kissのひとりごと

~私のお店ができるまで~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ありがとう

2009-11-24 22:55:56 | Friends

気の置けない仲間達との恒例のランチ会から一転・・・

パチパチと弾ける花火と共に

目の前に運ばれてきたデザートプレートが

一体何を意味するのか・・・

その状況を把握するまでにしばらく時間を要したけれど

お皿の上、チョコレートで書かれたアルファベットの文字が、イタリア語で

「オメデトウ」

を意味することを知り、それまでの頭の混乱は飛んで行き

代わりに熱いものが込み上げた。

 

頬の涙も乾かぬうちに、仲間達から差し出された贈り物のラベルには

2009年

まだ、現在進行形の「今」の数字がきらめいて・・・

会社設立を果たした今年という特別な年の思い出が

また少し重みを増して胸に刻まれた。

 

この場を借りて、

ありがとう

心から

ありがとう。

 

わたしたち

がんばるよ。

 

Comments (8)
この記事をはてなブックマークに追加

隠れ家

2009-10-04 10:14:14 | Friends
 降り続く雨もようやく上がり、雨雲の割れ目から青空が見え始めた夕暮れ時、
 
一台の送迎車に連れられて、私達家族はある場所へと向かった。


 入り口のドアを開け、スタッフにより一斉に出迎えられてから、

息子は奥のキッズルームへ、そして私達夫婦は、その手前の個室に案内された。 

まるで月明かりの下にいるような、薄暗い小部屋に明かりが一つ。

雰囲気のよいジャズの音色が室内を満たす。


部屋に入った瞬間に、「会社創設おめでとう!!」の張り紙が

まず目に飛び込み、それを囲むように貼られたお祝いの絵の数々に

目を奪われた。


 あれは今から3年前、桜のころ・・・

10年目の結婚記念日を迎えた私達がここを訪れた時には、

1997年4月14日、結婚式当日の新聞記事のコピーが

まず私達を祝福してくれた。


 席に座るのも忘れて私達は、しばし立ったまま張り紙の下へと近寄り、

あの時受けた感銘と同じ気持ちで、しみじみと嬉しさをかみ締めた。


 座席に着くとまず、予め注文しておいた飲み物が運ばれてきて、

それに続いて、和の上品なおかずの数々が、かわいい子供ウェイター達の手で

次々と運ばれてくる。

   ステーキ肉の秋野菜添え
   里芋のサラダ
   牛筋煮込み
   蟹のあぶり焼き
   レンコンのふわふわ揚げ

それは、私達夫婦の好みを知り尽くした料理人の味。

一口かみ締めるごとににじみ出て来るような、作り手の暖かい気持ちが

感じられ、それはそれはいい気分になってお酒も進んだ。

当然のように夫婦の会話も会社設立がテーマとなった。それまでの道のりを

しみじみと振り返り、これからの発展を願う夫の目はとても力強く見えた。

もてなす側の愛情が、料理を通じて、笑顔を通じて見えない形で

私達の内側に浸透し、それがエネルギーの潤滑油となる。


 お酒も回り気分も上々、極上な料理の味とこの幸せな気分を

分かち合いたいと思ったころ、ご主人と奥さんが、

本日最後のディシュ、梅じゃこご飯とスープを運んできて、

そこに二人も加わり、また新たな宴会が始まり夜は更ける。


お店の名前を聞かれても、残念ながら教えることはできません。

なぜなら・・・







そこは、粋な友人一家が、私達の為に開いてくれた

一夜限りの隠れ家レストラン・・・
















  

 
Comments (8)
この記事をはてなブックマークに追加

乾杯

2009-08-05 12:24:22 | Friends
鶴の一声で集まって・・・


柔軟で、手際のいい妻達の

スピーディな料理支度。


「お疲れ様」

  と

「おめでとう」


二つの乾杯を

お互いに喜び合える

  幸せ


社会という荒波を

果敢に渡り歩く

二人の夫に

  乾杯

   


近々お披露目予定の・・・



新作バッグをチラリ。


色々リネンとフィードサック・・・

欲張って、たくさん集めた

一品です。

明日、出品予定









Comment
この記事をはてなブックマークに追加

送別会

2009-03-22 11:42:12 | Friends
彼女の送別会で・・・

新しい友達と初めて酌み交わすお酒

ほろ酔い気分のお陰で縮まる距離

「別れ」をきっかけに得た

「これから」・・・




上質なリネンに合わせた上質なリバティ・・・

もうすぐ大人用もできます。

オークション、覗いてみてくださいね。

yahoo!auction








Comment
この記事をはてなブックマークに追加

友達

2009-03-18 09:48:50 | Friends
週末は、仲の良い友人一家と夕食を共にすることも多い・・・

暗黙の了解で、場所提供は交互に。
先週末は、一家と公園で遊んだ後、
家の夕食に招待した。(夕食と言ってもたこやきですけど。)
今回奥さんは、役員会の打ち上げのため不参加だったが、
それでも夕食会が成り立ってしまうほど、
知り合ってから5年の間に、2家族間の距離は縮まっている。

きっかけは、子どもを通しての母親同士の付き合いから・・・
でも気が付けば、子どもに劣らず夫の方が、この一家との週末を楽しみにするぐらい夫同士も仲良くなった。


お酒が好きな二人・・・
まず最初に出来上がるのは、大抵うちの旦那の方。
こうなると、もともとおしゃべりが好きな彼の饒舌ぶりは
留まることを知らない。
最近の話題は、もっぱら仕事の話。
お酒の力も借りて白熱してゆく彼の話を上手に聞いてくれるDちゃん。
(友達の旦那さん)

酔っ払いの夫相手にかなりうざがる妻をよそに、
それでも彼の話をちゃんと聞き、時には厳しく意見してくれる
Dちゃんの姿勢に、今夜ばかりは頭が下がった。
(だって、本当にうざかったんだもん。)

途中、打ち上げを終えた妻Sも登場し、
何度も同じ事を言う酔っ払いの意味不明な話に渇を入れる!
激戦は3対1で完全に夫の不利!
それでもめげず、同じ話を何度もする夫・・・(どこまでM?)
結局、この夕食会は夜中の三時をもってお開きに・・・(長っ!!)

酔っ払いの相手は疲れる・・・


この一家の前では、こんな夫婦の一コマもまた日常であり、
もっとも自分達をさらけ出せる相手である。

気を使わない間柄。
でも、お互いにちょっとした心遣いも忘れない。
こんな関係が、いつまでも心地よく長続きしていくのかも・・・

夕食と、一日子供達を見たお礼にと、奥さんがさりげなく差し入れてくれた
ボトルワインはそう物語っていた・・・

夫よ、酒は飲んでも飲まれるな!!!

Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ランチと仲間

2009-03-03 20:38:34 | Friends
朝から大雪の中、仲の良い友人宅のランチ会にお呼ばれ・・・

友人Cさんは、定期的にこのようなランチ会を開いてくれる。
手際もよく、料理の腕前も確か。
魔法の万能鍋を使って、一度に何品ものおかずがあっという間にできあがる。

Cさんの集合の元に集まったのは、いつもの5人。
いつも会っているメンバーなのに、
話は尽きず、お腹をかかえて大笑い。
ヘタなコントを見るよりも、このメンバーの方がよっぽど面白いのだ。
そして、大笑いしている間に、いつも料理は出来上がっている。

本日のメニューは・・・

牡蠣のあんかけ、ひな祭り寿司、野菜とささみの煮付け、牛スジと大根のスープ。

ちょっと目を引く変わったメニューと、豊富な品数。
味のバランス、栄養のバランスどちらも抜群。

中でも、一際目立ったピンク色した飾り寿司・・・

そうか・・・今日はひな祭りの日だった。

こんなさりげない演出に、再び舞い戻った冬景色の中にも
一足早い春を感じた。

仲の良い5人のうちの一人が、この四月、とうとう旦那さんの転勤で、
広島を離れるという。
急な話でまだまだ実感はないけれど、
出会ってから2年間、楽しかった思い出の分だけ
別れの寂しさはやってくるのだろう。

華やかな春は、こんな切ない季節でもある・・・
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

三人の関係

2008-12-19 00:22:31 | Friends
何事も瞬発力!がモットーの友人の、
ちょっとした積極性と、素敵なタイミングが
重なり実現した今日の会合。

アロマのテーマの下に集まった三人は、
これまでにない異色の組み合わせ。

自宅でゆっくりアロマ教室を営むMさんの出してくれた、
フルーツハーブティーをかわきりに、
話題は仕事へ・・・
志が同じ三人の会話は尽きることが無く、
思わず息子の帰宅時間を忘れてしまう始末

三人それぞれのタイプ、テンポは違っても、
目指すところや根っこの部分は同じ。
こんな関係が心地いい。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

コラボの時代

2008-11-15 23:19:07 | Friends
友達の通うステンドグラス教室の展示会、
「T-glassとみんな展」へ行ってきました。
4日前の話ですが・・・

ステンドグラスは大好きで、
将来、マイホームを持ったなら、
あえて、午後の光(西陽)の当たる廊下の突き当たりに、
縦長の大きなステンドグラスをはめ込んで、
手前に小ぶりなソファを...
(なんかの映画で見た。)
なんて妄想を楽しんでおります。

展示会の会場は、江波のBean'sさん。



家具も作っていらっしゃるだけあって、
木の温もりを感じる店内に、
T-glassさんのステンドグラスが
また別の温かみをプラスして、
とても雰囲気のいい空間でありました。



お客様の注文か、店の奥にさりげなく置かれていた、
ステンドグラスをあしらったドア。
(マイホームにはどんなのがいいかな~。)
気がつけば、勝手に想像しておりました。



帰り際、この素敵な時間に誘ってくれたお友達から更なるプレゼントが。



T-glassの先生と、パソコンデザイナーの彼女とのコラボで出来上がった、
来年のカレンダー。
先生のすばらしい作品の数々と、
その作品を更に際立たせる、彼女のアイディアとセンスが
うまく絡み合い、来年の素敵なインテリアとして
活躍してくれそうです。

人と人、
個性と個性、
才能と才能、
そこに少しの積極性が加わって
これらが繋がり、
より良い物が生まれる・・・

今、コラボの時代です。











Comment
この記事をはてなブックマークに追加