三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者の追悼碑を建立する会と紀州鉱山の真実を明らかにする会

三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者の追悼碑を建立する会と紀州鉱山の真実を明らかにする会

「「韓国売春観光」発言の日本の閣僚が靖国神社参拝」

2019年10月20日 | 国民国家日本の侵略犯罪
http://japan.hani.co.kr/arti/international/34678.html
「The Hankyoreh」 2019-10-18 07:13
■「韓国売春観光」発言の日本の閣僚が靖国神社参拝
 北方対策、領土問題担当相 
 閣僚として2年半ぶり

【写真】17日、日本の靖国神社に「内閣総理大臣 安倍晋三」と書かれた「真榊」が供えられている//ハンギョレ新聞社

 日本の現職閣僚が2年半ぶりに太平洋戦争のA級戦犯が合祀された靖国神社を参拝した。
 衛藤晟一沖縄・北方対策担当相は17日朝8時30分頃に東京の靖国神社を訪れ、参拝した。靖国神社ではこの日から秋の例大祭が始まっている。日本政府の閣僚が靖国神社を参拝したのは2017年4月の高市早苗総務相(当時)以来。
 衛藤沖縄・北方対策担当相は、今年8月に日本を訪問した韓国の国会議員らに「私は今年71歳だが、韓国には一度行ったことがある。かつて日本人は売春観光で韓国によく行ったが、そんなのが嫌で行っていなかった」と述べたと、当時参加していた韓国の議員たちが伝えた。先月入閣するまでは首相補佐官を務めていた安倍首相の側近だ。安倍首相は先月の内閣改造で、衛藤氏を含む右翼的性向の人物を大挙入閣させた。衛藤氏は参拝後、「国のために命を捧げた方々に慰霊のお参りをした」と述べた。
 靖国神社は、近代日本が起こした多くの戦争で亡くなった人々の英霊を祭る施設だ。第2次世界大戦当時には戦争で死亡した人たちの英霊のために祭祀を行い、さらに天皇の参拝という特別な待遇を与えることで、日本の軍国主義に大きな役割を果たした。靖国神社には現在、太平洋戦争のA級戦犯14人を含む246万6千人が合祀されている。実際に位牌と遺骨があるわけではなく、合祀者名簿がある。ここには軍人や軍属として動員され、命を落とした2万人あまりの朝鮮人も合祀されている。
 安倍首相は靖国神社に供え物の一種である「真榊」を送った。安倍首相は2013年12月に靖国神社を参拝して韓国や中国などの周辺国から激しい批判を受けた。それ以降、直接は参拝せず、日本では「終戦の日」と呼ばれる敗戦日と、春と秋の例大祭に供え物を送っている。

東京/チョ・ギウォン特派員 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )
http://www.hani.co.kr/arti/international/japan/913628.html
韓国語原文入力:2019-10-17 18:03


https://japanese.joins.com/JArticle/258715
「中央日報日本語版」 2019.10.19 11:59
■日本議員98人「靖国神社」集団参拝…昨年より27人増える
 日本の与野党国会議員98人が国際社会の非難世論にもかかわらずA級戦犯が合祀された靖国神社を集団参拝した。
 18日の産経新聞によると、超党派議員連盟「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」の所属議員98人はこの日午前、靖国神社の秋季例大祭に合わせて靖国神社を参拝した。昨年の秋季例大祭で集団参拝した議員数(71人)より27人も多い。この議員連盟は毎年、春季・秋季例大祭と敗戦日(8月15日)に靖国神社を参拝している。
 この日の参拝には高市早苗総務相も参加した。2017年から公式参拝を控えてきた安倍政権の閣僚が参拝を再開する姿だ。高市総務相は日本の侵略戦争を擁護する発言で論議を呼んだ人物だ。
 前日には衛藤晟一沖縄北方担当相が参拝した。日本の閣僚が靖国神社を参拝したのはおよそ2年半ぶり。安倍首相は靖国神社に供物を奉納した。国際社会の世論を意識して参拝は控えたという。
 安倍首相は2013年、靖国神社を参拝し、周辺国から激しい批判を受けた。それ以降は供物を奉納している。
 東京千代田区の靖国神社には太平洋戦争を起こした東条英機をはじめA級戦犯14人が合祀されている。日帝侵略戦争を「正義の戦争」として美化する帝国主義の象徴であり日本右翼の聖地だ。
コメント   この記事についてブログを書く
« 「豊渓里出身の脱北者の被ば... | トップ | 「関東大虐殺の犠牲朝鮮人を... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

国民国家日本の侵略犯罪」カテゴリの最新記事