AIR #7 「ゆめ~dream~」

AIR #7 「ゆめ~dream~」
 アバンからベッドに似ている観鈴と見守る往人。今回はあまり楽しい話ではないことを予感させてくれる。ちょっとだけ見る気力が失せるなぁなんて思ったけど、OPの鳥の詩でぐっと持っていかれる。
 最近はアニメもリアルタイムでみることが少なくなって、録画したものを見るのが多く、中にはOPを飛ばしてしまう物もあったりするんだけど、AIRは毎回しっかりOPを見ている。いや聞いていると言った方が自分にはしっくりくる。でもかといって鳥の詩の歌詞を聞いているのかといえばそうでもなくて、曲調とメロディが心地良いのだと思う。ちなみに舞-HimeのOPもけっこうしっかり見ている。

 今回は苦しむ観鈴ばかりで、見ている方としては切ないばかりだったけど観鈴は強がってみせていたりしてそれが余計に切なかったり。それだけに往人に側に居てほしいと言ったときはそれだけでなんか安心してしまった。強がらずに正直にいてくれるのがうれしい。

 往人が家を出ていってしまう前に観鈴の部屋での少し引き気味のワンアングルの長回し的なシーンが印象的だった(1分40秒くらい)。観鈴と往人の距離感がえも言われぬ感じで良かった。アニメじゃ珍しいんじゃないかな。

 観鈴の不思議な病気を救えるのは不思議な力を持っていると往人だと思うから、観鈴の所に戻った時はハッピーエンドを期待していた。観鈴はなんとかなったみたいだけど、往人はどうなったんだろ?
 
 で、次回からは古代編(っていうのかな?)。観鈴の夢のことや往人も斬られたりしてたし、それらに関わる因縁が明らかになっていくのか。

 今回はポテトの出番なし。来週もなさそう。
 制作のテロップの「翼人伝承会」ってなんて読むのかなとずっと思っていたんだけど”よくじん”らしい。”つばさびと”とかかなーと思ったりもしていたんだけど、正解がわかってなにより。

 AIRに関してトラックバック頂いたサイト
 Old Dancer's BLOG/『遍在 -omnipresence-』/Blacky’s Room/ナナメから見てみる/いぬ日記
コメント ( 0 ) | Trackback ( 4 )
« Xenosaga The ... まほらば Hear... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
【感想】『AIR』第七話「ゆめ -dream-」 (『遍在 -omnipresence-』)
 「多分、今回は\"溜め\"の回なんだろうなぁ」というのが、自分のファーストインプレッションでした。  正直にいうと、これまでで一番、心が揺り動かされませんでした。
 
 
 
AIR 第七話 ゆめ -dream- (Old Dancer\'s BLOG)
 ………………。 先週に引き続き、37歳男マジ泣き。うわっナニあのおっさん、アニメ見ながらボロボロ泣いてるよ!ってほっとけよ!この良さがわからんお子ちゃまは、おとなしくとっとこハム太郎でも見てなさいってこった!←劇場版への遠回しな皮肉を含む(笑) もうね、こ
 
 
 
AIR 第7話 (ナナメから見てみる)
美凪とみちるの一件後。 観鈴を迎えに行った往人が見たものは 台所に倒れる観鈴。 発作を起こしたりはあったものの基本的には元気だった観鈴。 倒れるのは今回が初めて。 加速していく観鈴の物語。 劇場で泣けなかった分、オレはまたモニターに向かって泣
 
 
 
AIR 第7話 下地島でもPSPで鑑賞 (いぬ日記)
● 下地島に行っている間に放送になった、AIR 第7話「ゆめ -dream-」。一緒に行った、そうし@DCC-JPL:宗子時空(10/10(sun)記事)が、島から、自宅の録画機を遠隔操作してたバウ。 ● プレイステーション・ポータブルで見られる形式に変換してたようです。那覇での乗り換え