季節の野原で葉っぱの音を・・・。

心の畑も耕せる農家でありたい。

【究極の梅塩麹祭りだぞ! 美浜町、季の野の台所】

2021年06月16日 | クラウドファンディング
知人が、少し前から、アフリエイトとやらの勉強をしていて、
インパクトのある文章の検定にも挑戦しているというので、
紹介文を書いてもらいました。
 
自分では書けない文章に、なるほどと納得し
たまには、人にやってもらうことも学ばねば。
と反省した次第でございます。
 
◆----------------------------------------------------◆
 
とか田舎でお世話になっている
季の野の台所、森川美保さんからいただきました。
ここがすごい!!
・原料の米は無農薬。夫の光男さんが丹精込めて作っている。
・その米を140年の歴史がある地元の老舗醸造業、仲定商店に依頼し米麹に仕上げている。
・それを妻の美保さんが天然の塩を使用し仕上げている。
言葉では簡単。でも、どれだけ時間と手間をかけて一つ一つを作っているか想像すると言葉になりません。
「季の野の台所」ではそれ以外にも
・教育ファーム
・自然体験
・味噌作り
など様々なことに取り組んでいます。
季の野の台所
「クラウドファンディングに挑戦!」
「もっとこのすばらしい環境を活用するのはどうしたらいいか?」
美保さんが考えた結果
「そうだ!キャンプ場としても使えるようにしよう!」
と思いクラウドファンディングに挑戦中!
ユーチューブ動画では僕もやぎを引いて走っています(笑)
秋にオープン予定。みなさん、おたのしみに!
またご協力よろしくおねがいしまーす!
コメント

ポストカードを作りました。

2021年05月25日 | クラウドファンディング

 

先日、知り合いの方からご自分の工房の

ポトスカードをいただきました。

気が付かない間に、

めっきり減っていたこうした便り。

手渡していただいて、

改めて人と人とのつながりを身近に感じたのは

新鮮でもあり、また

しみじみとこうした暮らしが遠のいていたことを

知ることにもなりました。

そこで、私もプロの知人に頼んで作ってみました。

お礼は、手作り醤油がいいとのこと。

こうしたことを瞬時にお伝えできるITと

2年間をかけて発酵してできた醤油の交換です。

どちらも大事。

どちらも自分にはないものを知っています。

 

コメント

子犬のクララ

2021年05月21日 | クラウドファンディング

 

子犬のクララ by 里山が美しい愛知県美浜町で暮らすように過ごすキャンプ!農家のおもてなし届けます!

2021/05/21に投稿された里山が美しい愛知県美浜町で暮らすように過ごすキャンプ!農家のおもてなし届けます!の活動報告です

瞬時に、写真や動画、文章を伝えることができるインターネット。

もはや、ない時はどうしていたのか思い出せない、

いや知らない方も多くなってきた時代となりました。

けれども、いくら便利な時代になっても

命の営みは、決して、いつでもどこでもすぐにでもあるものではありません。

生きているのは人間だけじゃないということを

これでもかと突き付けられる毎日ですが

いつか、そんなひと時を過ごしに来ていただけたらうれしいです。

コメント

里山が美しい愛知県美浜町で暮らすように過ごすキャンプ!農家のおもてなし届けます! のクラウドファンディングが公開されました。

2021年05月13日 | クラウドファンディング

本日、

里山が美しい愛知県美浜町で暮らすように過ごすキャンプ!農家のおもてなし届けます!

のクラウドファンディングが公開されました。

遅々として進まぬサイト編集を辛抱強く見守っていただき、修正、相談に丁寧に対応してただいた、知多信用金庫地域支援部の皆様、広報支援していただいた株式会社CAC様、 応援メッセージをいただいたり、FBで「いいね」を押していただいた皆様、最初のドローン動画でエキストラ協力していたただいた友人知人の皆様、ドローン飛ばして素敵に編集してくださったドリームビジョン様他、本当に多くの方からエネルギーを注ぎ込んでいただきました。

本当に感謝の言葉しかありません。

まだまだ長丁場なので、これまでと変わらず、地道に一歩一歩進んで参りたいと願う公開日の今日。思いがけずに、足の形のお守りを頂きました。

ここ、愛知県知多郡美浜町布土(ふっと)という地名とFoot=足、歩み、足どり でつながる想いに感無量です。

雨予報だったのに晴天に恵まれた午後。もうそれだけで十分な気が致します。

いえ、これからの長丁場、

雨にも負けず 

風にも負けず 

雪にも夏の暑さにも負けぬ

 丈夫なからだを持ち 

欲は無く 決して瞋からず 

何時も静かに笑っている 

・・・・・

宮沢賢治 の精神には到底届きませんが、今から場所作りの第一歩で大きな石をいくつか動かして汗をかいて参ります。

コメント