解説、旅行1日目。

2018-07-18 | 旅行
昨日は将棋会館での解説会。
90手目△75歩の場面で次の一手を出しましたが、先手が困っていると思って候補手が出ずにいたら「▲67桂はどうですか」と会場から声がかかったので「じゃあ、それでいいや!」と候補手に採用。自分がいかにも無さそうな言い方をしたので約120票中、20票しか入らなかったけど後で感想戦コメントを見たらこの▲67桂が勝負手だった、ということでした。お恥ずかしい。

豊島棋聖が誕生したことで8タイトルを8人が分け合うということになったんですね。それだけ棋士の力が拮抗しているということだと思いますが、誰が最初に抜け出すのか、というのが焦点になります。

旅行の振り返りを。



八戸からレンタカーで北上して下北半島へ。道の駅よこはまでは「びっくりホタテフライ」が美味でした。





下北半島の恐山はなんとも言えない雰囲気が印象に残りました。ガイドブックに書いてあった通り、硫黄の匂いがすごいのでマスクを持っていったほうがいいです。



まぐろで有名な大間は本州最北端。昨年に行った、本土最南端の鹿児島・佐多岬に続いて到達証明書を取得しました。





16時のおやつにマグロ・ウニ丼を食べて夕食もマグロに大間牛。明らかに食べ過ぎですが、旅行では「迷ったら食べろ」という格言がありますし。
2日目以降は来週あたりに書きます。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )