三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者の追悼碑を建立する会と紀州鉱山の真実を明らかにする会

三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者の追悼碑を建立する会と紀州鉱山の真実を明らかにする会

日本が海南島を侵略するにいたった歴史的原因・状況を解明するための年表(抄) 5

2012年08月26日 | 海南島史研究

1945年1月4日~6月~ ルソン島戦(フィリピン人犠牲者110万人)
1945年1月 USA軍の海南島上陸を予想し、日本陸軍独立混成第23旅団、雷州半島から
             海南島に→5月に、海南島から広東方面に
1945年2月 日本海軍特攻部隊震洋隊、海南島に「配備」
1945年2月3日~3月3日 マニラ大虐殺(フィリピン人犠牲者10万人)
1945年2月19日~3月17日 硫黄島戦(日本側死者2万人余)
1945年3月2日 日本海軍、感恩県龍衛新村襲撃
1945年3月10日 東京大空襲
1945年3月12日 名古屋大空襲
1945年3月13日 大阪大空襲
1945年3月17日 神戸大空襲
1945年3月26日 アメリカ合州国軍、沖縄慶良間諸島の座間味島などに上陸。沖縄戦開
                    始以後、アメリカ合州国軍と日本軍によって沖縄人15万人が殺された
1945年4月1日 アメリカ合州国軍、沖縄本島中部西海岸に上陸
1945年4月2日 読谷村チビチリガマで「集団自決」(140人のうち83人)
1945年4月12日 佐世保第8特別陸戦隊の日本兵、楽会県互助郷(現、瓊海市九曲江郷)       の坡村、長仙村、三古村、南橋村、雅昌村、佳文村、鳳嶺村、吉嶺村、官園       村を襲撃(被殺者777人、幸存者337人)。幸存者曹靖さんが、犠牲者全員の       名前を記録 1945年4月20日 日本海軍、感城鎮長坡村襲撃
1945年4月27日 沖縄阿嘉島で日本軍、朝鮮人軍夫約10人虐殺
1945年4月30日 ヒトラー自殺
1945年5月2日(農暦3月21日) 佐世保鎮守府第8特別陸戦隊万寧守備隊の日本兵が万
                    寧市万城鎮月塘村を襲撃、住民を銃剣や銃で殺害。犠牲者190人
1945年5月7日 ドイツ無条件降伏
1945年5月22日 日本海軍、感恩県高園村襲撃
1945年5月29日 横浜大空襲
1945年6月13日頃 沖縄で日本海軍大田司令官自殺。6月22日頃、日本陸軍牛島司令官
                     自殺
1945年6月21日 沖縄真栄平村で日本軍、住民虐殺。「南北之塔」
1945年6月27日 沖縄久米島で日本軍、住民虐殺
1945年7 月30 日 海南警備府第15 警備隊舗前守備隊の日本兵が文昌市羅豆郷秀田村
                     を襲撃(被殺者140 人、幸存者56 人)。墓石に犠牲者全員の名
1945年8月6日、9日 アメリカ合州国政府・軍、広島、長崎に原爆投下(14万人、7万4千人
                     殺害)
1945年夏 日本海軍海南警備府第16警備隊の兵士ら、「朝鮮報国隊」の朝鮮人を虐殺
1945年8月14日 日本無条件降伏

1945年夏以後

1945年10月 中国陸軍粤桂南区統指揮部前進指揮所・中国杭州空軍第6区地区司令、海
         南島の日本軍施設接収
1945年12月 海南島韓国人民聯合会の金元植会長、元日本海軍特務部政務局長溝口大
               佐を射殺
1946年3月12日~19日 海南島南部楡林港から、日本への「帰還船」4回出港(第16警
               備隊・、横須賀鎮守府第4特別陸戦隊・佐世保鎮守府第8特別陸戦隊の兵士、
              「居留民」など1万4948人乗船)→大竹・田辺へ
1946年3月22日~24日 海南島北部秀英港から、日本への「帰還船」3回出港(第15警備 
        隊・舞鶴鎮守府第1特別陸戦隊の兵士、「居留民」など9401人乗船)→浦賀・
        田辺へ
1946年4月 海南島から、朝鮮への「帰還船」出港→釜山へ
1947年7月 楽会県互助郷坡村長仙三古南橋雅昌佳文風嶺吉嶺官園等村抗戦死難民衆
              公墓建設
1947年7月 元第15警備隊文昌中隊長兼石績、元文昌中隊長冨田堯人、元文昌中隊小
              隊長望月為吉、住民を虐殺したとして広東で処刑
1948年4月 海南鉄礦田独礦区の労働者、田独鉱山に「日冦時期受迫害死亡工友紀念      碑」建立 1948年6月 香港のオーストラリア軍法廷で、元海南警備府横須賀鎮守府第4特別陸戦隊      司令官と軍医長に絞首刑判決
1948年10月 元海南島第16警備隊司令官能美実、USA軍捕虜殺害で、横浜裁判で終身
    刑宣告
1950年5月 中国人民解放軍、海南島「解放」
                                                佐藤正人

コメント   この記事についてブログを書く
« 日本が海南島を侵略するにい... | トップ | 海南島文昌市文教鎭と龍楼鎮... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

海南島史研究」カテゴリの最新記事