三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者の追悼碑を建立する会と紀州鉱山の真実を明らかにする会

三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者の追悼碑を建立する会と紀州鉱山の真実を明らかにする会

「日本の中国朝鮮族社会を代表する団体 初発足」

2019年11月08日 | 朝鮮史
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20191107001100882?section=news
「聯合ニュース」 2019.11.07 10:21
■日本の中国朝鮮族社会を代表する団体 初発足
【ソウル聯合ニュース】日本に暮らす約10万人の中国朝鮮族を束ねる団体「全日本中国朝鮮族連合会」が誕生した。在日朝鮮族団体発展推進委員会が7日、東京都内で発足式を開いたと伝えた。

【写真】日本で「全日本中国朝鮮族連合会」が発足した(同連合会提供)=(聯合ニュース)

 1980年代に中国から留学生として渡日して定着した朝鮮族は約10万人に上ると推計されている。これら朝鮮族社会全体を代表する団体は全日本中国朝鮮族連合会が初めて。同連合会には世界韓人貿易協会千葉支会や在日中国朝鮮族経営者協会、在日朝鮮族女性会、朝鮮族研究学会など、日本で活動する経済、教育、文化、スポーツ分野の朝鮮族の22団体が加入した。
コメント   この記事についてブログを書く
« 「難民申請者、外国人保護所... | トップ | 「全羅道山中の古墳から倭人... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

朝鮮史」カテゴリの最新記事