三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者の追悼碑を建立する会と紀州鉱山の真実を明らかにする会

三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者の追悼碑を建立する会と紀州鉱山の真実を明らかにする会

「日本が報復措置取れば「黙っているわけにはいかない」 韓国外相」

2019年06月26日 | 国民国家日本の侵略犯罪
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20190625002000882?section=news
「聯合ニュース」 2019.06.25 14:17
■日本が報復措置取れば「黙っているわけにはいかない」 韓国外相
【ソウル聯合ニュース】韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は25日、国会外交統一委員会の答弁で、韓国の大法院(最高裁)が日本企業に対し、日本による植民地時代に強制徴用された韓国人被害者への賠償を命じたことに関連して、「日本が報復措置を取れば、(韓国政府も)黙っているわけにはいかない」との考えを明らかにした。

【写真】国会外交統一委員会で答弁する康氏=25日、ソウル(聯合ニュース)

 韓国内にある日本企業の資産売却の強制執行が行われれば、日本の報復措置が懸念されるとした最大野党「自由韓国党」の兪奇濬(ユ・ギジュン)議員の質問に答えた。
 ただ、康氏は「状況の悪化が予想されるが、そのような状況が発生しないよう綿密に準備し、協議している」と述べた。
 康氏の答弁に対し、「日本と外交戦争をするということなのか。そのような答弁をしてもいいのか」と指摘する同党の鄭鎮碩(チョン・ジンソク)議員には「状況の悪化を防止しなければならないという脈絡で申し上げたものだ。日本の当局にもそのように話している」と述べた。


https://japanese.joins.com/article/819/254819.html?servcode=A00§code=A10
「中央日報日本語版」 2019年06月25日15時11分
■韓国外交長官「日本の報復性対応あれば黙っていない」
 韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官が25日、韓国最高裁の強制徴用賠償判決に関連し、「日本の報復性措置が出てくれば(わが政府も)それに黙っていることはできない」と述べた。
 康長官はこの日、国会で開かれた国会外交統一委員会全体会議に出席し、「日本製鉄が保有する浦項製鉄株の売却配当金が強制執行されれば日本の報復が憂慮される」という自由韓国党の兪奇濬(ユ・ギジュン)議員の質問に対し、このように答えた。
 続いて康長官は「状況の悪化が予想されるが、そのような状況が発生しないよう綿密に準備して協議している」と付け加えた。
 韓国党の鄭鎮碩(チョン・ジンソク)議員が「では、日本と外交戦争をするということか。そのように答えてもよいのか」というの質問に対し、康長官は「それだけ状況の悪化を防がなければならないという意味で話した。日本の当局にもそのように話している」と説明した。


https://www.jiji.com/jc/article?k=2019062500759&g=int
「時事ドットコムニュース」2019年06月25日14時23分
■韓国外相「報復には対応措置」=日本企業資産の現金化で
【ソウル時事】韓国最高裁が日本企業に元徴用工らへの賠償を命じた判決をめぐり、韓国の康京和外相は25日、原告側による日本企業の資産現金化に日本政府が報復措置を取った場合、「われわれも黙っているわけにはいかない」と述べ、対応措置を講じる考えを示した。国会外交統一委員会で答弁した。
【地球コラム】かみ合わぬ隣国~韓国の「人権攻勢」と「日本軽視」~
 康氏は「報復措置が打ち出されれば、われわれも対応せざるを得ず、状況がさらに悪化すると考えられる」と懸念を表明。「外交当局では、そのようなことが起きないよう、綿密に準備し、協議している」と語った
コメント   この記事についてブログを書く
« 「韓国VANK、旭日旗の実... | トップ | 「民主労総、委員長の逮捕に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

国民国家日本の侵略犯罪」カテゴリの最新記事