三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者の追悼碑を建立する会と紀州鉱山の真実を明らかにする会

三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者の追悼碑を建立する会と紀州鉱山の真実を明らかにする会

「太平洋戦争の激戦地ガダルカナルで中国企業が「日本軍慰霊碑」の土地買収」

2019年11月07日 | 国民国家日本の侵略犯罪
https://japanese.joins.com/JArticle/259328
「中央日報日本語版」 2019.11.06 15:45
■太平洋戦争の激戦地ガダルカナルで中国企業が「日本軍慰霊碑」の土地買収

【写真】先月30日、ソロモン諸島の現地メディア「ソロモンスター」がガダルカナルの「日本軍慰霊碑」がある敷地が中国企業に買収されたと報じた。[ソロモンスターホームページ キャプチャー]

 太平洋戦争当時の激戦地だったソロモン諸島ガダルカナル島の日本軍慰霊碑周辺の敷地をある中国企業が買収したと報じられた。6日付けの産経新聞の記事によると、この慰霊碑はソロモン諸島の首都ホニアラ東部の旧イル川河口近くにある。
 ところが、ソロモンスターなど現地メディアによると、先月30日JQYという中国企業が一帯の敷地を買収した。正確な買収の経緯は明らかにされていないが、同社はその場所にエビの養殖場などを造成する計画だということが分かった。この報せを受け、日本軍遺族の間で「慰霊碑を移さなければならないことが起こりかねない」という懸念が出ていると産経新聞は伝えた。中国人の反日感情を考えると、慰霊碑を破損させるおそれがあるという漠然とした不安も作用したものとみられる。
 この高さ約2メートルの慰霊碑は「ガダルカナルの戦い」(1942年8月7日~1943年2月9日)当時、上陸してから米軍に壊滅させられたある部隊を称えるために1970年代の戦死者遺骨が発見された場所に建てられた。新聞によると、当時この部隊の先発隊916人中777人が戦死した。
 ガダルカナルの戦いは太平洋戦争史で米軍の初の大々的攻勢として記録されている戦闘だ。ガダルカナルは連合国のニュージーランドとオーストラリア間の通信回線を阻止していた日本軍の前進基地だった。日本軍は南太平洋での軍事的な優位性を確保するため島に飛行場を建設していたが、米軍が占領したため水泡に帰した。
 日本軍は数回にわたりガダルカナルを取り戻すため、上陸作戦はもちろん、航空爆撃や水上戦も行ったが、2万人余りの戦死者などの甚大な被害ばかり残したまま、いずれも失敗した。ガダルカナルの戦いの後、日本軍の威勢は大きく萎縮し、その後レイテ沖海戦、硫黄島の戦い、沖縄戦を経て敗戦への一途をたどった。
コメント