三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者の追悼碑を建立する会と紀州鉱山の真実を明らかにする会

三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者の追悼碑を建立する会と紀州鉱山の真実を明らかにする会

『海南島月塘村虐殺』新シナリオ7

2008年01月08日 | ドキュメンタリー『海南島月塘村虐殺』
Ⅴ、海南島における日本軍の住民虐殺 
影像:瓊海市楽会県波鰲村、上嶺園村、上辺嶺村の追悼碑
テロップ:瓊海市楽会県波鰲村、上嶺園村、上辺嶺村の追悼碑
影像:五百人碑
テロップ: 五百人碑
影像:“三・一”被難公塚
テロップ:“三・一”被難公塚
ナレーション:佐世保鎮守府第8特別陸戦隊に所属する日本兵は、1941年5月13日未明、楽会(ロホェイ Lehui)県の波鰲(ボーアォ Boao)村など三つの村を襲って住民を殺し、さらにその翌月、6月24日に、楽会県北岸(ベィアンBeian)郷の北岸村と大洋(ダーヤン Dayang)村を襲撃し、数日間に、多くの村人や通行人を殺しました。
 いま、北岸村に、そのときの犠牲者を追悼する「五百人碑」が建てられています。
 北岸郷の西隣りの楽会県互助(フージュHuzhu)郷でも、多くの人が佐世保鎮守府第8特別陸戦隊の日本兵によって殺されました。
 大虐殺がおこなわれたのは、日本敗戦の4か月まえ、月塘村での住民虐殺の20日まえの1945年4月12日(農暦3月1日)でした。
 その4年後、1949年農暦3月1日に、虐殺現場の燕嶺坡(イェンリンポ Yanlingpo)に、犠牲者全員の名を刻んだ追悼碑が建てられました。
映像:龍滾海岸
テロップ: 万寧市龍滾海岸
       狗匙石洞付近
テロップ: 1939年10月14日 ここで日本軍は 
      襲撃を避けて 村から逃げてきた 
      多くの人たちを殺害した
ナレーション: 1944年7月にアメリカ合州国軍がサイパン島を占領した後、ヒロヒト・日本政府・日本軍は、硫黄島やウルマネシアに大量の軍隊をおくりこみました。
 それは、アメリカ合州国軍の「本土」上陸をすこしでも遅らせ、天皇制を維持するためでした。
 ウルマネシアでは、10万人の住民が日本軍やアメリカ合州国軍に殺され、約9万人の日本兵と、「軍夫」とされた朝鮮人が死にました。
 互助(フージュ Huzhu)郷や月塘村で、日本兵が、多くの住民を虐殺したのは、沖縄戦のさなかでした。
映像:海口市長流鎮儒顕村 五源河にかかる石橋
テロップ:海口市長流鎮儒顕村
      五源河にかかる石橋
テロップ:1939年8月15日
      ここで 日本軍は
      多くの村人を射殺した
ナレーション:1939年2月から1945年8月までの6年半の間に、海南島で、日本軍と日本企業によっていのちを奪われた犠牲者の数も、名まえも、ほとんどが明らかになっていません。
 海南島各地で住民虐殺を命令した日本軍将校の名も、直接住民を虐殺した日本兵の名前も、隠されたままです。

Ⅵ、月塘村追悼碑 
影像:集会場前の大樹
テロップ:月塘村の榕樹
      樹齢300年あまり
影像:月塘村集会場→月塘の文字
テロップ:月塘村集会所
影像:2007年5月24日会議
テロップ:2007年5月24日
      月塘村集会場で
月塘村追悼碑建設についての話し合い
ナレーション:月塘村では、犠牲者を追悼する碑の建設が試みられてきましたが、これまで実現していませんでした。
 2007年5月24日、月塘村集会場で、追悼碑建立について話し合いがおこなわれました。
 犠牲者を追悼する碑を建立することと、日本政府に月塘村虐殺の事実を明らかにさせ、謝罪させ、賠償させ、責任者を処罰させることは、つながっています。
映像:月塘村の壁に貼られた「籌建月塘“三・廿一”惨案紀念碑公告」
映像:「籌建月塘“三・廿一”惨案紀念碑公告」 静止画面
ナレーション:2007年10月6日に、追悼碑建設委員会が結成され、追悼碑建設が公告されました。
映像:風水鑑定の様子
テロップ:追悼碑建立予定地の風水鑑定
ナレーション:2007年10月6日に、追悼碑建設予定地の風水の鑑定がおこなわれました。
影像:追悼碑建立予定地で話す村人たちと風水師
テロップ:追悼碑建立予定地で話す村人たちと風水師
映像:月塘村に貼り出された「1945年5月2日(農暦三月廿一日)日寇殺害月塘村民人数名単登記表」
映像:「1945年5月2日(農暦三月廿一日)日寇殺害月塘村民人数名単登記表」
    静止画面
映像:請衆郷親識真査閲 要事実求是 糾正補漏
ナレーション:2007年10月20日に、月塘村の数か所の壁に、1945年5月2日に日本軍に殺された村人の名簿が貼り出されました。
 追悼碑に刻む犠牲者の名前を最終的に村人に確認してもらうためです。
映像:「1939年―1944年 日軍殺害月塘村無辜村民調査登記」
ナレーション:1945年以前にも、20人の月塘村村民が、日本軍に殺されていました。
影像:雨の月塘
ナレーション:月塘村虐殺の日、午後、突然、空が曇り、雷が鳴り、雨が激しく降り始めたそうです。
 殺された多くの村人の血が、雨水とともに、この月塘に流れこんだといいます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 『海南島月塘村虐殺』新シナ... | トップ | 『海南島月塘村虐殺』新シナ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ドキュメンタリー『海南島月塘村虐殺』」カテゴリの最新記事