三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者の追悼碑を建立する会と紀州鉱山の真実を明らかにする会

三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者の追悼碑を建立する会と紀州鉱山の真実を明らかにする会

「釜山日本総領事館で東京五輪に反対する韓国大学生」

2021年06月06日 | 国民国家日本の侵略犯罪
https://japanese.joins.com/JArticle/279288?servcode=A00&sectcode=A10
「中央日報日本語版」 2021.06.04 09:19
■【写真】釜山日本総領事館で東京五輪に反対する韓国大学生

【写真】東京オリンピック(五輪)に反対する韓国の大学生。[写真 ニューシス]

 韓国大学生進歩連合の所属メンバーが3日午前、釜山東区(プサン・トング)にある日本総領事館前で、出勤する領事車両を遮って奇襲デモを行っている。彼らは「独島(トクド、日本名・竹島)が日本の領土だという東京オリンピック(五輪)と日本政府を強力糾弾する」と明らかにした。


https://japanese.joins.com/JArticle/279242?servcode=A00&sectcode=A10
「中央日報日本語版」2021.06.03 10:24
■韓国大学生団体、日本大使館に続き独立門前で旭日旗を燃やす
 今月1日、在韓日本大使館前で旭日旗を燃やした大学生団体のメンバーが、その翌日、ソウル独立門(トンニムムン)前で同じ形のデモを行った。
 2日、警察によると、韓国大学生進歩連合のメンバーは、この日午後、ソウル西大門区(ソデムング)の独立門前で「独島(トクド、日本名・竹島)が日本の領土という東京オリンピック(五輪)と日本政府を強力に糾弾する」と書かれた旭日旗に引火物質をまいて火をつけて燃やした後、現場から去った。
 警察関係者は「数人が集まって旭日旗を燃やすなどの行動は未申告集会に該当する」とし「法理などを検討したい」と話した。
 同団体は前日、鍾路区(チョンノグ)在韓日本大使館付近で同じ形の旭日旗焼却デモを行ったことがある。当時、大使館周辺に配置された警察が参加者3人を集会およびデモに関する法律に違反したとして現行犯逮捕した。


https://japanese.joins.com/JArticle/279191
中央日報日本語版 2021.06.02 10:20
■【写真】旭日旗を燃やす韓国大学生

【写真】旭日旗を燃やす韓国大学生[写真 ニューシス]

 1日、ソウル鍾路区(チョンノグ)日本大使館の前で座り込み中だった韓国大学生進歩連合の会員たちが旭日旗を燃やすパフォーマンスを行った。


https://japanese.joins.com/JArticle/279136?servcode=A00&sectcode=A10
「中央日報日本語版」 2021.06.01 09:18
■日本、五輪ゴルフ代表ユニホームに旭日旗模様…「日が昇る国をイメージ」
 日本が東京オリンピック(五輪)に出場するゴルフ代表チームのユニホームを公開し、「日が昇る国を表すイメージを使用した」と発表した。日本の軍国主義を象徴する旗の旭日旗は広がる太陽光を形象化したものだ。
 NHKは先月31日、「東京オリンピックでゴルフの日本代表選手が着用するユニホームが発表された」とし「海や桜といった日本の自然をイメージした」と伝えた。
 問題は次の説明だ。放送は「日本代表のユニフォームは5種類で、いずれも日の昇る国を表す斜めのラインが入っている」とし「日の丸の赤や白、それに海や桜といった日本の自然をイメージした青やピンクが採用された」と明らかにした。
 旭日旗は日本が第2次世界大戦当時に使用した軍旗で、赤い太陽の周りに広がる光線を形象化している。「旭日旗」という名称自体が日が昇る形の日本国旗という意味だ。英語でも「日が昇る国旗」という意味の「Rising Sun Flag」と呼ばれる。
 軍国主義と帝国主義を象徴する旗としてドイツ・ナチスの象徴ハーケンクロイツの使用が厳格に禁止されるのと比較し、日本はスポーツ行事によく旭日旗を使用して論議を呼んでいる。
 これに先立ち東京オリンピック組織委員会は公式サイトに独島(ドクト、日本名・竹島)を自国の領土として表示する地図を載せた。加藤勝信官房長官は「竹島は明らかにわが国固有の 領土であり、韓国側の主張は全く受け入れられない」と述べた。
 こうした状況で旭日旗を連想させる「日が昇る国」を表すデザインを代表チームのユニホームに使用したと公式発表し、批判の声はさらに強まると予想される。


https://japanese.joins.com/JArticle/259240?servcode=600&sectcode=670
「中央日報日本語版」 2019.11.04 16:03
■米教授「旭日旗への不満は韓国だけでない、IOCが東京五輪での使用禁止を」

【写真】アレクシス・ダデン米コネチカット大史学科教授 [大学ホームページ キャプチャー]

 韓日間の歴史を研究してきた米国教授が、来年の東京オリンピック(五輪)での旭日旗使用を国際オリンピック委員会(IOC)が必ず禁止すべきだとし、英日刊紙ガーディアンに寄稿した。この教授はIOC委員に対し、旭日旗が今日の日本で失敗した戦争努力に対する栄光を再演する用途で使用されている点に注目すべきだと促した。旭日旗に不満を抱く国は韓国だけでないため、東京五輪に対する懸念とボイコット要求が中国・シンガポール・フィリピン・ミャンマーなどに広がる前にIOCが歴史から学ぶべきだとも強調した。
 アレクシス・ダデン米コネチカット大歴史学科教授は1日(現地時間)、ガーディアンに「恐怖の歴史を帯びた日本の旭日旗は東京五輪で必ず禁止されるべき」と題したコラムを寄稿した。ダデン教授は「2028年ロサンゼルス五輪の開会式で観客が『南部連合旗』(American Confederate flag)を振る姿を想像してほしい。もし日本国民が旭日旗を掲げるなら、来年夏の東京五輪では心に傷を負う場面が現実になるかもしれない」という文章で始めた。南部連合旗は米国南部の遺産を象徴するが、白人優越主義者がデモで掲げて行進し、人種差別と極右の象徴として受け止められている。
 ダデン教授は「旭日旗が企業の広告に時々使われるが、厳密に言えば戦犯旗であり、1870年から第2次世界大戦の終戦まで使用された日本帝国主義旗」と規定した。また、韓国が五輪での旭日旗使用の禁止を要請したことに対して日本側が「政治的表現とは考えていない」として拒否するのは不当だと指摘した。ダデン教授は「IOCは旭日旗の使用を禁止する権限を持っている」とし「IOC委員は旭日旗の歴史とともに今日の日本で旭日旗がどのように特定の政治的表現として使用されているかに注目する必要がある」と注文した。
 ダデン教授は「IOCは東京五輪に対する懸念とボイコット要求が中国、シンガポール、フィリピン、ミャンマーに広がる前に気づくべき」とし「これらの国でも数百万人が旭日旗の象徴の下で似た暴力を経験した」と説明した。
 米国の責任論もダデン教授は提起した。「韓国と日本の戦争歴史を『両国間で解決』すべきだと主張してきたが、米国が1945年以降多くの問題をまともに扱わず分裂を永続化させている」という主張だ。ダデン教授は「日本は韓国人の苦痛を一蹴するように連合軍の戦争捕虜も無視する」とし「少数の個人的な謝罪はあったが、韓国・米国・中国・フィリピン・豪州・英国軍人のうち奴隷になったり投獄された人のうち誰も賠償を受けることができなかった」と伝えた。にもかかわらず日本政府が戦時行為に関する公開的な議論を回避し、法的な責任問題だけを扱ってきたと指摘した。
 ダデン教授は「多くの日本の学者と市民が歴史を否定しようとする日本政府に抵抗してきたが、その努力は旭日旗の下で起きたことを確実に説明している」とし「残虐な行為に耐えてまだ生存している人たちが少なく、東京五輪の競技場を訪ねて旭日旗が象徴するものを説明するのは難しい。代わりにIOCが必ず歴史から学ばなければならない」と主張した。


https://japanese.joins.com/JArticle/278170?servcode=A00&sectcode=A10
「中央日報日本語版」 2021.04.29 09:53
■徐ギョン徳教授、旭日旗模様のジャケットを着たジャスティン・ビーバーに抗議…「謝罪しろ」

【写真】東京五輪旭日旗追放SNSキャンペーン[写真 徐ギョン徳教授フェイスブック]

 韓国誠信(ソンシン)女子大学の徐ギョン徳(ソ・ギョンドク)教授は、日本の放送番組で旭日旗模様のキルティングジャケットを着て歌った米ポップスターのジャスティン・ビーバーに抗議メールを送ったと明らかにした。
 ジャスティン・ビーバーは今月9日、テレビ朝日の音楽番組『ミュージックステーション』で旭日旗模様を連想させるジャケットを着て出演し、新曲『Anyone』を披露した。
 ジャスティン・ビーバーが着用したキルティングジャケットは、正面左に配置された朱色の半円を中心にオレンジ・ピンク・ブルーが右上に向かってグラデーションが広がるところに半円からグレーの緩やかな曲線が不規則に出ているような形でデザインされている。

当時、日本のある極右志向のメディアは「旭日旗を大日本帝国主義侵略を象徴すると主張するのは韓国人だけだ」としながらビーバー氏を擁護して論争をあおった。
 29日、徐教授はインスタグラムに「ジャスティン・ビーバーのソーシャルネットワークサービス(SNS)アカウントと所属事務所に『旭日旗はドイツのハーケンクロイツと同じ意味の戦犯旗だ。旭日旗の正確な歴史的意味を知り、再びこういう行為をしないでほしい』と要請した」と説明した。
 続いて「アジアのファンに心から謝るよう忠告もした」と付け加えた。
 ビーバー氏は2014年にも太平洋戦争A級戦犯が合祀された靖国神社を参拝した写真を掲載して大きな問題になると謝罪のコメントを出したことがある。
 徐教授は「世界的なセレブが旭日旗模様の使用や靖国神社の参拝などを行えば、日本ではこれを口実に『正当性』を主張するのは明らかなので、必ず正さなければならなかった」と伝えた。


https://japanese.joins.com/JArticle/278176?servcode=A00&sectcode=A10
「中央日報日本語版」 2021.04.29 10:00
【写真】旭日旗模様のキルティングジャケットを着たジャスティン・ビーバー(左)と2014年靖国神社参拝の様子。[写真 徐ギョン徳教授 インスタグラム キャプチャー]
コメント