三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者の追悼碑を建立する会と紀州鉱山の真実を明らかにする会

三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者の追悼碑を建立する会と紀州鉱山の真実を明らかにする会

海南岛近现代史研究会第23次定期研究会

2019年02月04日 | 海南島近現代史研究会
■海南岛近现代史研究会第23次定期研究会■

  不仅是海南岛,很多证明国民国家日本侵略亚洲太平洋的历史事实都被犯罪者抹掉或隐藏了,但,通过证言,历史资料(文书・影像,录音,遗物,遗址)作为证据的民众历史研究可以还原其真相。
  在2017年2月9日召开的定期研究会上,我们讨论了主题为“证言・记录・传达”,根据证言和证据文书查明日本的侵略犯罪的历史事实,并将其传达的思路。在两年后的定期研究会上,我们更加深入讨论通过民众的力量收集分析证言和历史资料的方法。
  与日本的侵略犯罪,抗日反日斗争相关的证言,历史资料的“确保”和分析,即使在海南岛也不是容易的事情。证言的相关人员在慢慢变少。日本开始侵略海南岛是在1939年,当年10岁的人,到2019年也90岁了。1945年,日本战败时10岁的人,到2019年也84岁了。
  距日本军奇袭登陆海南岛(1939年2月10日),80年过去了。我们希望讨论如何通过民众的力量保存侵略犯罪的证据,如何通过每个民众让他们具体承担起侵略犯罪的历史责任。

 时间:2019年2月9日(星期六)13时20分~17时(开场时间12时30分)
 地点:国劳大阪会馆1楼大厅  大阪市北区锦町2  JR大阪环状线天满站北口右拐300米
 参加费用:500日元(会员免费)

主题:证言、史料(文书・影像、录音、遗物、遗址)
■主题报告 关于保证证言客观性的采访者主体的应有状态            佐藤正人
■主题报告 在海南岛的“朝鲜村”朝鲜人被掠杀的现场听取的证言         金静美
■主题报告 在海南岛听取的证言  由采访者转变为被采访者           齐藤日出治
■主题报告 在极东国际军事裁判文书里记载的日本军在海南岛的侵略犯罪 3 日置真理子

■讨论 距日本军入侵海南岛80年了。今后将如何走下去。
     距日本的阿依努茅希利殖民化150年过去了。距日本的海南岛侵略80年过去了。关
     于让国民国家日本结束对其他地域其他国家的侵略历史,今后如何开展民众运动。

■报告 至今为止“争取恢复按照设置理念成立的和平大阪的研究会”的活动  竹本升
■报告 对资本主义的抵抗方式  一个生活者的实践报告              小田伸也

■调查报告 第20次(第33次)海南岛现地调查(2018年10月)               佐藤正人
     报告在海口市三江镇古桥村,东寨村,罗梧村,眼睛塘村,斗门村,龙泉镇仁和村,
   云龙镇北桥村,甲子镇文池村,龙兴村,咸来镇木石村,美兰区桂林洋,陵水黎族自治
   县光坡镇港坡村,提蒙乡礼亭村,本号镇三十笠村,放马村,保亭黎族苗族自治县保城
   镇,新政镇番雅村,三亚市崖州区(前,崖城镇)水南村,领海村,长山村,乐东黎族自
   治县乐罗村,望楼港村,琼中黎族苗族自治县红毛镇罗坦村,黎凑村,荣根镇水潮村听
   取的证言。
   
■关于2019年春天进行海南岛近现代史研究会第21次(34次)海南岛现地调查

          海南岛近现代史研究会  http://www.hainanshi.org/
コメント

「ヤン・スンテの罪と罰、司法府の新しい道を問う」

2019年02月04日 | 韓国で
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/32653.html
「The Hankyoreh」 2019-01-25 12:44
■ヤン・スンテの罪と罰、司法府の新しい道を問う
 「審判者」を自負してきた裁判所も「審判の対象」に  
 司法独立の根幹を揺るがす重大な容疑  
 キム・ミョンス最高裁長官「惨たんたる気持ちで恥ずかしい」  
 法曹界「司法改革の第一歩の日に」

【写真】ヤン・スンテ元最高裁長官が23日午後、ソウル瑞草区のソウル中央地裁で令状実質審査を終えた後、車に乗り込んでいる=パク・ジョンシク記者//ハンギョレ新聞社

 ヤン・スンテ元最高裁長官の逮捕前と後は異なる世界だ。二人の前・元大統領を断罪し「最終審判者」を自任してきた裁判所も、もはや審判の対象になり得るという当然の命題を初めて確認することになった。わずか1年4カ月前に退いた最高裁長官が、個人の不正でもない、司法権独立の核心である裁判と裁判官の人事を侵害したという重い容疑で逮捕された点も、重ねて考えなければならない。法曹界では「今日の逮捕は終りではなく、司法改革の第一歩にならなければならない」とし、この点を裁判所全体が重く受け止めるべきだと指摘した。
 キム・ミョンス最高裁長官は、前任最高裁長官の拘束7時間後の24日午前9時頃に出勤し、2回も頭を下げて謝罪した。彼は「非常に惨たんたる気持ちで恥ずかしい」と語った。続いて「ただ、私をはじめ司法府の構成員全員は各自のポストで与えられた役割を遂行する。それだけが私たちが困難を打開する唯一の道であり、国民の期待に応える最小限のものと信じているからだ」と明らかにした。
 裁判所の構成員たちは概して冷静に逮捕を受け入れながらも、「この程度で十分」という認識を警戒した。ある判事は「前最高裁長官の拘束裁判を裁判所自ら認めるほどなら、証拠がかなり確保されたのではないか。検察捜査に不満を持った裁判官らがいるが、一部のごく少数なので内部の葛藤に広がる状況ではない」と伝えた。別の判事は、「個人の逸脱ではなく、最高裁長官として行なった公的な活動が犯罪となった。かつてなかった恥ずべき歴史として残ることになったが、結局は司法府の反省のきっかけになるだろう」と見通した。また別の判事は「大韓民国の公職社会でもう戻れない変化が始まった」と意味づけし、「ヤン・スンテの最高裁に協力した判事たちに対しても、同情論ではなく裁判独立という公的価値から見て調査しなければならない」と指摘した。追加懲戒や国会の弾劾訴追が必要だということだ。

【イラスト】イ・ガンフン//ハンギョレ新聞社

 外部の政治権力に対する屈従と抵抗の司法史が、今回の事件を契機に「帝王的最高裁長官」の下での司法官僚化という内部の闘いに変わったという意味もある。民主社会のための弁護士会(民弁)は同日「ヤン前最高裁長官の逮捕は終わりではなく始まり」だと強調した。民弁は論評で「司法府の恥辱の日ではなく、裁判所自ら国民の信頼を回復する第一歩を踏み出す日として記憶されることを願う。数十年形成されてきた官僚的司法行政構造の弊害を断ち切る真の制度改革に協力せよ」と求めた。大韓弁護士協会も「司法史のもっとも恥辱的な事件の一つとして記録されるだろう」とし、これを触発した構造的原因である司法制度の前向きな改革を求めた。
 延世大学法学専門大学院のイ・ジョンス教授は、「裁判所事務総局を中心に3千人の裁判官人事を決定するトップに最高裁長官がいる。こうした人事掌握が数十年にわたって積み重なり、政界との結託や裁判取引、国民の司法不信につながった」とし、抜本的な改革を注文した。キム最高裁長官が、裁判官の人事改革など本人が約束した「権限下ろし」に対する考えを示す時だという注文だ。最高裁長官の権限を分散する裁判所組織法改正案などを論議中の国会司法改革特別委員会の肩にも、いっそう重い荷が背負わされた。

キム・ナムイル、コ・ハンソル、チェ・ウリ記者
http://www.hani.co.kr/arti/society/society_general/879792.html
韓国語原文入力:2019-01-24 22:23


http://japanese.donga.com/List/3/04/27/1620723/1
「東亞日報」 January. 25, 2019 08:30,
■前最高裁長官が逮捕、朴槿恵氏が収監されているソウル拘置所に
 24日午前1時57分は、梁承泰(ヤン・スンテ)前大法院長(最高裁長官)(71・司法研修院2期)の運命を分ける時間となった。逮捕状の実質審査を終えて前日午後4時30分から京畿道儀旺市(キョンギド・ウィワンシ)のソウル拘置所で結果を待っていた梁容疑者に刑務官が逮捕状の発行を伝えた。梁容疑者は令状審査の結果を待つ被疑者から未決囚に身分が変わったのだ。
 令状審査を待つ場所で眠れぬ夜を過ごした梁容疑者は午前6時30分からソウル拘置所内の受刑者がいる場所に移動し、再逮捕された。ここでいわゆる「マグショット」と呼ばれる顔写真を撮り、シャワーをした後、運動服を脱いでカーキ色の未決囚服に着替えた。左胸には「収容者番号札」がつけられた。
 梁容疑者は、イチゴジャムが添えられたトーストとスープ、野菜サラダ、牛乳で朝食を終えた。昼食には、牛骨と菜っ葉のスープと豆腐の煮付けなどが出された。収監初日であることを考慮して、検察の取り調べはなかった。梁容疑者は午前から午後遅くまで、崔貞淑(チェ・ジョンスク)弁護士らと面会し、今後の検察捜査に備える時間を持ったという。
 梁容疑者がいる独房は、一般の受刑者がいる所と同じだ。6.56平方メートル(約1.9坪)規模の独房だ。李明博(イ・ミョンバク)元大統領、朴槿恵(パク・クンへ)前大統領がいる12.01平方メートル(約3.2坪)の半分ほどの大きさだ。前職大統領の収監室は、一般受刑者がいる場所から隔離されている。しかし、梁容疑者が収監された部屋の両サイドには他の受刑者の部屋がある。法務部関係者は、「前職大統領は、受刑者6、7人が使う部屋を独房として優遇して提供された」とし、「梁容疑者は例外を適用できない」と語った。
 梁容疑者と共に元徴用工らの訴訟の進行を遅らせたとされる朴槿恵氏はソウル拘置所にいる。ただ、朴氏は女性受刑者施設にいて、梁容疑者と顔を合わせる可能性はない。さらなる共謀者とされる金淇春(キム・ギチュン)元大統領秘書室長は、李明博氏が収監されたソウル東部拘置所にいる。
      金東爀 hack@donga.com · 全主榮 aimhigh@donga.com
コメント