アキバ系ギャンブラーの賭け

ギャンブルで儲けてアニメに貢ぐという崇高(?)な目的のため、ありとあらゆるギャンブルに手を出すギャンブラーの日記

(中央競馬)やっと初勝利

2014-11-25 21:03:32 | 中央競馬
 秋のGⅠシリーズは今のところ全敗。一方で、地方競馬の方は、JBCの当たりに加え、19日の浦和記念でも、歴史的な南関東所属馬1・2・3を的中させることができました(展開は全く予想外だったけど)。

 そんな中、マイルチャンピオンシップ当日は東京競馬場にいました。
 直前に、思い出したようにJRAカードの指定席予約ページを開いてみたら、1つだけ席が開いていたので即座に予約。1000円の席で、一番前とはいえゴール板を過ぎた後の位置で、ターフビジョンの映像すらよく見えないという残念なポジションでしたが、それでも1日ゆっくり座って競馬を見ることができたので助かりました。
 また、無線LANも無料で使えるのですが、(やり方が悪かったかもしれませんが)携帯端末しか接続できず、パソコンは自前のテザリングでネットにつなぎました。しかし、LAN経由で携帯のグリーンチャンネル(月500円)に接続できるので、パケットを気にせずグリーンチャンネルを見られたのは助かりました。電源もあるので、電池の心配も無用でした。

 1レースから参戦しましたが、京都のレースはメインとWIN5以外見向きもせず、東京のレースに集中しました。
 初当たりは4レースの障害戦。1番人気の馬を頭に3連単勝負。直線に向いた時はちょっと届きそうにないと思ったのですが、障害はたまに激しい逆転劇が起こります。ずっと手元の小型液晶の画面を見ていましたが、ふと馬場を見て「まだゴールまでは結構あるなあ」と思った瞬間、1番人気の馬が一気に伸びて1着。この時点で、僅かながらプラスに転じました。

 続いて7レース。最近は配当率の変更もあったので、3連複を買うことが増えてきましたが、このレースも1番人気の馬が勝ちきるまでは信頼できず、3連複の軸としました(相手3頭で3点買い)。結果としては勝ってしまったので、3連単でも当たっていたのですが、まあ仕方ないです。



 後は当たることなく、マイルチャンピオンシップを迎えます。
 京都は高速馬場で先行有利とのことでしたが、他のレースで追い込んできた馬が勝ったこともあったので、それほど重視しないことに。いずれも一長一短があるメンバーで取捨に困りましたが、本命は前走を勝って斤量減のミッキーアイルがあっさり逃げ切るパターンを想定しました。ダメな場合は着外だと思ったので、1着固定です。
 他の人気馬については、フィエロはここまで重賞未勝利馬が全てのGⅠで優勝しているということで、余計な人気を背負っているように思いました。そこで、重視したのは堅実に追い込んできそうなトーセンラーと先行タイプのワールドエースの方を重視しました。
 続いては嫌でも気になったグランデッツァ。今回、人気馬は概ね外枠に固まっていたのに対し、この馬は内枠。しかも高速馬場は得意です。グリーンチャンネルのパドック診断でも、この馬は5番手評価でした。この馬から手広く3連複で流しました。
 本来は、東京のメインと同時に馬券を買う予定だったのですが、京都の発走が15:40だったのに対し、東京は15:25だったため記入が間に合わず、慌てて東京の馬券と、京都のマークシートが塗れている馬券を先に購入。すると、予定購入金額よりだいぶ少なかったので、もう少し買い足すことにしました。本命のミッキーアイルを更に買い足すか、別の馬から買うか悩んだあげく、出した答えはダノンシャークを買うということでした。理由は、パドック診断で解説者がべた褒めしていたからです(注目馬には上がりませんでしたが)。昨年はこのレースで1番人気になっていましたが、近走の不振で人気を落としていました。状態が問題なければ、怖い1頭ということになります。ということで、この
馬からも3連複で手広く流しました。

 そしてレース。
 私の厚く買っているワールドエースがまさかの出遅れ。また、最内枠のホウライアキコが逃げたこともあってペースは速くなり、ミッキーアイルにとっては厳しい展開となりました。
 直線では、穴狙いのグランデッツァもいいところにいましたが、抜け出したのは評価を下げていたフィエロ。しかし、最内を突いて鋭く伸びてくる馬が1頭いました。それが、ダノンシャークでした。フィエロとダノンシャークが並んでゴールし、グランデッツァは3着、4着はトーセンラーでした。

 正直、私はこの馬券を買っているかどうか、すぐに分かりませんでした。
 穴狙いの2頭がどちらも来たのは快挙ですが、もう1頭は評価の低いフィエロです。トーセンラーかワールドエースが絡まない馬券はほとんど買っていないと思ったので、買っていないんじゃないかと一時覚悟したのですが、グランデッツァから買った馬券で、一応フィエロも絡めた馬券も買っており、何とか的中となってくれたのでした。





 とりあえずは、グリーンチャンネルのパドック解説をしていた競馬ブックの記者さんに大感謝です。ダノンシャークは、この解説を聞かなければ多分買っていなかったと思います。更に、この方はワールドエースを注目馬に挙げていなかったので、ワールドエースを落としてフィエロを上げれば良かったと後悔しています。

 ついでに、月曜日もWIN5とメインレースだけ買いましたが、京都のメインが3連複2頭5点流しで34倍が的中。こちらは軸の2頭が2,3着だったので、3連複で良かったという結果です。以前なら絶対に3連単しか買っていませんでしたが、3連複も悪くないと思うようになってきています。

 兎にも角にも、この秋のJRAGⅠシリーズ初勝利となりました。何とかあと2つくらいは当ててやりたいと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« (地方競馬)炎の1点勝負 | トップ | (地方競馬)またかよ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

中央競馬」カテゴリの最新記事