コンピュータ戦迫る。

2010-09-15 | 将棋
登山の写真は登山(妻の小言)

推定全治一週間の筋肉痛になりました。小休止からのスタートで、テイエムプリキュア(現役屈指の逃げ馬)級の大逃げを放つ中川隊長はきっと何ともないんでしょうね
「そうか、スタートが早いから置いていかれるんだ」と学習した僕ら後方組は「次はクィーンスプマンテ(09年エリザベス女王杯でテイエムプリキュアと2頭で大逃げ)になって追い掛ける」作戦に出ましたが、すぐにバテて、結局は後方待機策。そこから伸びてくるわけではないので競馬新聞風だと「後方まま」ですが。


10月11日(祝)に行われる清水女流王将-コンピューター戦の特設サイトがオープン。僕も前回対戦者として、短いですが寄稿しています。
この3年で飛躍的に強くなった印象は受けないのですが、前回を「奨励会初段~三段」とすれば今回は「奨励会二段~三段強」といったところでしょうか。
あと、コンピューターは詰みを逃しませんからね。逆に弱点は「序盤の構想・中盤の大局観」なので、清水女流王将としては、そこでリードする展開に持ち込みたいところです。


繰り返しになりますが、当日のネット中継は

将棋連盟モバイル(月額315円)または女流棋士会ファンクラブ『駒桜』(年額5000円)会員の方のみ閲覧が可能となっています。ネット観戦をご希望の方は、どちらかへのご入会を宜しくお願いします。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 6 )