三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者の追悼碑を建立する会と紀州鉱山の真実を明らかにする会

三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者の追悼碑を建立する会と紀州鉱山の真実を明らかにする会

「北朝鮮朝鮮人強制連行被害者・遺族協会「日本、朝鮮人大虐殺に対して謝罪・賠償を」」

2021年09月02日 | 国民国家日本の侵略犯罪
https://japanese.joins.com/JArticle/282522?servcode=A00&sectcode=A40
「中央日報日本語版」 2021.09.02 11:12
■北朝鮮朝鮮人強制連行被害者・遺族協会「日本、朝鮮人大虐殺に対して謝罪・賠償を」
 北朝鮮朝鮮人強制連行被害者・遺族協会は2日、報道官の談話を通じて「日本当局は血で汚された過去の歴史を正当化することも葬ってしまうことも絶対にできないということを肝に銘じて、朝鮮人大虐殺蛮行に対する真相を明らかにし、徹底的に謝罪・賠償しなければならない」と明らかにした。
 続いて「在日朝鮮人大虐殺は日帝こそが人間の憎悪と民族排他主義が骨の髄まで染み込んだ殺人鬼、血を楽しむ吸血鬼であり、人を捕まえることを道楽とする殺人悪魔、朝鮮人民の徹天之怨讐(不倶戴天の敵)であることを見せている」と非難した。
 協会は「かえって彼らの過去の犯罪を否定、隠蔽に汲々とし、反共和国謀略宣伝によって日本社会に極端な朝鮮民族排他主義を鼓吹している」とし「当時虐殺された朝鮮人犠牲者に対する追悼会を邪魔していることはおろか、追悼費までなくそうとさまざまな悪どい行為を尽くしている」と日本政府を非難した。
 協会は「日本当局と右翼反動の無分別な妄動に沸き上がる激怒を禁じ得ず、これを過去被害者と遺族全体の名によって峻烈に断罪糾弾する」と伝えた。


https://jp.yna.co.kr/view/AJP20210902000200882?section=news
「聯合ニュース」 2021.09.02 08:33
■関東大震災から98年 真相究明と賠償求める=北朝鮮
【ソウル聯合ニュース】1923年の関東大震災の発生から98年となった1日、北朝鮮の「朝鮮人強制連行被害者・遺族協会」は「日本当局はこの事件の真相を明らかにしておらず、罪の意識も責任も感じていない」として、震災時の朝鮮人虐殺などに関する真相究明と謝罪、賠償を求める談話を出した。朝鮮中央通信が2日、伝えた。

【写真】東京都内の横網町公園にある朝鮮人追悼碑(資料写真)=(聯合ニュース)

 談話は「過去の犯罪を否定・隠蔽(いんぺい)することにきゅうきゅうとし、反共和国謀略宣伝により日本社会で極端な朝鮮民族排他主義を高めている」と非難。「朝鮮人大虐殺に対する謝罪と反省どころか、歴史歪曲(わいきょく)と時代錯誤的な反共和国策動に狂奔している日本当局と右翼の無分別な妄動に激憤を禁じ得ず、被害者と遺族の名で厳しく糾弾する」と述べた。
 また、「関東大地震の際に敢行された日帝(日本)の蛮行を絶対忘れず、必ず千百倍の代価を支払わせる」と強調した。
 1923年9月1日に関東地域で発生した大震災では10万人以上の死者・行方不明者が出た。震災の混乱の中、「朝鮮人が井戸に毒を入れ、略奪している」などのデマが流れ、日本人が多くの朝鮮人を集団で殺害した。


https://jp.yna.co.kr/view/AJP20210901004700882?section=news
「聯合ニュース」 2021.09.01 18:08
■関東大震災から98年 韓日団体が朝鮮人虐殺の真相究明求める声明

【ソウル聯合ニュース】1923年の関東大震災から98年となる1日、震災時に起きた朝鮮人虐殺事件の犠牲者を追悼する行事が韓国中部・忠清南道天安市の「記憶と平和のための1923歴史館」で開かれ、1923韓日在日市民連帯をはじめとする両国の各市民団体が韓日両政府に同事件の真相究明や被害者の名誉回復などを要請する声明を発表した。

【写真】忠清南道天安市の「記憶と平和のための1923歴史館」で開かれた朝鮮人虐殺事件の犠牲者を追悼する行事で声明文を発表する市民団体関係者(1923韓日在日市民連帯提供)=(聯合ニュース)

 1923年9月1日に関東地域で発生した大震災では10万人以上の死者・行方不明者が出た。震災の混乱の中、「朝鮮人が井戸に毒を入れ、略奪している」などのデマが流れ、日本人が多くの朝鮮人を集団で殺害した。
 各団体は声明書で日本政府に対し、朝鮮人虐殺事件の責任を認めて謝罪するよう求め、韓国政府に対しては事件の真相究明、被害者の名誉回復、同事件に関する特別法の制定などを要請した。
 同声明には韓日両国の市民団体、大学、研究所、宗教界などから約200人が参加した。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする