JT杯決勝戦、菅井七段戦。

2018-11-19 | 対局
後手番で対中飛車でした。



作戦は予定でしたが、組み上がってみると固さに差があり、面白くなかったかなと。図から▲48銀に対して△75歩と仕掛けましたが、せめて△86歩を突き捨てるか、あるいは何もせずに待ちの姿勢を貫くべきでした。本譜は△75歩に▲65歩から切り返されて苦戦に。



終盤、△31金と逃げて「もしかしたら勝ちになっているかも」と思い始めました。駒の損得を数える時間がなかったんですが、後から思えばここではかなり得しています。本譜は際どい筋はありましたが、自玉が詰まず、勝ちになりました。

JT杯の優勝は2014年以来2回目ですが、棋戦優勝自体もそれ以来なので、ずいぶんと掛かってしまったなと。JT杯は12回出て4つの負け越しだった上に今回は初めて1回戦からの出場だったので、欲が出ずに楽な気持ちで指せたのが良かったと思います。
現地観戦されたお客さんとの握手は4回もやらせてもらったんですが、激励、「将棋の渡辺くん」読んでます、競馬の話、野球の話、など1、2秒しかない短い時間で様々な声をかけて頂き、ありがとうございました。
今回の4勝でJT杯の通算成績が5割に戻りました。初参加から5連敗したこともあって、初めての5割以上です。来年からは貯金生活に入れるように頑張りたいですね。
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )