三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者の追悼碑を建立する会と紀州鉱山の真実を明らかにする会

三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者の追悼碑を建立する会と紀州鉱山の真実を明らかにする会

海南省民族学会と金山さんから

2010年02月12日 | 海南島近現代史研究会
 海南島近現代史研究会第5回研究集会が明後日(2月14日)に迫りました。
 海南省民族学会、および海南島に住む海南島近現代史研究会会員の金山さん(朝鮮族)からメッセージが寄せられました。

 
             
  值此海南岛近现代史研究会第五回定例研究会即将召开之际,海南省民族学会谨向贵会及全体会员表示衷心的祝贺和崇高的敬意。
  几年来贵研究会为究明日军侵琼真相付出了巨大的努力,取得了令人瞩目的成果,可喜可贺。
  以史为鉴、共创未来,是中日两国共同的责任和义务。
  海南岛近现代史研究会卓有成效的工作,对于还原历史真相,帮助更多的人、尤其是年轻人了解那段令人痛心的历史,具有非常重要的意义。
  在过去的两年多的时间里,海南省民族学会与贵研究会之间进行了有益的交流和初步的合作,王建成、金山、庞柯、龙凤等几位会员还专门前往日本大阪列席了贵研究会的全体会议。
  我们真诚地希望今后与贵研究会的交流能够开展得更广泛、更深入,并愿意为此作出努力。
  最后,衷心祝愿此次定例研究会取得圆满成功!
                                         海南省民族学会
                                          2010年2月11日


  欣闻海南岛近现代史研究会第五回定例研究会即将于2月14日在大阪召开,我谨向研究会及研究会的全体同仁表示衷心的祝贺。
  几年来,通过与佐藤先生、小谷先生、齐藤先生、金静美女士等的多次接触,通过赴日参加研究会的全体会议及浏览研究会的网页,我更深入地了解了研究会的活动内容和成果。
  对各位同仁卓有成效的工作,我感到无比的骄傲和自豪。作为研究会的一员,我愿意为研究会的工作投入更多的时间和精力,尽自己微薄之力协助各位同仁在中国开展调查工作。
  真诚地希望,目前正在商讨中的海南省民族学会与近现代史研究会的共同研究会,能够在今年夏天在海口顺利举行。
  期待着与各位同仁在海口相见。
  最后预祝大会圆满成功!祝各位同仁身体健康、万事如意!
                                         金山
                                          2010年2月11日
コメント   この記事についてブログを書く
« 海南民間抗戦研究会準備会から | トップ | 「記者の観た海南島」 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

海南島近現代史研究会」カテゴリの最新記事