猫的下僕生活

先代&現役黒タヌキ版。壁のシミまで猫に見える猫ジャンキーsiamの猫的下僕日記

緑の骨

2010年07月31日 | さとしの巻
いつでも里親募集中







 【 welcome 】 で、登場人物の紹介等ナビゲーションしてます


2010年7月31日(土)  
 
 
さて、本日のさとしリポート(写真クリックで紹介ページへ)。
 
29日未明虹の橋を渡ったさとしです。
ずっと撫でていたいと思いつつ、下僕の最後の役目、天国へ送らなければなりません。
飼い主である妹は不慣れなりに、早々に葬儀の予約を取った。

自宅から車で20分程の小さな葬儀社。
スタッフ一人のこじんまりした会社でしたが、きっちり送ってもらえました。
旦那も早く帰宅出来、家族5人でセレモニーに参加。

私も一緒に~っと誘われたのだけど、とても辛くて行けなかったので断った。
ゴーーーーーーーーっという轟音が響く炉に遺体が入って行く時の
あのなんとも言えない心の痛み
ぴ~なっちで経験したけど、想像しただけで辛いもの

それに、私にも多少は撫でさせてくれてたけど、さとしは家族にしか懐いてなかったので
お骨上げは家族が居れば十分
 
昨日、壷に入って帰宅したさとしに会いに行って来た。
やや大きめの可愛い壷だったのですが、お骨全部入れてきたらしい
 
「おかえり~ ごめんよ~」っと声を掛けながら、小さくなったさとしとご対面
 
ずっと健康で過ごし、腎不全になってからも薬も飲んでなかったので、
骨は綺麗に残っており、ぴ~なっちのように淡い珊瑚礁のようだった。
 
先生にきくと、ビタミンを多く摂ってると骨が薄いピンクっぽくなるんだって。
点滴にはビタミンも入れてもらってたんで、確かに薄ピンクの部分があった。
 
 
 
そんな中、一際目立つ骨が・・・
 
 
なんと緑のマーブル模様
 
 
なんぢゃ~~~こりゃ~~~
 
  
緑に変化する骨なんか聞いた事ないよ
 
 
 
飼い主がしばし考え込んで・・・
 
 
さとしがよく遊んでた緑のゴムボールも一緒に焼いてもらったんでその色が移ったのだと確信。
 
 
謎が解けてスッキリ
 
 
 
2001年にぴ~ちが旅立った時、なちと一緒に供養する為、お骨は手元に置いておくと
最初から決めていた。
なちが旅立った後もしばらくは置いておきたいと思いつつ、手放さない言い訳のように
2人の姪っ子であるさとしを待つことにした。
さとしは子猫の頃、ぴ~なっちの出ないオッパイを飲み、
グルーミングでちっちの世話もしてもらってたのだ。
 
あ~これで揃っちゃったなぁ~。
 
 
今後の埋葬を決めるきっかけは特になく、気持ち次第という感じです。
 
 
お世話になった病院へご挨拶に行って来ました。
どうしても直接報告とお礼を言いたかったので。
泣かないように我慢してたけど、先生もウルウルしちゃって、優しい言葉掛けられて、
やっぱり泣いてしまったよ
超怖がりのさとしを、いつも優しく声を掛け、大切に扱ってくれて、
この先生で良かったって思うし、本当に感謝してます。
 
「いつでも遊びに来て」なぁんて言われて、私も顔を見れなくなるのは寂しいので
 
「(銀パールの)チュアブルとか買いに来ます。」
 
「うん、来て来て。」なんて話してました。
 
 
いい先生にめぐりあえるのも運次第。
 
「猫の一日は人間の一週間」
 
先生のこの言葉が忘れられません。
 
本当にありがとうございました
 
 

  ぴ~なっちでいっぱいの本宅です


  ぷにっと一押し、よろしくお願いします。ありがとうですにゃ

 



          




コメント   この記事についてブログを書く
« 下僕想い | トップ | さとしがくれたもの »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

さとしの巻」カテゴリの最新記事