三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者の追悼碑を建立する会と紀州鉱山の真実を明らかにする会

三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者の追悼碑を建立する会と紀州鉱山の真実を明らかにする会

「国連人権報告者「北朝鮮の韓国公務員殺害は国際法違反…韓国は越北の証拠提示を」」

2020年10月09日 | 北部朝鮮
https://japanese.joins.com/JArticle/271018?servcode=500&sectcode=510
「中央日報日本語版」 2020.10.09 12:00
■国連人権報告者「北朝鮮の韓国公務員殺害は国際法違反…韓国は越北の証拠提示を」
 国連のトマス・オヘア・キンタナ北朝鮮人権状況特別報告者が、9月に西海(ソヘ、黄海)で発生した韓国海洋水産部公務員イさん(47)射殺事件は北朝鮮の国際人権法違反だと述べ、国連レベルの調査をするかどうか検討すると明らかにした。
 韓国の東亜日報によると、キンタナ報告者は7日(現地時間)の電話インタビューで、イさんの遺族が国連レベルの公式調査を要求したことに関連し、「国連の調査を求めるイさんの遺族の書信を受けた。調査するかどうかを近く検討する」と話した。
 イさんの兄は6日、ソウル国連人権事務所を訪問し、キンタナ報告者あてに国連レベルの公式調査を求める要請書を伝えた
 キンタナ報告者は「北朝鮮政府が出した声明といくつかの事実関係をみると、これは国際人権法違反事項とみられる。この点を北朝鮮政府は認めるべき」と人権法違反の可能性を繰り返し強調し、「北朝鮮当局も遺憾表明をしただけで、まともに謝罪していない」と批判した。韓国政府に対しては「この事件を『越北』と主張するにはその証拠を提示する必要がある」と注文した。
 キンタナ報告者は国連で北朝鮮人権問題を担当する最高位級で、人権侵害に関するイシューが発生するたびに韓国・北朝鮮当局に真相調査などを強く訴えてきた。国連の北朝鮮人権状況特別報告者は北朝鮮人権状況を調査・研究し、国連総会と人権理事会に報告する任務を遂行する。


https://japanese.joins.com/JArticle/271015?servcode=500&sectcode=510
「中央日報日本語版」2020.10.09 10:22
■韓国合同参謀議長「北の遺体焼却と推定される光の映像ある」
 8日、韓国合同参謀本部と海洋警察庁などに対する国政監査では、西海(ソヘ、黄海)上で北朝鮮軍に射殺された海洋水産部の公務員イさん(47)が「越北」したと発表した政府の判断に対する野党の質問が続いた。与党・共に民主党と軍・海警は行方不明当時(9月21日)の潮流などを根拠に「人為的な努力」による越北の可能性を強調した一方、野党・国民の力は疑惑を提起した。
 農林畜産食品海洋水産委員会の権性東(クォン・ソンドン)国民の力議員は、韓国海洋科学技術院のシミュレーションに基づきイさんが海流の影響を受けて北方限界線(NLL)北側に漂流した可能性を指摘した。権議員は「21日午前2時に行方不明になったというのは推定にすぎない」とし「時間が経過するほど人為的な努力なく北側に漂流する海流を表している」と主張した。
 金洪熙(キム・ホンヒ)海警庁長は「越北」判断に関する質問に対し「捜査中」「国防部の資料を参考にした」という返答ばかり繰り返すと、野党議員らから「誠実に答えろ」「ふざけているのか」という声を浴びた。また公務員の越北を推定する根拠としてイさんが携帯電話の電源を人為的に消したという趣旨の発言をした後「誤解があった」と言葉を変えた。
 国防委の国政監査で李チェ益(イ・チェイク)国民の力議員は「海警と軍が行方不明の初期から北西側漂流の予測結果に基づき小延坪島(ソヨンピョンド)北西側に捜索区域を拡大していれば、イさんが北側の海域に流される前に発見されていたかもしれない」と主張した。
 元仁哲(ウォン・インチョル)合同参謀議長は、河泰慶(ハ・テギョン)国民の力議員が「軍の諜報に越北という言葉があったのか」と尋ねると、「そのように我々が判断できる状況があった。ある言葉があった」と答えた。しかし「(越北に関する)犠牲者の肉声はなかった」と話した。北朝鮮軍がイさんの遺体を焼却したと推定される「光の観測」事実も公開された。元仁哲合同参謀議長は「遺体焼却映像ではなく光を観測した映像だが、映像ではなく写真を見た」と話した。これに先立ち国防部は先月、「射殺の場面と火で毀損される場面を軍が写真で確保した」という報道に対し、「事実無根だ。見えない遠距離海域で起きた状況をさまざまな諜報で精密分析して再構成している」という慎重な態度を見せた。元仁哲議長はこの日、「軍の諜報に遺体という言葉があったのか」という河議員の質問に対し、「状況上理解できる言葉があったが、具体的にその言葉はなかった」と答えた。
この日、民主党議員は野党の疑惑提起を遮断した。洪永杓(ホン・ヨンピョ)議員は「野党やメディア、一部の国民は『越北でない』という前提で話を続けているが、それなら軍が越北と判断した根拠となるSI(Special Intelligence、盗聴などで得た特別取扱諜報)をすべて出せということか」とし「いくら国会で話しても『これはだめだ』と言うべきであり(質問にすべて答える)合同参謀本部に問題がある」と指摘した。
 民主党の禹相虎(ウ・サンホ)議員はTBSラジオ番組「キム・オジュンのニュース工場」で、「その方が流されたり、あるいは北に行ったり、そこで殺害されたのが、なぜ政権の責任なのか」と発言し、論議を呼んだ。これに対し陳重権(チン・ジュングォン)元東洋大教授はフェイスブックに「米国のトルーマン大統領は『責任は俺が取る(The buck stops here)』という文字を机の上に置いた。セウォル号惨事当時に民主党の人たちがよく引用したエピソードだと記憶している」とし「『流されても北に行っても殺害されたのは我々の責任だ』と言うべきだ」と批判した。


https://www.donga.com/jp/home/article/all/20201009/2205450/1/%E5%8C%97%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E9%9F%93%E5%9B%BD%E5%85%AC%E5%8B%99%E5%93%A1%E5%B0%84%E6%AE%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6%E3%80%81%E5%9B%BD%E9%80%A3%E5%A0%B1%E5%91%8A%E5%AE%98%E3%80%8C%E4%BA%BA%E6%A8%A9%E6%B3%95%E9%81%95%E5%8F%8D%E3%80%8D
「東亞日報」 October. 09, 2020 09:00,   
■北朝鮮による韓国公務員射殺事件、国連報告官「人権法違反」
 先月、西海(ソヘ・黄海)で発生した北朝鮮軍による海洋水産部公務員イさん(47)射殺事件は国際人権法違反であり、遺族は事件の真実を知る権利があると、トマス・オヘア・キンタナ国連北朝鮮人権状況特別報告者が明らかにした。イさんの遺族が国連に調査を要請したことを受け、国連の北朝鮮人権関連トップの責任者が前向きに応え、今回の事件が国際問題に浮上するものと予想される。
 キンタナ氏は7日(現地時間)、東亜(トンア)新聞の電話取材に対して、「国連の調査を要請するイさんの遺族の書信を受け、調査するかどうか近く検討する」とし、このように話した。キンタナ氏は、国連で北朝鮮人権問題を担当するトップで、人権侵害関連の問題が起こった場合、韓国や北朝鮮当局に真相調査などを強く迫ってきた。イさんの遺族は6日、ソウル国連人権事務所を訪れ、キンタナ氏宛てに国連の公式調査を求める要請書を伝えた。
 キンタナ氏は、「北朝鮮政府が出した声明といくつかの事実関係をみると、これは国際人権法違反事項と思われる」とし、「この点を北朝鮮政府は早く認めなければならない」と主張した。キンタナ氏はインタビュー中、何度も北朝鮮の人権法違反の可能性を強調した。
 キンタナ氏は、イさんが越北したかどうかも重要な問題との見方を示し、「これが自ら意図した越北なのかそうでないかは射殺当時の状況を把握するのに必要だ」と述べた。「北朝鮮はなぜこの人を殺したのか理由を言っていない」とし、「その理由が調査の核心部分になるだろう」と強調した。
 韓国政府に対しては、「この事件が越北だと主張するなら、証拠を提示しなければならない」とし、「なぜなら、まだ遺族たちは政府の説明を受け入れていないためだ」と述べた。また、「被害者の家族には何があったのか真実を知る権利がある」とし、「北朝鮮当局も遺憾を表明しただけでちゃんとした謝罪をしていない」と指摘した。
 北朝鮮専門家たちの間では、今後の国連調査を通じて北朝鮮の責任が明らかになれば、2017年に北朝鮮に拘束され、帰国後に死亡した米国人大学生オットー・ワームビア氏の事件のように国際的に公論化されるとみられる。
          兪載東 jarrett@donga.com


https://japanese.joins.com/List/EntList
「中央日報日本語版」 2020.10.08 14:38
■北射殺の韓国公務員「越北」論争…「海流で北上した可能性も」
 北朝鮮軍に射殺された韓国の公務員が自ら「越北」したかどうかをめぐり論争が続いている中、救命胴衣着用者が海流だけで北方限界線(NLL)北側まで漂流する可能性があるというシミュレーション結果が提示された。8日に国会で行われた農林畜産食品海洋水産委員会の国政監査でだ。
 野党・国民の力の権性東(クォン・ソンドン)議員が海洋水産部傘下の韓国海洋科学技術院に依頼したシミュレーションの結果によると、公務員イさん(47)の行方不明時点を海洋警察が推定する9月21日午前2時以降に設定する場合、海流だけで北朝鮮の浜辺まで到達する可能性が高いことが分かった。
 権議員は「イさんが行方不明になった海域で午前4時以降に海流に流されたとすれば、人為的な努力なく北の登山串(トゥンサンゴッ)まで到達する可能性があるという結果が出ている」とし「漂流し始めた時刻を2時ごろに設定しても、行方不明公務員の到達可能範囲がNLL付近と重なる」と明らかにした。漂流予測システムに基づいてイさんが「越北」したと判断した海警の発表は確実でないという指摘だ。
 これに先立ち海洋警察は国立海洋調査院など国内4つの機関が小延坪島(ソヨンピョンド)近隣海上の潮流や潮汐などを分析した漂流予測結果に基づき、イさんは越北した可能性が高いと判断した。人為的な努力なくNLLの北側まで漂流する可能性はほとんどないという推論だ。国立海洋調査院などの分析の結果によると、イさんが行方不明になった当時に漂流したとすれば、小延坪島を中心に反時計回りで南西側に流されるという。海警がイさんの身長と体重が似た物体を小延坪島の海上に置いて実験した場合にも、漂流予測システムと似た結果が出てきた。人為的な努力なく(小延坪島近隣海上から)実際の発見位置まで漂流するのは限界があるというのが海警の説明だ。
 権議員は「午前2時に行方不明になったとしても、確率は低いが北まで流される可能性がある」とし「イさんが越北したと断定せず、さまざまな可能性を残して調査を進める必要がある」と述べた。


http://japan.hani.co.kr/arti/politics/37946.html
「The Hankyoreh 」  2020-10-08 09:06
■国防長官「漁業指導員の行方不明当日、越北の可能性は低いとの報告を受けた」
 漁業指導員死亡事件めぐる攻防 
 
 「なぜ北朝鮮に捜索協力を要請しなかったのか」という追及に 
 「次の日にようやく北朝鮮海域にいることを知った」と答弁 
 「L氏、北朝鮮の操業船に越北の意思を表明」

【写真】ソ・ウク国防部長官が今月7日、ソウル龍山区の国防部で開かれた国会国防委員会国政監査で質疑に答えている/聯合ニュース

 ソ・ウク国防部長官が7日、北朝鮮軍が漁業指導員L氏に銃撃を加え殺害した事件に関して、「当初、越北の可能性は低いという報告を受けた」と明らかにした。国防部が当初L氏の「越北」の可能性に積極的に重きを置いたのとは相反する発言をめぐり波紋が広がったことを受け、ソ長官は再び「『越北』という表現は潮流に流されて北朝鮮海域に入った可能性を意味するもの」と訂正した。
 ソ長官は同日、国会国防委員会による国防部国政監査で、「行方不明者の捜索の際、なぜ北朝鮮には協力を要請しなかったのか」という質疑に対し、「海洋警察が行方不明者の捜索を主導したが、最初は北朝鮮側にいるとは思いもよらなかったようだ」と述べた。さらに「当時(行方不明当日の)月曜日に行方不明の報告を受けて実務者に聞いたところ、『越北の可能性は低い』と言われた」とし、「翌日火曜日になってから行方不明者が北朝鮮海域にいるということが分かった」と述べた。
 ソ長官の「越北の可能性」発言は、「自ら北方限界線(NLL)の北側に通過したという意味」と解釈され、議論を呼んだ。国防部が、当初は越北の可能性が低いと見誤ったが、後になってこれを覆した証拠と見られたのだ。
 波紋の広がりを受け、国防部は記者団にショートメールを送り、「越北の可能性が低いという報告を受けた」というソ長官の発言について、「合同参謀本部から『潮流の流れを考慮すると、北朝鮮側に漂流して入った可能性は低いと推定される』という報告を受けたという意味」と説明した。その後、ソ長官は与党国防委幹事のファン・ヒ共に民主党議員から「越北」関連発言について正確な意味を明らかにしてほしいという要請を受け、再び「自ら越北した可能性について話したのではなく、当時の潮流に流されて北朝鮮海域に入った可能性について言及しただけだ。拡大解釈しないでほしい」と釈明した。
 ソ長官はまた、「殺害された漁業指導員のL氏が、北朝鮮水域で北朝鮮水産事業所の操業船によって最初に発見され、彼らの聞き込みに応じる過程で、越北の意思を明らかにしたものと判断される」と述べた。さらに、北朝鮮海軍の取り締まり艇は、日没後に現れ、漁業指導員L氏を引き渡されてから検問し、銃撃したものと見られると述べた。
パク・ビョンス先任記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr)
http://www.hani.co.kr/arti/politics/defense/964845.html
韓国語原文入力:2020-10-08 02:41
コメント
この記事をはてなブックマークに追加