希少生物研究会ブログ

希少生物研究会からのお知らせ

2022  謹賀新年

2022年01月01日 | 日記


2022年 明けましておめでとうございます。

先は不安だらけで、数字ばかりが気になる新年ですが、
それぞれに楽しい時間を持ち、落ち着いた一年を過ごせればと思っています。

画像は2020年1月2日のトラフズクです。
寅年を待っての登場となりました~
世に鳥見人は多いでしょうが、庭の洗濯竿にとまったトラフズクの
写真を撮ったのは、私だけでしょうか。
今年も、思わぬ出会いが待っているかもしれませんね~
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

秋のタカ渡り2021(八面山4)

2021年11月08日 | タカの渡り

 11月7日(日)8:00-13:30 快晴 北東の風 観察(O・O・S・S)

  ハイタカ  17羽
  ノスリ    3羽

前日に八面主の終了宣言がありましたが、あまりの好天についつい観察ポイントへ。
一人で朝のうちだけでもと思っていたら、同じようなヒトがほかに3人も現れました!

今季は、特筆するような珍客や話題はありませんでしたが、
トラブルもなく10月4日からほぼ休みなく観察することができました。
ハイタカの総数は942羽で、2017年の最高値(1595羽)の後1000羽を超えていません。
しかし、最近は地元だけでなく、遠方よりの多くの皆さんがカウントに協力くださいます。
また、たくさんの差し入れもいただき、タカが飛ばない時間も楽しく過ごせています。
あと何年続けて行けるかと不安もありますが、今後ともよろしくお願いいたします。
本当にありがとうございました。
コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

秋のタカ渡り2021(八面山-3)

2021年10月29日 | タカの渡り

 10月29日(金)8:00-   晴れ 北東の風中 観察(K2・T・O・O2・S)

 ハイタカ  77羽
 ツミ     1羽

朝のねぐら立ちから順調に渡りましたが、午後からはあまり数が伸びなかったとか。
赤みの強い個体も多く、渡りも終盤の気配です。
画像は観察者に一瞥くれて行くハイタカくん。
 
コメント (7)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

秋のタカ渡り2021(八面山-2)

2021年10月18日 | タカの渡り

10月18日(月)8:20-15:00 晴れ 北東風中~弱 観察(T・O・S)
  ハイタカ  58羽
  ノスリ    1羽
  ツミ     1羽

 昨日の強風を切るようにブンブン渡るハイタカと違い、今日は穏やかにポツポツでした。
 画像は狩りのためか急降下するハイタカ。カメラで追うのが精一杯です。
コメント (9)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

秋のタカ渡り2021(八面山)

2021年10月10日 | タカの渡り

十月も中旬に入るというのに、この暑さはどうしたことでしょう。
例年なら十月初めから観察できる八面のハイタカ渡りも、
今年は8日になってようやく初認出来ました。

10月8日(金) ハイタカ 2

10月9日(土) ハイタカ 4

今後の数字は、このブログのコメントでお知らせしていきます。

 画像は昨年の一枚・ハイタカに少数混ざるツミ   撮影 H.GOTOU
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

秋のタカ渡り2021

2021年09月21日 | タカの渡り

猛暑が収まれば、タカの渡りファンはそわそわしはじめます。
天気予報、風予報を入念にチェックし、予定を立てねばなりません。
今年も当会は、大分市佐賀関で観察をしていますが、
昨日、ベテランバーダーの「20日がハチクマ渡り前半のピークじゃ!」を信じて行ってきました。
予測通り、ハチクマは今季最大値、チゴハヤブサやアカハラダカも出ました。
他には、ハリオアマツバメの群が数回ブンブン飛んで、賑わいました。
やっぱりタカの渡りはいいですね~
何かと鬱々としたこの頃ですが、秋の青空気分になりました。

詳しい数字などは例年通り「タカの渡り全国ネットワーク」のHPで!

 画像は背面を見せるハチクマ♂   撮影 T.TATUKAWA
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

寝不足?

2021年03月21日 | タカの渡り

三月末をもって・・・・
生活が大きく変容するヒトも多いことでしょう。
ずいぶん前になりますが、「学校にも仕事にも行かなくていい」となったとき、
十分な時間を手に入れた気がして、大喜びしました。
でもそれは、大間違いで、あらゆる雑用に時間をつかうことか!

タカの渡りを楽しみにしている現役世代の皆さんは、
雨予報でも家でじっとしてはいませんね。
片道4時間ほどもかけて、城山に来られるMさん!
予報は外れませんでしたね。お疲れ様でした~

画像は虹彩がオレンジ色のハイタカ!稀にもっと赤い個体もいるとか。

撮影 T.TATUKAWA

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

欠損ノスリ

2021年03月12日 | タカの渡り

つい先日まで、寒い寒いと凍えていたのに、
もう、あちこちから桜の便りが届く陽気となりました。
タカたちも大慌てで、繁殖地への移動をはじめています。
当会も例年通り、大分市佐賀関でタカの渡り観察を開始しました。
詳しくは「タカの渡り全国ネットワーク」のHPで!

画像は3月11日の14時過ぎに、城山上空を北東に向かったノスリ。
こんなボロボロの翼で海を渡ることができるのでしょうか。
この先、どこかの観察地で観られましたら、お知らせください。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

もうすぐパンダ?

2021年02月04日 | 鳥類

T・Tさんから「もうすぐパンダ?」と送られてきたミコアイサ。
昔、諫早で遠~くに浮かぶのを観たっきり!
近場で何度もチャンスはあったのに、なぜか私が行くと見当たらず。
ヒトにより「縁の遠い種」というのがあるとか。
立春を過ぎ、鳥たちは繁殖地に戻っていく頃になりました。
来シーズンのお楽しみ~
コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

寒中

2021年01月19日 | 鳥類

先日の大寒波では、当地でも水道管の破裂などの被害がありました。
我が家では問題ありませんでしたが、数日間水が出ないというのは「災害」ですね。

新型コロナウイルスも、今のところ私の周辺に感染者は出ていませんが、
いつだれが当事者になってもおかしくないような状況です。
当然、マスクや手洗いは徹底していますが、落ち着きませんね。

それにしても、つくづく鳥見というのは良い習慣です。
誰にも会わず、騒がず、じっくりと楽しむことができます。
公園の端っこでヒクイナがウロウロしています。
近くにいたクイナは慎重派で、ちらちら見えるも出てきてはくれませんでした。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2021 謹賀新年

2021年01月01日 | 日記

新型コロナウイルス、鳥インフルエンザ、大雪、地震、噴火等など
不安に満ちた年越しとなってしまいましたが、皆さんご無事でしょうか?
今年は丑年、この阿蘇の赤牛のように堂々と晴れやかに在りたいものです。
用心しつつ、何事も明るく、豊かに過ごしてゆきましょう。

画像提供くださいました、南阿蘇のKさんありがとうございます。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2020年末

2020年12月25日 | 鳥類

2020年もあと一週間となりました。
秋のハイタカ渡り以降、白い大きな鳥ばかりに縁がありましたが、
締めくくりは、オオハクチョウ!大き~い~!!真っ白~!!!
市内の神社の池に飛来しています。

今年はとんでもない一年でしたね。
まだまだ用心して年末年始を過ごしましょう。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

足環続き

2020年12月06日 | 鳥類


前回、クロツラヘラサギの「Y51」をお知らせしましたが、
先日は地元で「Y49」も観ることができました。
やはり韓国で放鳥された兄弟(姉妹)のようです。

ところが今日はコウノトリの足環・発信機付きを観ました!
左足に赤と緑、右足に黄色と青が付いているように見えます。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

足環付き

2020年11月29日 | 鳥類


盛り上がらないなぁ~と悔やんでいた当地秋の渡りも、最終に大きな珍客があり、無事幕を閉じました。
カウントや識別にご協力くださった多くの皆様、ありがとうございました。

気圧配置はようやく冬型となり、あちこちから赤い鳥や青い鳥のニュースも聞こえます。
池や河口には大きな冬鳥たちが羽を休めに来ました。
中でもひときわ目を引くクロツラヘラサギに赤い足環を見つけました。
夕暮れの逆光ですが、何とか「Y51」と読み取れます。
赤に白字は韓国での放鳥とか。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

秋のタカ渡り八面山 2020-9

2020年11月05日 | タカの渡り


11月4日の11時7分、八面山の上空を、南から北東へ飛んだナベコウ。
なんと、今日5日の10時35分、佐賀関の城山に現れました!
希少研の観察地の見回りでしょうか!?この後はどこへ?
   撮影 Y.K

今日の八面山は・・
  11月5日(木)
     ハイタカ  1羽  終了か?

コメント (3)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする