きすけの小部屋

陶芸教室や日常の、お気楽な小部屋です。

弘法の筆のあやまり

2009年10月24日 17時41分01秒 | つぶやき
24日、富山県水墨美術館の
「京都国立博物館所蔵品展」に行ってきました。
出点数35のうち、国宝9点、重文13点、重美1点の豪華な展覧会です。
次から次へと、国宝、重文が並んでいるので
国宝の有り難味が薄れます。

その中に弘法大師の、
「国宝 金剛般若経開題残巻」が、ありました。
書の達人の巻物ですが、思ったほどの書体では・・・。

後で、学芸員の解説があったのですが、
下書きだそうで、お出かけ用の文字では無いそうで、
しかも筆の誤りもあるとか。

メモ書きでも国宝になるとは、流石です。

人気ブログランキングへ
『芸術(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 隠れた名著 | トップ | 陶芸教室 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

つぶやき」カテゴリの最新記事