竜王戦。

2019-10-12 | 将棋
前回の記事はアクセス数が多く、髪の話題をすればいいんですね、なるほどw

竜王戦が始まりました。どこで解説をさせてもらうかとかは未定ですが「将棋の日」と合わせて行われる甲府の第4局は現地にいると思います。
開幕局は振り駒に注目が集まりますが、奇数局先手番のメリットとしては先手番が勝つシリーズになった時に先に王手を掛けられる、というのがあります。デメリットは開幕戦から落とせない重要局になる、ということでしょうか。初戦よりは2戦目以降の方が気持ちも乗ってきて状態がいいように思いますし。
振り駒の将棋での準備は後手番に比重を置く棋士が多いと思います。奇数局先手番の場合、開幕戦は準備が薄い先手番だけど、落とすと後が苦しくなる、というプレッシャーが掛かる状態かと。
もっとも、番勝負の開幕戦でどちらを引きたいか、というのは相手やその時の流行戦型によって変わるので、有利不利という差が生じるほどのものではないですけど。

度々取り上げていますが、先後の勝率差は公式戦全体の1年間では53-47程度になることが多いです。棋士個人で見ると人によって違って、先後の勝率差が少ないことで知られる広瀬竜王は2%ほどなのに対して豊島名人は9%ほど違い、私も8%台で似たような数字です。(渡辺勝率、先手だと約70%、後手だと約62%)(通算)
10%弱の差ってどれくらいか、というのを他のスポーツで例えるとプロ野球の阪神、広島の今年のホームとビジターの勝率の差がこんな感じでした。両チームのファンの方はこれで実感できるはずw
読売新聞に掲載された展望記事、見開きで情報も多くて良かったです。豊島名人がNBA観戦が趣味というのは初出の情報でしょうか、私も知りませんでした。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

読売新聞朝刊の竜王戦展望。

2019-10-09 | 将棋
9日(水)の読売新聞朝刊で11日(金)に開幕する竜王戦七番勝負の展望をさせてもらいました。他にも将棋関連の記事が掲載されるそうなので、ぜひご覧下さい。

14日(月)に放送されるラジオ王手!最後のお願い(NHKラジオ第一)ですが、番組HPに収録時の写真が掲載されました。ラジオではゲストが選んだ曲が流れることが多いですが、中学、高校時代にファンだったあのアイドルグループの一番有名な曲にしましたw
ちなみに頭なんですが、バリカンの使い方を間違えて部分的に1mmでいってしまったので全て合わせるしかなくなり、丸坊主になりました。今後はこれよりは長い状態でキープする予定です。それでも9mm以下ですけどw
感想としては丸坊主の初日と2日目は頭が突っ張って痛かったのと、服を脱ぐときに引っ掛かりました。なるほど、と思いましたね(謎)
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

イベント告知など。

2019-10-07 | 将棋
当面、対局を含めた公式行事の予定がなく、次に人前に出るのは19日(土)の東京競馬場イベントになります。
将棋が分からなくても参加できる「子供将棋コーナー」と通常の「指導対局コーナー」がありますので、ぜひご来場下さい。この日の東京競馬場はスター騎手が揃うはずなので、レースを見るだけでも楽しいと思います。

王手!最後のお願い(NHKラジオ第一)

伊藤かりんさんが司会をされるラジオの将棋番組で14日(月・祝)に放送されます。番組HPから直筆色紙のプレゼント企画もあるのでチェックしてみてください!
既に収録が済んでいて、ラジオに出るのは久しぶりだったんですが(前回は競馬)テレビと違って音声だけで伝えないといけない難しさを感じながらも楽しくこなしてきました!
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

A級順位戦4回戦、羽生九段戦。

2019-10-04 | 対局


分かれは自信がありませんでしたが、金が取れたので盛り返したように思っていたのが図の局面。しかしここで思わしい手順がなく、実戦はひとまず△95歩が入るかどうか聞いて▲同歩だったので(手抜きで▲35桂も難解)△71金としましたが▲63飛成と一つ成られる手を軽視して、次の△62歩に18分使って残り2分になってしまったので、勝つのは難しいと思いながらやっていました。



最終盤、読みになかった▲95歩を指されて1分将棋ではまとまりませんでしたが△54角と打って残っていたのは幸運でした。全てを読み切っていた訳ではなく、ピッタリ勝ちの変化が多かったです。

後手番で難敵相手に勝つにはこういった劇的な勝ち方も必要、というのは何度も経験してきたことですが、最後の▲15歩△19角成▲14歩(△12玉なら▲98香の補充がある)というのは盤面の四隅を使った攻防で印象に残りました。

順位戦では初めて羽生さんに勝てたので、この星を生かせるようにしたいですね。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

明日対局。

2019-10-02 | 将棋
明日3日(木)はA級順位戦4回戦、羽生九段戦。

Abema TVでの放送

名人戦棋譜速報

※本局は将棋連盟ライブ中継でご覧になれます。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

10月。

2019-09-30 | 将棋
前回の記事は普段のアクセス数の1.5倍で、こういった内容のブログが求められてるんだな、ということが良く分かりました。ただ他の棋士の対局についての考察を書くと、自分の戦略もバレてしまうので、めったには書きませんがw

明日から10月です。一年としては終わりに近付いていますが、将棋界は年度区切りですし、自分のことで言えば1月からはタイトル戦が続いて忙しくなるので、それが着々と迫ってきているな、と感じますね。

イベント告知。
11月23日・24日に山梨県甲府市で行われる「将棋の日」イベントに出演します。

こうふ将棋ウィーク~観て!知って!指して!将棋三昧の五日間~(甲府市)

イベント参加は事前申し込み制のものが多いので、上記サイトでご確認下さい。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

王位戦。

2019-09-28 | 将棋
一昨日、昨日のアクセス数が多かったのは王位戦の影響でしょうか。最終局の日は棋士数名と将棋を指していました。最終盤▲39玉のところで決め手が見えずにあれれ、となっていたら△45桂が指されて「そんなところに桂馬がいたか」と勝敗の帰趨が見えて後は静かに見守りました。
将棋界ではこの1年、世代交代が盛んに言われましたが、これでまた年長棋士に逆襲の機運が高まることと思います。
今回の王位戦で印象的だったこととして1日目に持ち時間の差が付いたことが挙げられますが、20代の棋士と40代の棋士が指したら同じようになるケースは多いと考えられます。理由としては若い世代の方がAIによる序盤研究に熱心だからですが、お隣の囲碁界でもAI流の序盤を多用しない羽根直樹碁聖(43)が8年振りにタイトルに返り咲きましたし、40代になっても長所を生かせば若い世代に対抗できる、というのは参考になりますね。

AIからもっとも遠いトップ棋士・羽根直樹が8年ぶりにビッグタイトル獲得

木村新王位もAIについては「あまり参考にしない」と答えていることが多いように思いますが、実際に最終局でも



この67手目の局面は今年3月の棋王戦第4局▲渡辺―△広瀬戦から割と容易に想定できる変化図なので豊島名人が消費39分なのはむしろ普通で木村さんがこの辺りを研究ではなくその場の思考で指していることに驚きました。持ち時間の差は疲労度の差とも言えるので、こんなに差が付いてしまっては、と思うのは私が体力に自信がないからなんでしょうか(笑)
少し前に囲碁棋士の方々とフットサルをやる機会があったので、羽根碁聖のことを聞いてみたら「布石の分かれ自体はAI推奨の手順で勝率60%くらい(初期値より1目程度?)ってことなんですけど、羽根先生はそれ以外が強過ぎますから。」と教えてもらってなるほどなぁと思ったんですが、木村さんの強さという点では難解な中盤戦を乗り切った後に終盤戦まで乱れない、という将棋がこの夏だけで何局もありました。

長文になりましたが締めがないのでだから何、と言われたら困るんですが、将棋と囲碁で同じようなことが起きたのは興味深いな、と思ったので書いてみました。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

銀河戦決勝、豊島名人戦。

2019-09-26 | 対局


図は中盤の折衝がひと段落したところ。少し悪いが勝負形、くらいのつもりで進めていましたが、実際にこの図になってみると後手の入玉が防げそうにないのと、自分が歩切れで攻めの継続が図れないことから、敗勢になっていることに気が付きました。



最初の図あたりから開き直ってバシバシやっていったのが功を奏したのか、もつれてチャンスが出てきました。
図は△95歩と攻められた場面。ここで▲85歩と受けに回りましたが△42玉が攻防の一手になってしまい、はっきり負けにしました。
図では▲44角と王手をすれば△42玉には▲33銀以下の詰みがあります。よって▲44角には△63玉ですが、そこから筋悪く▲54銀打△72玉▲63銀打と王手を決めまくって後手玉を8筋に追いやってから▲85歩と手を戻せば△81飛の効きが影になるので難解な形勢だったようです。
この手順は感想戦で出ましたが「さすかに駒を使い過ぎてダメですよね」で見解一致したので、プロの第一感に反するような手しか残っていない時点で上図は勝ち目が薄い局面でした。
銀河戦の決勝は4戦4勝と相性が良かったんですが、今回は準優勝に終わりました。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

銀河戦2回戦、3回戦。

2019-09-23 | 対局
遅くなりましたが銀河戦の2回戦、3回戦(準決勝)を振り返ります。



2回戦は菅井七段戦。先手番になって対角交換振り飛車でした。図から△25歩▲同歩△27歩と後手から動きましたが、動かないで待機するのもあって一局だったとは思います。



この▲33歩成の成り捨てが好感触の一手で先手ペースになりました。△同金は金が離れるので▲64桂が厳しくなり、先手の攻めが続きます。
実戦は▲33歩成△27飛成▲42と△47竜▲52との攻め合いになり、この剥がし合いは先手陣のほうが枚数が多いので勝ちになりました。こういったケースでは▲68飛の存在は金だと思ってしまえば△57金と張られても逃げる必要がなく、手数を稼ぐことが出来ます。



準決勝、佐藤(天)九段戦。桂得対歩得の分かれで、図から△42桂▲56角△34桂▲同角△33桂と得した桂を使って歩を除去して、手を繋げるのはあまり見ない折衝でした。駒割りも五分に戻って、互角のねじり合いが続きました。



こちらがはっきり優勢の場面もありましたが明快な手を逃して混戦に。図が最後のポイントとなった場面で実戦は▲74桂△51玉▲21飛成△41銀で後手勝ちになりましたが、図から単に▲21飛成ならば△41銀とは打てないので△31銀となり、その形は▲33歩が痛打になるのでだいぶ違いました。

決勝戦は明日24日(火)20時~囲碁将棋チャンネルで放送されます。

お隣の囲碁界では今日の20時~竜星戦の決勝が生放送、楽しみです。準決勝も生放送で行われたそうですが、将棋と違って指し直しがほぼないので、終局時間が読み易いんでしょうか。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

インタビュー、旅行記。

2019-09-21 | 旅行
王将リーグ開幕インタビュー

昨年から始まった王将リーグの開幕前インタビュー、先陣を切って登場させてもらいました。この後も随時更新されていきますので、お楽しみください。

10月19日(土)に恒例となった東京競馬場イベントがあります。競馬好きの棋士が揃ってますねw

以下は先週の高松~高知の旅行記。興味がある方は読んで下さい!

朝、高松から電車で30分程のところにある志度へ。監修しているマンガ「宗桂」にも登場する平賀源内の故郷で記念館もあります。「宗桂」1巻に出てくるエレキテルも記念館に展示してありました。





高松と言えばうどんですが、数年前に伺った「こだわり手打ちうどん 山」さんに再訪。※「将棋の渡辺くん(4)」28ページ参照。



イリコだしのかけうどん。



肉ぶっかけうどん。さらに生醤油うどんもいただきました。美味しいのでもっと食べたかったですが、この後、こんぴらさんの階段が待っているので3杯までで自重しましたw



将棋ファンでもあるお店の方々と。ごちそうさまでした!
志度から電車で琴平へ移動してこんぴらさんへ。





こんぴらさんの階段は785段。昨年行った山形にある山寺が1070段なので、それに比べると楽々、という印象でした。高いところからの景色は写真と肉眼では全然違うので、ぜひ訪れてみて下さい。

琴平から高知へ行き、高知競馬場へ。高知競馬は初めてで「たいようのマキバオー」の舞台でもありますし、一度行ってみたいと思っていました。



ナイター競馬を実施していて、薄暮から真っ暗になっていきます。
これは変な言い方ですが、来てみて思ったのが、綺麗だなと。高知競馬はインターネット投票の影響で近年、売り上げが好調だそうですが、トイレ等も改修されていて、家族連れも多く賑わっていました。また、力関係が拮抗したレースを最終に組む「一発逆転ファイナルレース」が好評で売り上げ増の要因になっているとのこと。まず堅くは収まらない、というレースが最後にあるのはいいですね、負けていても希望が持てるのでw

朝からビッシリ詰め込んだ高松~高知の旅行でしたが、厚くて新鮮な高知のかつおを食べて一日が終わりました。高知競馬は楽しかったので、また行くと思います!
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )