化処理施設と放射線核種濾過施設、セシウム吸着塔などで8回にかけて漏洩警報が鳴った。
 東京電力は「8件中5件は台風による雨水で鳴ったもの」と明らかにした。実際に廃棄物が流出したのかどうかに対しては明らかにしなかった。


https://mainichi.jp/articles/20191013/k00/00m/040/152000c
「毎日新聞」 2019年10月13日 22時42分
■福島・田村市で除染廃棄物の袋が川に流出 大雨で冠水

【写真】除染廃棄物が入ったフレコンバッグ=福島県内で、曽根田和久撮影

 福島県田村市によると、12日午後9時20分ごろ、同市都路町岩井沢の除染廃棄物の仮置き場が台風19号に伴う大雨で冠水し、廃棄物を詰めた大型袋が近くの古道川に流出した。川から10袋が回収され、袋に破損はなかったという。
 袋の中身は東京電力福島第1原発事故の除染で出た落ち葉や木などで、この仮置き場には計2667袋が一時保管されていた。市は流出した袋の数を確認している。
 除染廃棄物の袋は、2015年9月の関東・東北豪雨でも同県飯舘村などで計439袋が流出した。     【西川拓】


https://www.asahi.com/articles/ASH9G31M1H9GUGTB006.html
「朝日新聞デジタル」 2015年9月14日20時20分
■除染廃棄物314袋が流出、うち3袋破れる 福島・飯舘
 福島県飯舘村で、除染で刈った草などを詰めた袋が11日の大雨で流された問題で、環境省福島環境再生事務所は14日、計314袋が流出したと発表した。3袋は下流の同県南相馬市で、破れて中身が消失した状態で見つかった。123袋は川の中州などにあり、回収できていないという。
 環境省によると、流出したのは「フレコンバッグ」と呼ばれるポリエチレン製の黒い袋(1立方メートル)。11日時点で82袋の流出を確認し、その後の調査で追加分が判明した。南相馬市で発見された3袋は、破れた袋のみを回収した。環境省は「草の放射性物質の濃度は比較的低い。流出状況の確認と回収を進める」と説明している。


https://japanese.joins.com/JArticle/258583
「中央日報日本語版」 2019.10.16 08:02
■台風19号により原発廃棄物が流出したが…日本環境相「環境影響ない」
 超強力の台風19号が日本福島原発地域を通り過ぎて放射性廃棄物が流出する大型事故が発生したことを受け、小泉進次郎環境相が「環境に影響がない」と主張したことが分かった。
 15日、NHKの報道によると、小泉環境相はこの日参議院予算委員会で「今まで6袋を回収済みだ」として「さらに4袋を発見し回収作業中だ。ほかに流出したものがないか引き続き調査中だ」と明らかにした。
 放射性廃棄物の流出事故が発生した場所は福島県田村市で、田村市側は12日放射性廃棄物の臨時保管所にあった廃棄物の袋が近隣の河川である古道川に流出したと明らかにした。古道川は途中で他の川に合流して太平洋に流れる。
 保管されていた廃棄物の袋は約2700個に達し、原発事故後除染作業中に回収した草や木などが入っており、1袋当たりの重さは数キログラムから1.3トンに達する。
 小泉環境相は「回収されたものは容器に破損はなく、環境への影響はないと考えられる」として「引き続き、現場やそれぞれの仮置き場の状況の確認を実施していく」と話した。
 小泉環境相はこの日、福島県飯舘村で放射性廃棄物1個の袋が流出したのがさらに発見されたと明らかにした。


https://jp.yna.co.kr/view/AJP20191011001500882?section=news
「聯合ニュース」 2019.10.11 13:47
■日本化粧品から基準値超える放射性物質も「返送しただけ」 韓国議員が問題視
【世宗聯合ニュース】韓国関税庁が11日までに国会企画財政委員会所属の沈基俊(シム・ギジュン)議員(与党・共に民主党)に提出した資料によると、仁川国際空港の税関は昨年10月、日本の化粧品会社が輸出しようとしたマスカラ製品3.3トンから基準値を超える放射性物質トリウムを検出した。線量率は毎時0.74マイクロシーベルトと、自然状態で検出される基本値の3倍以上だった。
 だが、関税庁は当該製品を送り返しただけで、製品の原料物質の含有分析を行わず、検査比率も増やさなかったと沈氏は指摘している。
 この化粧品会社が輸出した製品は、昨年10月に放射性物質が検出されて以降も韓国の税関を13回通過したが、検査が実施されたのは3回だけだった。放射性物質の検出以降、韓国に輸入された同社の化粧品は5.1トン、91万ドル(約9800万円)相当だった。
 沈氏は「韓国国内で流通する化粧品から放射性物質が検出されれば回収・廃棄に加えて製造停止など厳しい行政処分を下すが、輸入化粧品の場合は通関段階で検出されても返送処理するだけで成分検査や業者の管理が行われておらず、問題だ」と指摘している。
コメント   この記事についてブログを書く
« 「慰安婦被害者の李玉善さん... | トップ | 「豊渓里出身の脱北者の被ば... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

国民国家日本の侵略犯罪」カテゴリの最新記事