明日から王将戦第3局。

2009-02-09 |

昨日の柊-片上五段の将棋。

 

                

 

柊の手番で「詰まさないと負けだよ」と教えているのに▲2四金△1五玉に▲3五成銀(王手ではない)と指そうとする 

 

待ったをして「端っこに玉が来たら、どうするんだっけ?」とヒントを出すと、何かを思い出したように▲1六歩。ふぅ。

 

そもそも1図は▲2三竜でも▲2四馬でも詰んでいるわけで、その前からずーっと▲2二竜と回れば詰んでいました。普段はこんなの簡単に詰ましているので、柊なりに緊張していたのかもしれません。

 

今日は8枚落ちで3局指して、僕の3連敗。

 

             

 

△8二香と受けたところ。△8二香を見て「うわっ」と驚いていましたが、数秒考えてニヤニヤしながら▲8五馬と来たのにはこっちが驚きました。1手詰練習の成果は着実に出ているようです。

 

 

この分だと秘手△4四歩を出す日もそう遠くないかもしれません(笑)

 

 

明日10日・11日で王将戦第3局▲深浦王位-△羽生王将が行われます。中継は毎日jp-将棋にて。

goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

明日の中継。

2009-02-07 |

明日8日(日)は棋王戦5番勝負第1局、佐藤棋王-久保八段戦(先後は振り駒)が行われます。

久保八段の振り飛車に佐藤棋王がどんな作戦を持ってくるかが序盤の見所。シンプルに居飛車定跡形で行くのか、相振り飛車か、何か違う作戦か。

棋王戦中継サイトにて。

 

大和証券杯は第2回女流最強戦が進行中です。現在、ベスト4を決める準々決勝が2つ終わったところ。明日は斎田女流四段-岩根女流初段戦。

20時~大和証券杯公式サイトにて。

 

先週の解説者、天彦君の変換ミスには笑わせてもらいました。

昨日会ったので

「あれを打たれちゃうのは災難だったね」と言うと

「いや、自分で打ってたんだよね。あんな単語登録してあるとは思わないじゃん」

「なんだ、自分で打ってたの。急いで打つからいけないんだ、自業自得だよ」と笑ってあげました。

 

 

柊との将棋。手合は上手が金2枚に歩も加えた8枚落ち(飛角銀銀桂桂香香落ち)

 

             

 

1回目、お約束の失敗。「できない~。りゅうとうまつくるまでおとうさんがやって」とか言い出す始末。

 

             

 

玉金金が守っているから、どんなに飛だけ動いても竜は出来ない、と理解させる。わかったようで「じゃあ、どうすればいいの」と来たので、そこで登場するのが棒銀。

 

             

 

棒銀は数の攻めの基本中の基本。

3図から△8五金▲3三銀成△3一金▲2三飛成△7六金▲7八金(4図)

 

             

 

最後の▲7八金が急所。これを教えたのは当ブログによると昨年6月なので今ではノータイムで指します(笑)

4図は△3一金がもう守りに利かないので、成銀はいらないくらい。竜と馬だけで詰みまでもっていけそうです。

 

              

 

3図に戻って。ここで上手の最善は多分△4四歩。▲同角に△4三金▲8八角△4四歩(5図)

 

              

 

一歩を犠牲に手を稼ぎ▲3三銀成を許さない。おそらく▲1三銀成と来るでしょうが、金2枚で玉を守り、馬も出来ず、成銀はそっぽなので下手が勝つのは容易ではありません。

第5図では▲3五銀と引いて▲4四銀を狙うべきですが、8枚落ちでこの手が指せる下手はいないでしょうね。

 

この秘手△4四歩に勝てれば、8枚落ちは卒業です。もうしばらくは4図のように指してあげて、勝てなくなったら、この秘手を出します(笑)

goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 4 )

取材と免状署名。

2009-02-02 |
今日は取材が3本に免状署名。珍しく働いた一日で、昨日に続いて風呂を楽しみに帰宅しました


遅まきながら年賀状の当選番号を確認、今年も切手シートのみ。例年、下4ケタが当たらないかと期待しているのですが、冷静に考えると1万本に1本なので、相当にないんですね


ここ数日、柊とは玉と金2枚の手合いでやっています。成績は柊の6-4という感じ(実際は全部負けてあげていますが)
金が2枚といっても歩はないので竜と馬は簡単に作れます。後はそれをうまく使っている内に金が取れれば柊の勝ち、取れないと上手ペース、という展開が多いです。

金2枚くっついている玉を寄せるのは容易ではないので「端玉には端歩で香を使う」と「銀を使って金をはがしに行く」を教えたら一気に攻撃力がアップしました。子供って面白いです。

これで完璧に勝てるようになったら、歩を加えますが、そうなると一段と難しくなりそう。先は長いです。

なぜか、嫁さんは玉1枚で勝てるそうで、柊は「お母さん>柊>お父さん」だと思い込んでいます。今の柊に玉1枚で勝てるはずがないと思うのですが、どういうことなのでしょう。苦手意識があるのか、勝つとまずいとみて遠慮しているのか(笑)
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 1 )

柊いろいろ。

2009-01-23 |
「この相撲一番にて~本日の~うち~どめ~」のうち~のところで「うちだひろゆききしゅ?」と柊の突っ込み。

白鵬を見て
「このひと、なにしょうりゅう?」
「白鵬だよ」
「はくほうりゅうか」
「・・・」

勝ち残りの朝青龍を見て
「あさしょうりゅう、なにしてるの?」
「見てるんだよ」
「はくほうりゅうをおうえんしてるの?がんばれーって」
「うーん・・・応援はして・・・ないかな」


今日の将棋は
歩1枚=柊完勝→もういっかい
歩2枚=柊完勝→もういっかい
歩3枚=柊辛勝

でした。2連勝の余裕か、歩3枚ではいつもと違う指し方をしてきて、5七にと金が出来て上手必勝形に。うまく負けてあげて「と金を作らせちゃダメだよ」とだけ教えて今日はここまで。嫌にならないように、少しずつ、ですね。
「今日は終わり!」と言ったら
「つめしょうぎ、やってないでしょ!(怒)」
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 3 )

株、一口馬主、柊。

2008-06-26 |

今日、大和証券のオンライントレードで株を買いました。

エコノミスト増刊 投資の達人に記事を掲載していただけることになって、来月に出ます。株は全くの初心者でしたが、アマ8級くらいにはなれたかもしれません

頻繁に売り買いするつもりはなく、よほどの事がない限りは持ち続ける予定です。

 

 

グレイシャーピーク(牡3)、今週出走予定でしたが、除外されましたダート戦は希望頭数が多く、来週も微妙という状況。秋までに1勝を挙げないと原則引退となるので、残されたチャンスは多くありません。せめて調教と出走が順調に進んで欲しいところです。

 

 

続いては大好評連載の「柊との将棋」です。

柊の負けパターンとして多いのは「竜と馬を作った後、モタモタしている間に上手が入玉」なので「玉を三段目に入らせない」を教えました。

 

              

 

玉が近くに来たらガード。この▲7八金と反対の▲3八金を教えただけで、グッと勝率が高くなりました。入玉さえ防げば、多少モタついても寄せ切れます。

プロは強くなるのが大変なので、毎日強くなる柊がうらやましいです(笑)

goo | コメント ( 10 ) | トラックバック ( 1 )

息子と指す。

2008-06-23 |

最近、棋譜を並べていると息子が横に正座して、じっと見てきます。

柊「邪魔しないから、見てるだけだからね」

ママが「柊、ママと遊ぼう」と言っても

「えー、だって、これどうなるか見たいもーん」

仕方がないので、並べ終えた棋譜をあげたら「やったー!ママ、これ並べて」と大喜びしていました。将棋の棋譜で喜ぶって、どんな3歳だよ(笑)

 

歩3枚で指しました。

             

 

△5四歩▲7六歩△4二玉▲7五歩△5三玉▲3三角成△6四玉▲7八飛(2図)

 

             

後は歩をずんずん伸ばして、竜を作ってほどなく下手勝ち。寄せは詰将棋で鍛えているだけあって、意外にソツがない。

 

次は歩4枚。

             

 

△5四歩▲7六歩△4二玉▲7五歩△5三玉▲3三角成△6四玉▲7八飛△5五歩(4図)

             

 

▲7四歩とすると今度は△同歩と取られてしまうので、この「三間飛車ずんずん作戦」しか知らない柊は困った様子。

4図から▲4三馬と取られると上手は△5六歩と△7四歩しか指す手がなくて▲同歩▲同歩と応じられると、自動的に投了になるのですが(笑)

 

悩んだ柊は、4図から▲6八金▲5八金右▲6九玉と玉を囲い出して、その後も意味不明な手を連発。定跡を外すと一気に弱くなるとは、10年前のコンピューターソフトのよう

歩4枚を卒業するまでは時間がかかりそうです

goo | コメント ( 26 ) | トラックバック ( 3 )

柊との将棋など。

2008-04-25 |

愛ちゃん 相手心理読んで“金”王手サァ~(デイリースポーツ)

卓球の福原愛選手に矢内女流名人が将棋を教えた、という記事。 ぜひ、指せるようになって欲しいですね。

最近、このように将棋が一般向けの記事に登場する機会が増えたような気もします。

 

 

皐月賞馬、キャプテントゥーレの骨折に続いてアストンマーチャンが死亡(サンケイスポーツ)という悲しいニュースが入ってきました。残念でなりません。

 

 

 

今日、柊と指した将棋より。

              

7二にいた飛をぶつけてきたところ。

まず▲8二飛成を指そうとしたら「ダメッー。柊の飛車を取らないで」

次に▲7四飛を指そうとしたら「ダメッー。そしたらパパが歩2個で柊が1個になっちゃう」

じゃあ、と▲8三歩を打ったら「ダメッー。柊の飛車が行けなくなっちゃう」

 

くっ。いくら3歳相手とは言え、飛をタダで取られるのは嫌なので▲6六角と紐を付けたら

「ん?角が取れる♪」と△6六角。ずーっと取れたのですが、僕が動かしたことによって、それに気が付いた様子。仕方がない▲同歩に

「ん?飛が取れる♪」と△8四飛。結局、飛損。

以下は▲7七桂と逃げて、大激戦が繰り広げられました。

 

玉を取れば勝ち、ということはわかっているのですが、なかなか取りに来ません。それよりも、駒の移動が面白い様子。とりあえず、将棋が楽しそうなのは嬉しいですね。          

goo | コメント ( 12 ) | トラックバック ( 5 )

名人戦など。

2008-04-22 |

名人戦第2局は△森内名人の一手損角換わり。▲羽生二冠が銀を繰り出して、戦いが始まったところで封じ手になりました。明日は一手一手が難しく、夕食休憩まではスローペースで進みそうです。

2日目の明日23日は東西の将棋会館、朝日新聞東京本社、毎日ホールで大盤解説会があります。大盤解説会の詳細はこちら(ページ下)

 

今日も柊と将棋をやりました。駒の動き方も大体覚えて、今日は飛をビュンビュン使っていました。玉を取れば勝ち、を理解していて飛で取りに来るのは良いのですが、大きな問題が。「取っちゃダメだよ」と飛を突っ込んでくるんです。具体的には

               

こんな感じで。仕方がないので▲1八飛と交わしますが△2九飛→△6九飛→△7九飛とボロボロと駒を取られます。通常、こんなに取られることはまずないのでイライラしましたが、じっと我慢(苦笑)

それでも金と銀の違いを把握しましたし、桂もほぼ完璧。早く「自分の駒も取られる」ということを理解して欲しいです

goo | コメント ( 23 ) | トラックバック ( 4 )

競馬など。

2008-02-11 |
共同通信杯、大物と目されていたサダムイダテンはまさかの5着。今年の牡馬クラシックは未だに主役が見えてこない大混戦で、馬券的には面白そうです。

1日を通じて予想外の結果が多く、昨日行っていたらかなりの確率で負けていたと思います。でも、行きたかった。
次の日曜日は、今のところ晴れ予報。このままの調子でお願いしたいです。


隣の隣のお宅が本日地鎮祭ということで、ご挨拶に来られました。嫁さんと柊は不在で、僕が出たのですがジャージ姿
「しまった、平日にジャージ姿ってどんなんだよ。第一印象が大事なのに」と後悔しましたが、良く考えると今日は祝日。休みならばジャージも普通だ、と安心?しました。明日じゃなくて良かった

平日でも家にいることが多いので、ご近所さんの目が気になるんですよね。向こうは特に気にしていないと思いますが、こっちは気になるんです(笑)


夜、柊と回り将棋。いつの間にか端から端(例:1九から1一)までは8マスということを覚えたようで、8が出たら「よしっ」と言ってワープ。もう少ししたら、将棋のルールを把握できそうな気もしてきました。駒の名称と最初の並べ方は既に覚えていますし(笑)
goo | コメント ( 12 ) | トラックバック ( 2 )

ジブリ美術館。

2007-12-19 |
ジブリ美術館に行って来ました。(この美術館は事前にチケットを購入する必要があるのでご注意を)
柊の目当ては2階にある巨大ネコバスで、とっても楽しそうに遊んでいました。ふわふわしていて気持ち良さそうで、僕も入りたかったです。(ネコバスで遊べるのは小学生以下)

カフェでは、ケーキの大きさにビックリ。大きいのは嬉しいような嬉しくないような

短編映画もあり、大人でも十分に楽しめました。また行きたいですね

館内のエレベーターで高校の同級生に会ったのにはビックリしました。でも、こういう偶然って、ないようで結構あるんですよね。

第7局があれば今日が1日目。一緒には行けなかったわけで、第6局を勝てて本当に良かった、と思いました。

結局、クリスマスはジジになりそうです。
goo | コメント ( 5 ) | トラックバック ( 0 )