三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者の追悼碑を建立する会と紀州鉱山の真実を明らかにする会

三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者の追悼碑を建立する会と紀州鉱山の真実を明らかにする会

「日本政府「兵員70人当たり慰安婦1人、醜業強要」の文書認める」

2019年12月19日 | 日本軍隊性奴隷
https://japanese.joins.com/JArticle/260713?servcode=A00§code=A10
「中央日報日本語版」 2019.12.19 12:04
■日本政府「兵員70人当たり慰安婦1人、醜業強要」の文書認める
 日本政府が慰安婦の「醜業強要」と「兵員70人当たり慰安婦1人」などの記述が盛り込まれた関連文書を認めた。
 日本共産党所属の紙智子参議院議員室は5日、「内閣官房副長官補室が新たに入手した『慰安婦』関係文書に関する質問主意書」という題名の質疑書を政府に提出した。質疑書には「内閣官房副長官補室が、2017年度と2018年度に入手した『慰安婦』関係文書は、どの政府機関から受領したものか、送付元の政府機関名を明らかにされたい。また、当該文書の所蔵先及び当該文書が収録されている簿冊名またはその行政文書ファイル名を明らかにされたい」などの質疑が盛り込まれた。
 このほかに該当文書に「醜業を強いられ」と「兵員70名に対し1名位の酌婦を要する」などの内容が盛り込まれているのか質疑した。
 これに対し日本政府は17日、安倍首相名義で答弁書を提出した。
 答弁書には慰安婦関連文書の入手経緯について、「『2017年度と2018年度に入手した「慰安婦」関係文書』については、外務省及び国立国会図書館から、いわゆる従軍慰安婦問題に関連する資料として、内閣官房に対して提出されたものである」と答弁した。
 続けて「御指摘の『2017年度に内閣官房副長官補室が入手した「慰安婦」関係文書』及び『2018年度に内閣官房副長官補室が入手した「慰安婦」関係文書』において、御指摘のような記述がされている。ただし、御指摘の記述と必ずしも完全に一致するものではない」と答えた。
 慰安婦関連文書「在中国の日本領事館の報告書」には「陸軍側は兵員70名に対し1名位の酌婦を要する意向」「軍用車に便乗南下したる特殊婦女」などの記述があった。「酌婦・特殊婦女」は別の報告書内で「娼妓と同様」「醜業を強いられ」と説明され、慰安婦を指している。


http://japan.hani.co.kr/arti/international/35176.html
「The Hankyoreh」 登録:2019-12-08 22:10 修正:2019-12-09 08:02
■「兵員70名に対し慰安婦1名必要」また日本政府の文書発見
 日本政府が慰安婦の募集・管理に直接関与を再確認

【写真】日本の軍当局が、兵員70名に対し慰安婦1名が必要と明らかにしたという日本の公文書記録/共同通信

 日帝強制占領期間(日本の植民地期)、日本の軍当局が兵士70名に対し慰安婦1名が必要だと要求したという日本の公文書記録が追加で確認されたと、共同通信が6日報道した。この内容は、駐中日本領事館が日本本土の外務省と連絡するために1938年に作成した機密文書に出ているもので、日本政府が慰安婦の募集と管理に直接関与していたことを裏付けている。
 報道によれば、1938年中国山東省の青島に駐在していた日本総領事の報告書に「海軍側は芸酌婦(芸妓+酌婦)合計150名位の増加を希望しており、陸軍側は兵員70名に対し1名位の酌婦を要する意向」と記されている。また、山東省濟南駐在総領事が、外相を受信者として作成した報告書には「皇軍が前進する場合を見通し、4月末までに少なくとも当地に5千の特殊婦女を集中して」と記述していたり、江蘇省徐州占領(1938年)後には「軍用車に便乗」した特殊婦女186人が南下したとの記録もあった。
 共同通信は、「『酌婦・特殊婦女』は別の報告書内で『娼妓と同様』『醜業を強いられ』と説明され、慰安婦を指している」と伝えた。日本政府は、1991年から各部署に残っている軍慰安婦関連公文書を調査しているが、今回の記録は2017~2018年に収集した23件の文書のうちの13件から出た。
 専門家たちは、日本軍と外務省が国家次元で慰安婦を戦場に送ったことを明確に示す根拠だと評価した。林博史・関東学院大学教授(現代史)は、「軍が主体的・計画的に女性を集めようとしたことを裏付ける内容」だとし、「領事館を通じて外務省に打診した」と解釈した。日本軍慰安婦問題研究をしている吉見義明・中央大学名誉教授は「慰安婦制度を軍が作り維持し運営したことが分かる証拠」として、「政府は『軍が主体的に実施した』という責任の所在を明確にし、改めて被害者に謝罪し、教育など再発防止措置を実施しなければならない」と明らかにした。

キム・ソヨン記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )
http://www.hani.co.kr/arti/politics/diplomacy/920008.html
韓国語原文入力:2019-12-08 16:02


https://this.kiji.is/575662572528616545?c=39546741839462401
「共同通信」 2019/12/6 21:44 12/7 07:36updated
■慰安婦「兵70人に1人」と記述
 外務省文書、軍関与を補強

「陸軍側は兵員70名に対し1名位の酌婦を要する意向」との記述がある青島総領事の報告書
 旧日本軍の従軍慰安婦問題を巡り、関連する公文書の収集を続ける内閣官房が2017、18年度、新たに計23件を集めたことが6日、分かった。うち、在中国の日本領事館の報告書には「陸軍側は兵員70名に対し1名位の酌婦を要する意向」「軍用車に便乗南下したる特殊婦女」などの記述があった。「酌婦・特殊婦女」は別の報告書内で「娼妓と同様」「醜業を強いられ」と説明され、慰安婦を指している。専門家は「軍と外務省が国家ぐるみで慰安婦を送り込んでいたことがはっきり分かる」と指摘する。
 1993年の河野洋平官房長官談話が認定した「軍の関与」を補強する資料と位置付けられそうだ。


http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/35186.html
「The Hankyoreh」 2019-12-09 07:46
■[社説]また確認された「慰安婦機密文書」。安倍氏は恥を知るべき

【写真】太平洋戦争中の1938年に在青島日本総領事館が外務省に報告した慰安婦関連の機密文書。陸軍側は兵士70人に対して1人程度の酌婦を求めている意向という内容が記されている/共同通信・聯合ニュース

 太平洋戦争当時、日本政府と日本軍が慰安婦制度に組織的に関与した事実を後押しする日本の公文書が公開された。共同通信は、1938年に在中の日本領事館が外務省に軍当局が慰安婦の必要性とその需要を明らかにした内容を報告する機密文書を確認したと報道した。当時、青島(チンタオ)の日本総領事は報告書に「海軍側は酌婦150人程度増加を希望しおり陸軍側は兵士70人に対して1人程度を要する意向」と記されている。他の地域の総領事は「皇軍が転進する場合を見通して4月末までに少なくとも5千人の特殊婦女を集中」「軍用車に便乗した特殊婦女186人南下」などと報告している。
 日本の内閣官房が2017と2018年に新しく収集した慰安婦関連文書23件の中の13件から見つかった内容で、慰安婦の強制動員を否認してきた日本の安倍首相の主張と真っ向から対立するものだ。日本は明白な歴史的事実をこれ以上否定せずに、犯罪行為を反省して謝罪するのが当然である。
 日本は1993年に当時の河野洋平・官房長官の談話を通じて「慰安所は軍当局の要請により設置・運営されたものであり、慰安婦の移送に旧日本軍が関与した」と認めた。しかし安倍政権は「慰安婦募集に強制性はなかった」として政府と軍の介入を全面否定している。自虐的な歴史観から抜け出して堂々とした歴史を教えるという名分なのだが、実際には歪曲にすぎない。
 慰安婦だった被害高齢女性の勇気ある証言で日本の破廉恥な戦争犯罪はすでに明るみになっている。国際社会も野蛮な慰安婦制度を口をそろえて糾弾している。安倍政権はこれ以上醜悪な犯罪を隠そうとしてはならない。
 ドイツのメルケル首相は6日、ナチスドイツが第二次世界大戦当時ユダヤ人らを虐殺したポーランドのアウシュビッツ収容所を訪れて過去の歴史を痛烈に反省した。メルケル首相は「ドイツ人が犯した野蛮な犯罪の前で心の底から恥ずかしさを感じる」として「犯罪に対する記憶は私たちの終わりなき責任だ。責任を認識するのは国家のアイデンティティの一部だ」と力説した。
 安倍首相もメルケル首相のように犯罪行為を恥ずかしく考え、慰安婦被害者に誠意を込めた謝罪をせねばならない。河野談話を事実上否定して、少女(元慰安婦)像撤去の圧力をかけ、関連の展示を止めさせることでは歴史の真実を解明することはできないことを肝に銘じるべきだろう。

(お問い合わせ japan@hani.co.kr )
http://www.hani.co.kr/arti/opinion/editorial/920050.html
韓国語原文入力:2019/12/08 18:57
コメント   この記事についてブログを書く
« 「ソウル・南山の慰安婦被害... | トップ | 「彼らを地獄へ送る手助けを... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日本軍隊性奴隷」カテゴリの最新記事