電動カートは 交通弱者 買い物難民を救う

高齢化と買い物難民の因果関係は深い。コミュニティーバスより便利で自由にお出かけできる電動カートのエピソードなど。

つい先日まで車に乗っていました・・・

2018年09月10日 | 日記
名古屋市内の方から試乗したいと電話がかかってきました。

調整した予定日に車両を持ってお宅を訪問しました。『すぐにでも来てほしい』と。
マンション前に到着したら電話くださいとのことでしたので、待機しましたがなかなか現れません。
すぐにその理由が判りました。病を患い右足が不自由で伸びたままになっていたのです。

そのため車両を改造しなければ乗ることが難しい状況です。正直お断りしなければ・・・と思っていました。
『つい先日まで車に乗っていたんだが、やめたら出かけることが出来なくなって困った』ということでした。まだ70歳半ばですから出かけられないとかなり辛いようでした。

改造の要望を尋ねました。【シートをうんと高くしてほしい、右足の置き場を増設してほしい、シートの角度を左10度傾けてほしい、バッテリーは小型で室内に持ち込み充電をしたい】でした。
いろいろなお店にあたって、すべて断られたそうです。通常はお断りするでしょうねとお伝えしながら、速度を落としカーブはゆっくり走行など、安全に運転していただくことを約束いただき改造納品することにしました。

納車まで何度も何度も催促の電話があり、すごく楽しみにされている様子が手にとって伝わってきました。

いよいよ納車日です。朝から3回もの催促の電話です。少年のようにわくわくしているんでしょうね。
到着時間を伝えていましたが、また電話です。到着したら既に外で待機していました。
満面の笑みで、出かけられる喜びが伝わってきます。『何キロ走れる、何処まで行ける』との質問です。
ここから名古屋駅往復できますよと伝えると、『もっと先まで行けないか』と。
遠くへは介護タクシーに乗せて移動できる旨をお伝えし、業者を紹介しました。

慎重に気をつけて運転していただけることを念じ後にしました。


お元気で~!



介護(福祉)タクシーのことを多くの方がご存じないようですから少し触れてみます。
●健常者でもどなたでも、多人数(定員以内)で乗車できます。
●料金は基本的に通常タクシーと同程度
●車種により車いすに乗ったまま乗ることが出来ます。
※直ぐに乗れない場合があり、必ず予約が必要です。

車両が総じて大型ですから、知り合いの方は家族で旅行に出かける場合、空港まで利用しているそうです。




コメント

元気印だけど・・・

2018年08月29日 | 日記
今日の電動カートの操作指導は東京タワーにほど近い場所に戸建にお住まいのT様宅を訪問しました。
土地の高~い地域に戸建て・・・?
実際の現地はやはり集合住宅など、ビルに囲まれた一角でした。

『素晴らしい一等地ですね』と声がけしたところ『毎日のように売って欲しいと入れ替わり立ち替わり訪ねてこられ参っている』とのお話でした。『金で買えない程、便利な場所、いくら出されても売らん』『お金に困っているわけでもないしね』と。

90歳の気丈でボケの要素も無い全く元気な男性です。昔から住んでいる愛着ある土地が勝手に値上がりしたんだそうです。
なんとも羨ましい話です・・・

いくら元気でも、さすが歩いての買物は無理になってきたそうで、購入を決めたんです。
運転練習は少年のように喜んでいました。『最高の大人のおもちゃ』?って大はしゃぎでした。

これで、以前よく訪ねた場所に行けるようになったと満面の笑顔です。

帰り際『これで冷たいもの飲んでね』といって千円札を私のポケットに・・・
断りきれず、ありがとうと。

何かあったらいつでも連絡くださいと言ってお客様宅を後にしました。

妹さんも利用するからと、ワインカラーの車両です。

いつまでもお元気で~


コメント

電動カートの話

2018年08月20日 | 日記
《電動カート》は俗称で正式名称はハンドル型電動車いす、またシルバーカーとも呼ばれ、重い名称はちょっと・・・感じですね。
電動車いすには《ジョイスティック型》と《ハンドル形》があり、ジョイスティック型は体の不自由な方専用的モデルです。

電動カートの利用は介護認定(現在認定は困難)でのレンタルがありますが、ここではご自身で購入する場合のお話をしましょう。

実物を展示している店は全国的にまだ少ないのが実情ですが、スズキ、ホンダの一部のディーラーで展示してあります。カタログはどこの店舗や整備工場などでも入手できます。最近中古車を主体にした専業の販売店ができています。

もう一つはネット検索で購入ができ、価格的に千差万別ですが、アフターに注意しないと大変なことになります。特に製造国を明示していない安価な製品は注意を要し、売りっぱなしのケースが少なくないようです。

あと一つは通販雑誌や新聞通販が便利です。全国何処へでも送ることができ、お住いの地区に担当者を配して運転指導や万一の場合は宅配便でアフターを行うことができるので安心です。
《熟年時代》《いいもの王国》新聞通販頁などが扱っています。

日本では国産が主流ですが世界的にはトップメーカーは台湾で、中国が廉価品を製造しています。

コメント

電動カートは本当に良いの?

2018年08月13日 | 日記
テレビや新聞で最近富みに高齢者の自動車事故が多い、と報道されています。
とりわけ死亡事故が取り上げられていますが、実は修理工場で聞くと板金修理がすごく多いんだそうですよ。
ほとんどの方が『なんとか今日中に直してほしい』と懇願。

理由は息子(娘)さんに知られたら『車を取り上げられる』からということでした。
非常に悩ましい問題です。『大事故を起こす前に』という子供側と『足が無くなったら困る』という老親側が相反するんですね。

ここでちょっと、耳を傾けてください。

《お出かけを制限すると早く老化する事例を私は山程見てきました》

理解不足の息子さんが安全だからと、家に閉じ込め状態にしたところ、わずか数ヶ月で認知が始まりました。家でテレビを見るだけで、他人と会話をすることがなくなるからでしょうか。

どうかお出かけを勧めてください。
両親がボケたらもっと悲惨な状況になり兼ねません!

初めは尻込みするかもしれませんが、電動カートに乗ると考えが一変します。
最高時速6kmの早足速度で免許証不要ですから、返上後も安心です。
車に乗っていた方なら運転は楽々です。

何と言っても自分で買物するって最高に楽しいと皆さんがおっしゃる。
駐車も渋滞も関係ないですからね。
また遠方へは誰でも電車に載せて出かけられますから、全国へ旅行も可能になります。

というわけで、皆さん親御さんにどんどん勧めてあげてください。

乗りなれたら安全で快適な乗り物です。
多くの方が超高齢になって致し方なく利用するから・・・(危)なんです。

早くから始めた方は同年齢なのに断然運転が上手く、そして若々しく元気です。

どうやって入手すれば良いか?・・・ 次回紹介しましょう。

コメント

いつまでもお元気で!!

2018年08月07日 | 日記
福岡県のお客様から依頼があり電動カートの開梱組立指導です。
85歳で頭脳はまだまだ回転OK!ところが物忘れがちょっと・・・が気がかりです。

代引条件での車両の購入で、運送便のドライバーが配達に、事前に代金を用意して置きますとのことだったが忘れたようで、すぐ銀行行ってくるから、後ほど来てね、との約束で再配達。ところがまた忘れて結局配達できず。注文会社へまだ届かないとクレームが・・・ (T_T)

翌日は朝から何度もやり取りしてやっと納品、運転手ばかりか指導者も振り回され大変でした。
肝心な運転は問題なし。いろいろなタイプの方がいらしゃるもんですね。

買い物が大変でご夫妻で活用されるんだそうです。

キーを回すのを忘れて、『動かない!』と電話が来たりします

いつまでも、お元気で!!
コメント