三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者の追悼碑を建立する会と紀州鉱山の真実を明らかにする会

三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者の追悼碑を建立する会と紀州鉱山の真実を明らかにする会

「「ヤン・スンテ、罪を償え」…裁判取引の被害者ら、最高裁判所前で叫ぶ」

2019年01月14日 | 韓国で
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/32541.html
「The Hankyoreh」 2019-01-12 08:39
■「ヤン・スンテ、罪を償え」…裁判取引の被害者ら、最高裁判所前で叫ぶ
 市民団体約160人、最高裁と検察近くで集会 
 裁判所公務員ら「裁判所をこれ以上汚すな」 
 5分で終わった記者会見、取材陣のフォトラインは“無視”

【写真】ヤン・スンテ前最高裁長官が被疑者身分で検察に出頭した11日午前、ソウル市瑞草区のソウル中央地検前で市民団体の会員たちが記者会見を行い、ヤン前最高裁長官の即刻拘束を要求している=ペク・ソア記者//ハンギョレ新聞社

 「被疑者ヤン・スンテは検察のフォトラインに立て!」 ヤン・スンテ前最高裁長官が11日午前9時、最高裁前に姿を現わす前、全国公務員労働組合所属の裁判所公務員約50人は、ヤン前最高裁長官の最高裁判所への進入を阻止しようと最高裁の正門入口を封鎖した。彼を批判する横断幕も掲げた。裁判所の公務員たちは「ヤン前最高裁長官は最高裁長官の資格ではなく、検察の捜査を受ける被疑者の身分で来る。これ以上司法府を汚すな」と声を荒げた。この日の朝、最高裁判所とソウル中央地検のある地下鉄2号線の瑞草(ソチョ)駅周辺は、警察約1400人、取材陣と司法壟断の被害者数百人でごった返した。
 午前9時、ヤン前最高裁長官が黒いグレンジャーの車に乗って最高裁の正門前に到着すると、糾弾のスローガンはさらに大きくなった。「ここはあなたを保護してくれる最高裁判所ではない」などの叫び声があちこちで上がった。ヤン前最高裁長官は話す途中に何度も言葉を止め、唇をかみ締めて目を閉じたりもした。この場面を見ていたある判事は「エリート裁判官として生きてきて、自分の話を誰かにとめられる状況はおそらく初めてだったのだろう」と話した。
 ヤン前最高裁長官が最高裁判所前での記者会見を強行したことで、瑞草駅交差点一帯は深刻な交通混雑を起こした。準備した発言を終えたヤン前長官は、交通信号を統制した警察があらかじめ開けておいた道で1分もかからずに向かい側のソウル中央地検に到着したが、周辺道路には通勤途中の車が長蛇の列を作った。市民が利用するバス停も臨時停留場に場所を移した。
 出勤時間に最高裁の正門が封鎖され、現職のキム・ミョンス最高裁長官は、出勤を遅らせなければならなかった。午前9時50分に出勤したキム最高裁長官は記者らに対し、「国民の皆様にお詫び申し上げる。そのほかのことを申し上げるのは、今は適切でないようだ」と言葉を控えた。この日午前、新しい裁判所事務総長に就任したチョ・ジェヨン最高裁判事は、就任のあいさつで「(裁判所が)本当に痛烈な自己反省と省察をしたのか。個人の性向と裁判官の良心を混同したり、国民の人権保護のために与えられた裁判官の独立を特権と認識してもたれかかったことはないか」と問いかけ、「身は法壇の上にあっても、心は法壇の下に下がらなければならない」と強調した。

コ・ハンソル、チェ・ウリ、イ・ジュビン、チャン・イェジ記者
http://www.hani.co.kr/arti/society/society_general/878094.html
韓国語原文入力:2019-01-11 22:05


https://jp.yna.co.kr/view/AJP20190111003400882?section=news
「聯合ニュース」 2019.01.11 18:05
■前最高裁長官 徴用訴訟介入疑惑を中心に取り調べ=韓国検察
【ソウル聯合ニュース】韓国のソウル中央地検は11日、梁承泰(ヤン・スンテ)前大法院長(最高裁長官)を出頭させ、梁氏の在任時の司法府が日本による戦時中の強制徴用被害者の訴訟などを巡り当時の朴槿恵(パク・クネ)政権側と「取引」を行った疑惑について集中的に取り調べている。

【写真】検察に出頭する梁氏=11日、ソウル(聯合ニュース)

 前政権時代の青瓦台と政府高官が関与したとされるこの疑惑は、数十に上る容疑の中でも筆頭に挙げられる。
 検察は、日本による強制動員被害者が起こした民事訴訟の再上告審が受理された直後の2013年9月に外交部の立場を反映して裁判の方向性を示した裁判所の文書について報告を受けていたか、日本企業の賠償責任を認めた過去の大法院判決に対する外交部からの要望を別の経路から受けたかを調べている。
 林鍾憲(イム・ジョンホン)元法院行政処次長(起訴済み)と前大法官(最高裁判事)の車漢成(チャ・ハンソン)氏、朴炳大(パク・ビョンデ)氏など司法行政を担当する裁判官が青瓦台・外交部と裁判手続きについて議論した当時、どれだけ具体的に報告を受け、指示を下したのか、15年8月に朴前大統領と対面で徴用訴訟や上告裁判所の設置について議論したのかも取り調べの対象だ。
 検察は、梁氏が日本企業の弁護士に大法院長の執務室などで直接会い、裁判計画を教えたことが梁氏の職権乱用・公務上の秘密漏えい容疑を裏付けるとみている。

【写真】記者団の質問に答える梁氏(左)=11日、ソウル(聯合ニュース)

 梁氏はこの日の取り調べで、具体的な事実関係について「記憶にない」として容疑を事実上否認していると伝えられた。だが検察は梁氏が徴用訴訟手続きに直接介入した物証と関係者の供述を得ており、容疑の立証には問題がないと見通した。
 検察は徴用訴訟関連の取り調べを終え次第、司法行政に批判的な判事をリストアップしたとされる「判事ブラックリスト」疑惑について取り調べる方針だ


https://jp.yna.co.kr/view/AJP20190111000900882?section=news
「聯合ニュース」 2019.01.11 11:02
■前最高裁長官を検察が取り調べ 徴用訴訟巡る職権乱用などの疑い=韓国
【ソウル聯合ニュース】ソウル中央地検は11日午前、梁承泰(ヤン・スンテ)前大法院長(最高裁長官)を出頭させ、職権乱用権利行使妨害などの容疑で取り調べを開始した。梁氏の容疑は40程度に上るが、まずは同氏が大法院長在任中に、日本による戦時中の強制徴用被害者の訴訟に関し反憲法的な資料の作成を指示した疑いと、同訴訟を巡り朴槿恵(パク・クネ)前政権の青瓦台(大統領府)と「取引」をした疑いについて、事実関係の確認を進めている。

【写真】出頭に先立ち、大法院前で自身の立場を表明する梁氏=11日、ソウル(聯合ニュース)

 大法院長経験者が容疑者として取り調べを受けるのは初めて。出頭前、梁氏は「具体的な事実関係を覚えている通りに述べ、誤解があれば解けるよう、十分に説明する」と述べた。一方で、この日、大法院前では報道陣に「この事件にかかわった法官(裁判官)たちも各自の職務を遂行する上で、少なくとも法と良心に反することをしなかった」と主張した。
 梁氏から聴取すべき疑惑が数多いため、検察はさらに何回か出頭を求める必要があるとみている。早ければ12日にも再び出頭させる見通し。取り調べの結果を踏まえ、身柄の確保が必要か検討する。


http://japan.hani.co.kr/arti/politics/32482.html
「The Hankyoreh」 2019-01-05 07:44
■司法壟断の“主犯”ヤン・スンテ前最高裁長官、11日に被疑者として取り調べ受ける
 前職の最高裁長官に対する検察の取り調べは憲政史上初めて 
 強制労働事件めぐり戦犯企業側と接触し支援も 
 「裁判官ブラックリスト」の作成・実行した張本人

【写真】ヤン・スンテ前最高裁判所長官が昨年6月1日、京畿道城南にある自宅近くの公園で記者会見を行っている。彼は検察による調査に応じるかどうかを問う記者団に「その時になって判断する」と語った=城南/イ・ジョングン記者//ハンギョレ新聞社

 検察が4日、ヤン・スンテ前最高裁判所(大法院)長官(70)を11日に被疑者として召喚し、取り調べると発表した。司法府を率いた最高責任者が検察捜査を受けるのは史上初めてだ。ヤン前最高裁長官の容疑は、パク・ビョンデ、コ・ヨンハン元最高裁判事、イム・ジョンホン元裁判所事務総局ら主要被疑者の容疑が合わさって適用されたという。7カ月間の捜査で明らかになった裁判取引や裁判官への査察など、違法行為の大半がヤン前長官から始まっているということだ。これに先立ち、主要容疑者3人に対して逮捕状が請求されただけに、彼らの容疑の出発点であるヤン前最高裁長官に対しても、逮捕状が請求される可能性が高い。
 ソウル中央地検司法壟断捜査チーム(チーム長ハン・ドンフン3次長検事)は11日、「ヤン前最高裁長官を11日午前9時30分、被疑者として召喚し、取り調べる予定だ」と発表した。検察は同日、ヤン前最高裁長官の弁護人に召喚の日付と時間を伝えた。検察関係者は「一週間前に召喚の事実を知らせたので、その日に出席するものと期待している」と話した。ヤン前最高裁長官は出国が禁止されている状態だ。
 ヤン前最高裁長官は昨年11月、拘束起訴されたイム元次長の控訴状に約100回名前が言及されるなど、検察の捜査初期から司法壟断事態を触発した張本人に挙げられてきた。検察は「裁判所事務総局長だったパク・ビョンデ、コ・ヨンハン元裁判官が、イム・ジョンホン元事務総局次長の容疑を分離して適用されたとすれば、ヤン前最高裁長官はこのように分かれた容疑を総合して適用される」と説明した。特に「裁判所事務総局の業務時間に指揮体系に基づいて(犯罪が)行われた。責任を分かち合うピラミッド構造」だとし、「事務総局長だけが最高裁長官に報告する仕組みではない」と話した。「ヤン・スンテ→パク・ビョンデ→イム・ジョンホン」、「ヤン・スンテ→コ・ヨンハン→イム・ジョンホン」の指示・報告はもちろん、「ヤン・スンテ→イム・ジョンホン」に直接つながる違法行為も多いということだ。これに先立ち、裁判所は「共謀係関係の成立に疑問が持たれる」とし、パク・ビョンデ、コ・ヨンハン元最高裁判事の逮捕状を棄却した。検察が2人を飛び超えた「ヤン・スンテ→イム・ジョンホン」の指示・報告関係を具体的に言及したのは、ヤン前最高裁長官に対する逮捕状の請求を念頭に置いたものと見られている。
 検察は前職の最高裁長官という点を考慮し、「深夜の取り調べは行わない。通常の礼遇に沿って捜査する」としながらも、召喚調査が一度で終わらない可能性を示唆した。検察関係者は「2人の元最高裁判事も数回取り調べを受けた。ヤン前最高裁長官の場合、調査範囲が広すぎて一日で終わらせる分量ではない」と話した。
 昨年6月1日、ヤン前最高裁長官は京畿道城南市寿井区(スジョング)の自宅前で行った記者会見で、「裁判を駆け引きの対象にして方向を歪曲し、それで取り引きすることは考えられないことだ。決してそのようなことはしていない」と明らかにした。

キム・ヤンジン記者
http://www.hani.co.kr/arti/society/society_general/877018.html
韓国語原文入力:2019-01-04 21:02


https://japanese.joins.com/article/771/248771.html?servcode=400§code=400
「中央日報日本語版」 2019年01月04日13時22分
■韓国史上初となる前大法院長の召喚…裁判取り引き疑惑
 司法行政権乱用疑惑で検察の捜査を受けている梁承泰(ヤン・スンテ)前大法院長が今月11日、検察に出頭する。
 ソウル中央地検捜査チーム〔韓東勲(ハン・ドンフン)第3次長検事〕は11日午前9時30分、梁氏を職権乱用権利行使妨害などの容疑を持つ被疑者身分として召喚して取り調べる予定だと4日、明らかにした。前職大法院長が被疑者身分で検察の取り調べを受けるのは憲政史上初めてだ。
 梁氏は▼日帝強制動員被害者民事訴訟の「裁判取り引き」▼旧統合進歩党議員地位確認訴訟への介入▼憲法裁判所内部の情報流出▼裁判官査察▼秘密資金造成--など検察捜査によって大きくなったさまざまな疑惑などが持たれている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「日立造船に対する強制徴用... | トップ | 「前最高裁長官を再び取り調... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

韓国で」カテゴリの最新記事