三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者の追悼碑を建立する会と紀州鉱山の真実を明らかにする会

三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者の追悼碑を建立する会と紀州鉱山の真実を明らかにする会

「日帝初期の総督府本部、朝鮮人高官は3人だけ」

2021年09月23日 | 国民国家日本の侵略犯罪
http://japan.hani.co.kr/arti/culture/41163.html
2021-09-23 05:02
■「日帝初期の総督府本部、朝鮮人高官は3人だけ」
 行政学者アン・ヨンシク、パク・ジョンドゥ両名誉教授 
 『大韓帝国官吏、日帝植民地の官吏となる』

 『大韓帝国官吏、日帝植民地の官吏となる』(図書出版ポピョン)。行政学者の重鎮、アン・ヨンシク延世大学行政学科名誉教授(80)がパク・ジョンドゥ木浦大学行政学科名誉教授と共に出版した本だ。韓末の大韓帝国の官吏が1910年の庚戌国恥以降、日帝の植民地の官吏となっていった実態を分析した1本の論文に加え、朝鮮総督府の官吏に変身した大韓帝国官吏の名簿や昇進・異動状況などの複数の関連資料も載せた。
 アン教授は、自らが1990年代にまとめて発表した韓末と日帝下の韓国人官吏任免に関する資料集をもとに、この論文や名簿などを作成した。
 「日帝は植民地統治の中心機構に朝鮮人が接近することを許しませんでした。『植民地統治はすべて我々が行う』というのが日帝の植民地統治のやり方だったのです」。

【写真】『大韓帝国官吏、日帝植民地の官吏となる』の表紙=キム・ボンギュ先任記者//ハンギョレ新聞社

 今月16日に電話取材に応じたアン教授のこのような確信は、アン教授がまとめた統計から確認される。「韓末の韓国人官吏の43.7%に当たる2928人が、強制的に併呑された際に日帝の官吏になりました。これは総督府のすべての官吏(1913年3月現在)の35.5%にのぼります。しかし強制併呑の最初期に、植民統治の本山である総督府本部の配属となった韓国人官吏は19人にすぎませんでした。1913年まででは35人で、このうち高位職の高等官は3人にすぎません。一方、総督府本部の日本人は462人もいました。総督府本部の高等官だと韓国人3人対日本人90人でした」。
 アン教授は「総督府本部の3人の韓国人高等官のうち2人は70代の高齢で、気象観測を担当しており、通訳官を経て高等官になった残る1人は主に会計の仕事をしていました」とし「日帝は、韓国人には会計や庶務などの周辺の仕事だけを任せて、植民統治政策の決定には近づけないようにしていました」と強調した。「韓末の2人の官吏が総督府局長を務めましたが、2人とも学務局長でした。日本が韓国人に配慮した最上位の官職は、学校を担当する教育職だったのです」。アン教授は「大韓帝国の官吏のうち、日帝の植民地時代にずっと官吏と中枢院(総督府の諮問機関)の職を握っていた人は40人いますが、このうち36人は中枢院職」と付け加えた。
 アン教授は「今年中に、1961年の5・16クーデターから1967年の朴正煕(パク・チョンヒ)民選第1期政権終了までの間に、官僚の任免にどんな変動があったのかを調べた本を出す計画」と述べた。「高位職はすべて軍人が握っていました。今も生きている人が多く、本が出版されたらどんな反応を示すか心配でもあります。次は日帝から大韓民国政府に移行した官僚の変動について考察した本も出すつもりです。日帝時代に創氏改名した人が多く、同一人物を割り出すのが大変です」。
カン・ソンマン先任記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )
https://www.hani.co.kr/arti/culture/religion/1012378.html
韓国語原文入力:2021-09-22 18:31
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« スプーンが「自由」の新たな... | トップ | 「密猟ではなくアボカド…ケニ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

国民国家日本の侵略犯罪」カテゴリの最新記事