三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者の追悼碑を建立する会と紀州鉱山の真実を明らかにする会

三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者の追悼碑を建立する会と紀州鉱山の真実を明らかにする会

「北朝鮮外務省「米国、アフガン戦人権犯罪必ず計算しなければ」」

2021年09月13日 | 国家・社会
https://japanese.joins.com/JArticle/282902?servcode=500&sectcode=500
「中央日報日本語版」 2021.09.13 10:02
■北朝鮮外務省「米国、アフガン戦人権犯罪必ず計算しなければ」
 北朝鮮外務省が米国のアフガニスタン戦争を「人権犯罪」として非難した。
 北朝鮮外務省は12日、ホームページに「米国が犯した人権犯罪は必ず計算されなければならない」と題する文を載せ、「米国が人権裁判官の被り物を着て世界随所で罪のない人民を殺戮した犯罪は必ず計算されなければならない」と主張した。
 外務省は「世界的に米軍が罪のないこの国(アフガン)の人民を相手に犯した大量殺戮蛮行を必ず計算し、犯罪者に峻厳な審判を下さなければならないという声が高まっている」とし、中国、日本、イランの当局者、または現地メディアの最近のアフガン関連言及を紹介した。
 その上で「アフガンで20年間敢行した米国主導の反テロの戦いが米軍のあわただしい逃走で幕を下ろした。米軍が行き着くすべての場所が人権不毛の地に変わったということを実証する」と付け加えた。
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 「日本の教科書、「従軍慰安... | トップ | 「14歳で旧日本軍に連行さ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

国家・社会」カテゴリの最新記事