三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者の追悼碑を建立する会と紀州鉱山の真実を明らかにする会

三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者の追悼碑を建立する会と紀州鉱山の真実を明らかにする会

「日本で市民団体が抗議「NHKは朝鮮人差別助長するツイッター内容を完全に削除せよ」」

2020年10月06日 | 国民国家日本の侵略犯罪
http://japan.hani.co.kr/arti/international/37926.html
「The Hankyoreh 」  2020-10-06 10:04
■日本で市民団体が抗議「NHKは朝鮮人差別助長するツイッター内容を完全に削除せよ」
 306人の署名を受け、5日に放送局に抗議文を提出 
 「1945ひろしまタイムライン」のツイート内容が物議 
 歴史的背景について説明せず、朝鮮人の暴力性などを浮き彫りに
 
【写真】NHK広島放送局は「1945年にもツイートがあったら」と仮定し、当時中学1年の少年が原爆投下前後の状況を伝える形で3月から連載を始めた。「1945ひろしまタイムライン」のシュンのアカウントよりキャプチャー//ハンギョレ新聞社

 日本の公共放送NHKが、1945年の広島原爆投下前後の状況を伝える架空のツイッターに、朝鮮人差別と偏見を助長する内容を掲載して問題になった中、市民団体が該当するツイート内容の完全な削除を要求した。
 市民団体「ピース・フィロソフィー・センター」は5日、NHK広島放送局を訪問し「朝鮮人の不当性を際立たせる叙述には変わりない」と述べ、ツイッターからは削除されたが同局ホームページに転載された内容の完全な削除を要求する抗議文を提出したと、共同通信が報じた。抗議文の署名には、被爆者のサーロー節子さんや平岡敬元広島市長ら306人が参加した。
 問題になったのは、同局が「1945年にもツイッターがあったら」と仮定し、当時中学1年生の少年(シュン)が原爆投下前後の状況を伝える形式で「1945ひろしまタイムライン」と題して、今年3月から始めたツイート内容だ。
 例えば、「1945年6月16日」と仮定して掲載されたツイートでは、日本の植民地支配など歴史的背景についての説明なしに、「朝鮮人の奴らは『この戦争はすぐ終わるヨ』、『日本は負けるヨ』と平気で言い放つ」と少年の発言を伝えた。戦争が終わった1945年8月20日のツイートには「朝鮮人だ!大阪駅で戦勝国となった朝鮮人群衆が、列車に乗り込んでくる!」とし、「『俺たちは戦勝国民だ!敗戦国は出て行け!』圧倒的な威力と迫力。怒鳴りながら超満員の列車の窓という窓を叩き割っていく」と書かれている。このツイッターには13万人以上のフォロワーがいる。
 これに対し、ピース・フィロソフィー・センターの乗松聡子代表は4日、広島で開かれた関連シンポジウムで「朝鮮にルーツを持つ人々は暴動を起こす怖い人だというイメージを抱かせる」と指摘した。さらに「(NHKは)投稿で恐怖感を抱いた人らに対する謝罪も、日本が朝鮮を植民地支配した加害の歴史への言及もない」と批判した。
 NHK広島放送局は8月24日、ツイッターに対する反発が大きくなったことを受け、「被爆された方々の手記やインタビュー取材に基づいて掲載した…戦争の時代に中学1年生が見聞きしたことを、十分な説明なしに発信することで、現代の視聴者のみなさまがどのように受け止めるかについての配慮が不十分だった」と釈明した。しかし、同局は問題になった投稿をツイッターからは削除したものの、10月2日に同局ホームページに同ツイッター内容を注釈つきで転載している。
キム・ソヨン記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr)
http://www.hani.co.kr/arti/international/japan/964427.html
韓国語原文入力:2020-10-05 13:59


https://japanese.joins.com/JArticle/270887?servcode=A00&sectcode=A10
「中央日報日本語版」 2020.10.06 12:02
■日本の市民団体「NHKの韓国人差別助長ツイート削除」を要求
 日本の公営放送NHKが1945年の広島原爆投下前後の状況を伝える仮想ツイートを連載し韓国人差別を助長しかねない表現を掲載したことに対し、日本の市民団体が削除を要求した。
 日本メディアによると、日本の市民団体ピース・フィロソフィー・センターは5日、問題のツイートを掲載したNHK広島放送局を訪問し削除を要求する内容の抗議文を手渡した。抗議文には被爆者であるサーロー節子さん、平岡敬元広島市長ら306人が賛同した。
 NHK広島放送局は1945年にツイッターがあったと仮定し、当時中学校1年生の少年が原爆投下前後の状況を伝える形式で「1945ひろしまタイムライン」という名称でツイッターアカウントを開設し3月から連載を始めた。
 太平洋戦争中の1945年6月16日を仮定した少年のツイートを見ると、「朝鮮人の奴らは『この戦争すぐ終わるヨ』「日本は負けるヨ」と平気で言い放つ。思わずかっとなり、怒りに任せて言い返そうとしたが、多勢に無勢。しかも相手が朝鮮人では返す言葉が見つからない」と書かれた。
 ツイートが韓国人差別という議論が大きくなったことを受けNHK広島放送局は、ツイートは被爆者の手記やインタビューに基づいて作成したもので、「戦争の時代に中学1年生が見聞きしたことを、十分な説明なしに発信することで、現代の視聴者のみなさまがどのように受け止めるかについての配慮が不十分だった」と8月24日に釈明したが該当ツイートを削除せずホームページに残しておいた。
 ピース・フィロソフィー・センターの乗松聡子代表は「朝鮮人の不当性を際立たせる叙述には変わりない」として完全な削除を要求し、「投稿で恐怖感を抱いた人らに対する謝罪も、日本が朝鮮を植民地支配した加害の歴史への言及もない」と批判した。


https://mainichi.jp/articles/20201002/k00/00m/040/274000c
「毎日新聞」 2020年10月2日 21時08分
■NHK、批判受けた投稿をHPに転載し残す ひろしまタイムラインの「朝鮮人」記述
 NHK広島放送局がツイッターで展開している「1945ひろしまタイムライン」上で「朝鮮人」を巡る記述が差別的だと批判されている問題で、同局は2日、問題ツイートを含む8月までの投稿を削除した上で同局のホームページ(HP)上に転載した。「投稿を残しておくのは朝鮮人への差別を助長する」とツイートの削除を求める声が高まるなか、場所を変えてそのまま残したことについて同局は「一連のツイートを読みやすくするために元々予定していた」と話している。
 問題となったのは「朝鮮人だ‼」「(電車に)座っていた先客を放り出し、割れた窓から仲間の全員がなだれ込んできた!」などのツイート。HPには戦時中になぜ多くの朝鮮半島出身者が日本に暮らしていたのかの簡単な注釈が初めて加えられたが、当時から今に続く朝鮮人への差別意識についての説明はない。ネット上では「差別的な投稿をまた発信している」などと批判の声があがっている。【南茂芽育】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加